グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

先日、彼女を連れて、“Fujiya1935”へディナーに行って来ました。

Fujiya1935にお伺いするのは、5~6年程前に2度訪れて以来です。


今年の8月頃に、店舗を改装してさらに綺麗になったとお伺いしていたので、久しぶりに訪れることにしました。

まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


料理については、1種類のコースのみですが、少量ずつ供される多彩な料理は、相変わらずクリエイティブで独創的。いや、それどころか、プレゼンテーションが以前よりもさらに磨きがかかった印象を受けました。


今回は、1つ1つの料理を全て紹介するのに、あまりにも膨大な量になってしまうので、数回に分けて記事をアップしたいと思います。


Fujiya1935を訪れる前に、中之島公園内にあるカフェGARB weekさんでティータイムコーヒー

カフェGARBといえば、あの堀江のカフェブームの火付け役。同じ系列店舗です。

オープンエアーのテラスのあるお洒落で気持ちの良い店内です。

店内写真は、他のお客さんがたくさんいらっしゃったため、撮りませんでした。

店内奥にピザ釜があって、雰囲気の良いカッコいいお店です。

ご興味のある方は下のURLをご覧になって下さい(^∇^)

 ⇒ http://www.garbweeks.com/


☆ むささび食堂 ☆



窓の外の植林のライトアップが綺麗です。

周囲に他のお客さんがいないタイミングを見計らって、写真を撮らせて頂きました。


三脚を使って、カメラを固定して本格的に撮影。

構図を決めてから、手前の椅子に彼女と並んで座って、記念撮影カメラ


出来上がった写真は、友人に送る年賀状に使いました。


☆ むささび食堂 ☆



カフェGARB内で、ゆっくり中之島のイルミネーションを楽しんだ後、Fujiya1935を午後6時に予約していたので、散歩がてら、ぶらぶら歩きながらお店に向かいます。


Fujiya1935に到着。フラッグ

記憶が定かではありませんが、お店の外観は以前とあまり変わっていないようですね(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



ところが、玄関の扉を開けてびっくり!!

レセプションスペースが設けられています。

以前は、玄関を開けると、すぐ客席で、奥がオープンキッチンというレイアウトだったと思いますが、その1階フロアの客席だったスペースを全て潰して、照明の暗いラグジュアリーなレセプションスペースになったようです。

  → あまりに暗かったので、写真がブレブレです(^▽^;)


☆ むささび食堂 ☆


右手前にある、プールの模型のような置き物が凄く面白かったです。

一定間隔で縁から少量の水が送り出されるのですが、その水が染み込むことなく、アメーバのようにぐるぐる動きながら、中心にある排水口に吸い込まれていきます。

ブルーの天板が完全防水の素材で水を弾くようになっていて、両脇から空気が送られてくることによって、水がアメーバのような動きになるようです。


エア(空気)を使った料理など、スペインの最新の調理法を駆使する、Fujiya1935の藤原哲也シェフの料理観を色濃く反映しているオブジェだと思います(*^▽^*)




レセプション・スペースで待っている間、無垢の木の椅子に腰掛けて、温かいお茶と、今日のメニューが用意されています。

寒い中歩いて来たので、お茶がほっとします。


☆ むささび食堂 ☆




2つ折のメニューのカバーを開くと、こんな詩が・・・。

とても心地の良い言葉。
漢字と平仮名を組み合わせて織り成す、日本語は、世界に類のないくらい美しい言語だと感じます。

目だけで楽しむのではなく、音まで聞こえて来そうです(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



準備が整った所で、玄関とは反対側の自動扉が開いて、藤原シェフが客席に案内してくれます。

自動扉を開けると、以前と変わらないピカピカの、まるで理科の実験室のような厨房が。

ここの厨房は何度見ても飽きることなく、楽しいです音譜


改装後は、客席は2階部分のみ設けられているようで、階段で上がります。


以前とは、全く店内の雰囲気が違いますね。

一言でいえば、より落ち着いて食事ができるようになっています。


以前は、1階の厨房が2階まで吹き抜けになっていて、それを囲むように客席が配置された、キッチンコロシアムのようなレイアウトだったと思います。

店内カラーも焦げ茶色が基調で、カジュアル・レストランみたいな雰囲気だったのではないでしょうか!?


