グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

お餅街道の、お餅を食べたあと、伊勢神宮を参拝します。


へんば餅の記事 ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-11163301152.html

☆ むささび食堂 ☆



二軒茶屋餅の記事 ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-11163301485.html

☆ むささび食堂 ☆





伊勢神宮とは、正式には、

皇大神宮(こうたいじんぐう)を祀る内宮(ないぐう)と、

豊受大御神(とようけおおみかみ)を祀る外宮(げくう)、

そして、125社神社の総称だそうです。


神宮参拝の順路は、一番最初に外宮から参拝するのが、古来からのならわしだそうです。


今回、私達も先人のならわしに従って、まずは外宮を参拝してから、

内宮を参拝したいと思います。





~ 外宮 ~


外宮のお祀りしている、豊受大御神は、食物・穀物を司る神様だそうです。

このことから、衣食住、広くは産業の神様としてあがめられているそうです。


第一鳥居口参道。

外宮の表参道にあたります。


橋を渡って、参拝。


☆ むささび食堂 ☆





橋を渡る前に、下乗。

昔、身分の高い人でも、ここで馬から降りて、参拝したそうです。


☆ むささび食堂 ☆





勾玉池。

☆ むささび食堂 ☆





池の脇の参道を通り抜け、さらに正宮を目指します。

☆ むささび食堂 ☆





大きな、松の大木。

この外宮は、パワースポットとしても、人気を集めているそうです。

☆ むささび食堂 ☆






正宮の前に、到着して、一礼。

☆ むささび食堂 ☆




この先は、写真撮影禁止なので、参拝だけを済ませます。


二礼、四拍、一礼。

☆ むささび食堂 ☆




豊受大御神が鎮座される、正宮を参拝したあと、

別宮もそれぞれ参拝します。


『 土宮(つちのみや) 』


大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)が祀られているそうです。


☆ むささび食堂 ☆




『 風宮(かぜのみや) 』


級長津彦命(しなつひこのみこと)