ご覧のように、フロアを3つの半個室のように区切られていて、壁をマットな白を基調として、ミニマムな空間が広がっています。


☆ むささび食堂 ☆




店内のコーナーには、厳選したらしい、白樺の木が立てかけられています。


☆ むささび食堂 ☆




テーブルの上。


☆ むささび食堂 ☆




手作り感溢れる、コルクを使った置き物。

スタイリッシュな空間の中に、こうした温かみのある細工や、先程の白樺のようなナチュラルな素材が巧く取り入れられて、バランスの良い空間ですね音譜


☆ むささび食堂 ☆



温かい、ふかふかのおしぼり。

香り付けの香水も良い薫りで、センスいいですね(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



さぁ、いよいよ、Fujiya1935の多彩でクリエイティブな多皿コースが始まります≧(´▽`)≦


⇒ Fujiya1935 vol2へ続きます('-^*)/







これから木田さんの年越し蕎麦を引き取りに♪♪

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2010.12.31 / Top↑

今日は冬物のアウターを探しにミナミに来ています。

南堀江に、御堂筋沿いのセレクトショップ。そして、時間があればアメ村にも足を運んでみようと思います音譜

まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


ショップを巡りを始めるよりも先に、お昼ご飯を済ますことにしました。


難波駅で下車して、千日前道具屋筋へ。


道具屋筋界隈・・・うどん屋・・・関西在住の方でしたら、この登り旗をご覧になって、店名をお分かりになる方が多いかもしれませんね!!(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



そうですひらめき電球 今では、関西のご当地うどんの1つとして、すっかり確固たる地位を築いていた感がある、大阪讃岐うどんのお店、“釜たけうどん”さんにお伺いしました。


釜たけうどんさんには、6年程前に初めて食べに行って以来、通い詰めていた時期がありました。

釜たけうどんといえば、やはり、“ちく玉天ぶっかけ”。初めて食べた時には強烈なインパクトでした。

最近ではすっかり、あのスタイルを導入するお店も増えて、すっかり定着した感が窺えます。


今日は、久しぶりに、その元祖!? ちく玉天ぶっかけを頂きます音譜


行列による待ち時間必至のお店ですが、最近は巧くピークタイムを外せば、待つことなく入れるようになったようです。


☆ むささび食堂 ☆




以前から、変わらないお店のレイアウト。

自動扉を開けると、すぐに食堂スタイルのテーブルが配置されていて、奥が厨房になっています。


☆ むささび食堂 ☆




数え切れないくらい、様々なメディアに取り上げられた、釜たけうどんさん。

壁には、たくさんの著名人の色紙が貼られています。

☆ むささび食堂 ☆            ☆ むささび食堂 ☆



“元祖ちく玉天ぶっかけ”に、イカ天を別に注文しました。


☆ むささび食堂 ☆




相変わらずのモチモチ感のあるうどんですね(^∇^)
箸で持ち上げると、ビヨ~ンと伸びて、その後の弾力のある跳ね返り。腰が強いです音譜


☆ むささび食堂 ☆




“ちく玉天ぶっかけ”の相方1号、半熟玉子天。

衣がふわふわです。


☆ むささび食堂 ☆



箸で割ると、卵黄がとろ~り汗

うどんに絡めて頂きます。甘くて美味しいです(^∇^)

☆ むささび食堂 ☆




“ちく玉天ぶっかけ”の相方2号、ちくわ天。

相変わらずな、どんぶり鉢からはみ出す豪快な大きさ。

レモンを上からギュッと搾って、鉢の底に沈んでいる、濃い目に調えられたお出汁に、ひたひた漬けながら頂きます。

ほんのり温かいですね(*^▽^*)

☆ むささび食堂 ☆




卓上に置かれている、天かすです。

セルフで好きなだけ頂けます。
うどんと一緒に食べると、パリパリした食感とコクが加わって美味しいです。


ちなみに私は、天かすが大好きで、ついたっぷり入れてしまいます。(^∇^)