級長戸辺命(しなとべのみこと)   が、祀られているそうです。


元寇の蒙古襲来を退けた、神威によって、建立されたそうです。


☆ むささび食堂 ☆





そして、長い石畳の階段を昇って・・・(98段あるそうです)。

☆ むささび食堂 ☆





『 多賀宮(たかのみや) 』


豊受大御神荒御魂(とようけおおみかみのあらみたま)を祀っているそうです。


☆ むささび食堂 ☆






御料御馬。

御料御馬とは、天皇や皇族がお乗りになる馬のことだそうです。


綺麗な芦毛。


☆ むささび食堂 ☆





すごく、良い名前ですねリス

☆ むささび食堂 ☆





伊勢神宮外宮。

30分程度で、十分にゆったり参拝することができます。

せっかくですから、伊勢に訪れた際には、先人のならわしに習って、

外宮も参拝するのが良いのではないでしょうか!?リス


☆ むささび食堂 ☆




~ 内宮 ~


外宮を後にしてから、内宮へ向います。



色々なお店が軒を連ねて、賑わいのある、『 おかげ横丁 』。

お伊勢さんの “おかげ”という感謝の気持ちを込めて、平成5年に誕生したのが、

『 おかげ横丁 』 だそうです。


ちなみに、

江戸時代に、集団で伊勢神宮に参拝することを、『 おかげ参り 』 と言ったそうです。

数百万人規模の集団参詣が、60年周期で3回もあったそうです。



横丁内には、江戸時代から明治時代にかけての、赴きのある家屋が移築・再現されて、

様々なお店が軒を連ねています。


☆ むささび食堂 ☆






竹細工のお店。竹

☆ むささび食堂 ☆






虎屋のういろ

⇒ http://www.torayauiro.co.jp/



☆ むささび食堂 ☆




こちらのお店の前を通ると、お茶の爽やかな良い薫りがします。

心地よくて、お店の中に入ると、色々なお香が販売されています。





☆ むささび食堂 ☆







三重の名産を集めた、焼き物のお店。

☆ むささび食堂 ☆






松阪牛の串焼きと、大はまぐり。


☆ むささび食堂 ☆





軽トラックで、的場の牡蠣が運ばれて来ます。

どれも、殻が大きいリス


☆ むささび食堂 ☆






こちらの鶏の丸焼き。

長蛇の列でした。

おかげ横丁、多種多様なお店が軒を連ね、往時のお伊勢参りを彷彿とさせるような、

活気でしたリス

☆ むささび食堂 ☆





あまりの参拝者の人だかりで、おかげ横丁を抜けるのに、30分。

これから、『 内宮 』 を参拝します。


☆ むささび食堂 ☆






内宮は、皇室の御祖神である、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀っているそうです。

我が国で最も貴く国家の最高神。

☆ むささび食堂 ☆







五十鈴川。

斎宮が禊(みそぎ)をする川。

私も、こちらで、手を清めます。

☆ むささび食堂 ☆





内宮を参拝します。

この階段から先は、撮影禁止。

☆ むささび食堂 ☆







内宮を参拝した、帰り道。

境内には、たくさんの尾長鶏。にわとり

☆ むささび食堂 ☆





~ 赤福 ~


内宮を参拝して、再び、おかげ横丁に戻ります。

内宮の入り口にある、『 赤福 』

⇒ http://www.akafuku.co.jp/index.html

1707年創業の、超老舗のお餅屋さん。

およそ、300年という歴史の中で、大政奉還、西南戦争、第1次世界大戦・・・など、激動な時代とともに歩んできたお店です。

創業年の1707年には、富士山の大噴火があったそうです。



☆ むささび食堂 ☆






システムは、まず食券売り場で先にお代を支払ってから・・・


☆ むささび食堂 ☆







お座敷に座ります。

お餅をたくさん載せた、大きなお盆を持った、店員さんに食券を渡して、

お餅と交換します。


☆ むささび食堂 ☆






名物、『 赤福餅 』

白いお餅の上に、こし餡の載せた、餅菓子。


☆ むささび食堂 ☆





白いお餅を包んだ、こし餡。

まったりと濃厚な甘み。

餡の形は、五十鈴川のせせらぎを象っているそうです。

三筋の形は、五十鈴川の清流を表しているとか。


☆ むささび食堂 ☆






白いお餅は、川底の小石を表しているそうです。

☆ むささび食堂 ☆





『 赤心慶福(せきしんけいふく) 』

まごころ(赤心)をつくすことで、素直に他人の幸せを喜ぶことができる(慶福)。


この言葉から、二文字をとって、『 赤福 』 と名付けたそうです。


☆ むささび食堂 ☆




赤福


http://www.akafuku.co.jp/index.html


三重県伊勢市宇治中之切町26番地

℡ 0596-22-7000


営業時間 5:00 ~ 17:00  定休日 無休




スポンサーサイト
2012.03.01 / Top↑

休日に、車を走らせて、三重県の伊勢志摩方面へ行って参りました。


正午頃に、現地に着いて、餅街道のお餅の食べ歩き。


『 へんば餅 』

⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-11163301152.html

☆ むささび食堂 ☆




『 二軒茶屋餅 角屋本店 』

http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-11163301485.html


☆ むささび食堂 ☆


餅街道とは、三重県の桑名から伊勢に至る参宮街道のことです。

江戸時代、お伊勢参りの参道として賑わい、街道沿いには旅人が一服できるお餅がたくさん点在していたそうです。

現在でも、その名残りがあり、各々の個性と特徴を残した、お餅屋さんが見受けられます。


今回、訪問したお店以外にも、たくさんのお餅屋さんが、市内にお店を出していて、また近いうちに、餅街道のお餅の食べ歩きを、是非実現させてみたいと思います。



お餅を食べた後は、


『 お伊勢参り 』

http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-11163301914.html


古から多くの参拝者が訪れた、伊勢神宮。

衣食住を中心とする産業の守り神、豊受大御神を祀る、外宮を参拝してから、

内宮を参拝するのが、古来からのならわしだそうです。


今回は、そのならわしに従って、参拝しました。


☆ むささび食堂 ☆




そして、伊勢神宮を参拝した後は、車を1時間程度走らせて、

『 安乗漁港 』へ。



三重ブランドのとらふぐ、『 あのりふぐ 』 が水揚げされる小さな漁港です。
今回、志摩方面に訪問した主な目的が、この美味しいと評判の、

あのりふぐを現地で食べることでした。


この時期の寒流によって、ぎゅっと身の締まった、あのりふぐの味わいは、絶品でした。

やはり、旬の魚介類は、現地に訪れて食べるのが、一番美味しいと改めて実感しました。


この時期に旬な名産といえば、的矢牡蠣。

今回は、訪問することができませんでしたが、3月いっぱいまで、美味しく食べられるそうなので、

3月初旬に、伊勢志摩方面へ、再訪してみたいと思います。


関連記事 ;


・ へんば餅

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-11163301152.html

・ 二軒茶屋餅 角屋本店

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-11163301485.html


・ 伊勢神宮参り

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-11163301914.html


・ まるせいの、あのりふぐのてっちり鍋

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-11163302842.html



2012.03.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。