余談ですが、お家で食べるお好み焼きにも天かすは欠かせません音譜


☆ むささび食堂 ☆



別注文した、イカ天( @220円)。

イカはハンペンのようにふわふわ感があり、味付けは薄味です。

うどんや、ちくわ天を頂いて、少し薄まったお出汁の残りに漬けて頂くと、ちょうど良い塩梅ですね(^∇^)

☆ むささび食堂 ☆




一時は頻繁に通った、釜たけうどんさん。あまりに良く利用したので、久しぶりにお伺いしましたが、相変わらず美味しかったです。

いつお伺いしても、うどんの味わいにばらつきがなく、安定感があるのが凄いと思いました。



帰りがけのレジ前で、南船場ゴヤクラさんのチキンキーマカレーのレトルトが販売されているのを発見。

そういえば、今年はキーマカレーが静かなブームでしたよね!?(^∇^)

コンビニやデパートなどの店頭で、大手の食品メーカーによるキーマ関連の商品をよく見かけたような気がします。


☆ むささび食堂 ☆



・・・って、レジ横の壁面に目を移すと・・・、目


釜たけうどん×ゴヤクラのコラボによる、“チキンキーマカレーうどん”が・・・!!
とても興味がそそられますね音譜 次回の来店時は、是非こちらを試してみたいと思います。


☆ むささび食堂 ☆



最後に今回の記事とは全然関係がないのですが、年末に写真を整理していると、面白い写真があったので、一緒に掲載させて頂きます。

今年の8月頃に撮った、ちびっこギャング。可愛らしいチワワです。

心斎橋筋商店街入口のロフト前に、ベビーカーで乗り付け。


☆ むささび食堂 ☆



        ☆ むささび食堂 ☆








みんなの視線を釘付けにする、すごくお洒落さんなカップルでした。

☆ むささび食堂 ☆


【 釜たけうどん 】


住所 : 大阪府大阪市中央区難波千日前 4-20 せんだビル1階 地図  


電話 : 06-6645-1330


ホームページ : http://kamatakeudon.kt.fc2.com/



営業時間 : 11:00~16:00 (麺切れの場合、早仕舞い)         


休日 : 月曜日


関西うどんの1つとして、すっかり定着した感のある、大阪讃岐うどん。その火付け役が釜たけうどんさんです。

以前ほど頻繁に通い詰めることはなくなりましたが、定期的に足を運びたくなるお店です。

次回は、激辛チキンキーマカレーうどんにもトライしてみたいですね(^∇^)





今日が年内の仕事納め。正月はのんびり過ごしたいです。

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


2010.12.30 / Top↑


今日は中之島通りをお散歩に来ています。

ランチを兼ねてリーガロイヤルに立ち寄ります。

まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



☆ むささび食堂 ☆



と、その時・・・リーガロイヤルとは通りを挟んで反対側にある、堂島川沿いに尋常でない行列が!!!

早速、行列の原因を調査しに堂島川対岸に向かいます。


行列の先を辿って、視線を発生地点と思われる方へ向けると、黄色い頭の生き物が・・・目



☆ むささび食堂 ☆




ラバー・ダックさんですヒヨコ
どってりした、大きな肢体をぷかぷか川面に浮かべておられます。


☆ むささび食堂 ☆


           



ラバーダックとは、オランダ・ロッテルダムを拠点とし、公共空間で巨大な作品を展示するアーティスト、フロレンタイン・ホフマン氏の作品だそうです。

世界中に浮かべられてきた巨大なアヒルには、世界の緊張緩和と、穏やかな世界への希望が込められているそうです。


☆ むささび食堂 ☆



先程の行列は、このラバー・ダックのオリジナルグッズが先着順で無償でプレゼントさせるイベントがあるそうで、そのための行列だったようです。


☆ むささび食堂 ☆



昨年の水都大阪2009でも人気を博した、こちらの “ラバー・ダック@中之島バンクス”のイベントは、

12月25日(土)まで開催されていたそうです。


☆ むささび食堂 ☆



ちょうどタイミング良く、これからランチをしようとしていた、リーガロイヤルホテル1階の “コーヒーショップ コルベイユ”でこんな企画が!!

食べないわけには行きませんよね!!(*^▽^*)


☆ むささび食堂 ☆



コーヒーハウス Corbeilleへ。


☆ むささび食堂 ☆



雪だるまがお出迎えするエントランス。

☆ むささび食堂 ☆




店内の様子。

30年ほど前から変わらない、落ち着いたクラシカルな店内。

☆ むささび食堂 ☆ ☆ むささび食堂 ☆



リーガロイヤルホテルの正面玄関に面したカフェテラス。
奥行きのある、広々とした空間です。


コルベイユでは、良くも悪くも料理の味やメニュー、価格を30年前からほとんど変わってなさそうに見受けられ、良いように捉えれば、いつ訪れても食べたい料理がなくなることなく、存在するような安心感があります。

その中でも、忘れた頃に定期的に食べたくなるような欧風料理が豊富にあるのがコルベイユの魅力。

コルベイユのオムライスも、その1つです。


☆ むささび食堂 ☆




こちらが、ラバーダックオムライス。アヒルの形をした、オムライスです。

☆ むささび食堂 ☆



迷うことなく、ラバーダックオムライスを注文したところ、上の写真か、もしくは、先程の登り旗の写真をご覧になって頂ければ分かると思いますが、“大人仕様のラバーダックオムライスは、11:00~15:00までなんです!!”。
現在の時刻は、午後3時30分頃汗


どういうわけか、お子様使用のラバーダックオムライスは、時間が限られることなく、注文を受け付けてくれるみたいです。

仕方ないので、普段食べる通常の大人のオムライスを注文します。




こちらが、大人のオムライス。

洋皿の縁の絵柄は、コルベイユの定番(^∇^)ですね

☆ むささび食堂 ☆



このお店のオムライスの特徴は、何といっても、このクレープの生地のような薄皮。

☆ むささび食堂 ☆



中のライスと具材が透き通って見えるほどの極薄です。

卵は半熟トロトロではなく、錦糸卵(きんしたまご)のように、しっかり火は通されています。
これだけの薄皮を作る卵の使用量は、わずか1/3個だそうです。


非常に薄い玉子でありながら、破れた部分が全くなく、その薄さ故にもっさりとした食感がありません。


私はスプーンで割った時のトロトロに崩れる半熟タイプのオムライスが大好きですが、コルベイユさんのオムライスだけは例外で、定期的に食べたくなります。


☆ むささび食堂 ☆



たっぷり掛かった、深い琥珀色のデミグラスソース。

以前は入っていなかったと思うのですが、北海道産の黒豚も入っているそうで、ソースの中にトロトロに柔らかくなったお肉も入っています。


こちらのデミグラスソースは、主に牛スジや香味野菜だけをコトコトと2日間かけて煮込んで作り上げるそうです。

変わらない深いコクと旨み、ほのかな酸味も感じられる、味わい深いデミグラスソースです。


☆ むささび食堂 ☆



卵の薄皮の中に包まれた、ライスも絶品です。

いわゆるビーフライスなのですが、トロトロになったお肉と、グリーンピースと玉葱が入っていて、具材はシンプルです。
ライスが特徴的で、水分を強火で飛ばしたパラッとした食感のチャーハンのような感じではなく、どちらかというとリゾットのようにお米にスープやソースで炊いてような、水気を含んだトロトロした食感です。

これはオムライスだけではなく、コルベイユのご飯料理全般にいえることで、ビーフピラフやシーフードピラフも、ずっしりした食感で、濃厚な味わいのピラフです。


お米に濃厚なソースを絡めながら仕上げられたようなライスは、とても濃厚で強烈な旨みがあります。
上質なバターの風味も感じられ、より一層まろやかな味わいに。

周囲に掛かっている、デミグラスソースを絡めて食べると、まさに旨みとコクの3重奏。

とろりとした食感と、旨みの強いオムライスだからこそ、薄皮の卵が合うのでしょうね(^∇^)


上質な昔ながらの薄皮のオムライスです。


☆ むささび食堂 ☆



福神漬けと、ラッキョウも美味しいです音譜

☆ むささび食堂 ☆




【 コーヒーハウス Corbeille 】


住所 : 大阪府大阪市北区中之島 5-3-68 リーガロイヤルホテル内  地図  


電話 : 06-6441-0955


ホームページ : http://www.rihga.co.jp/osaka/index.htm


営業時間 : 6:30~22:30         


定休日 : 年中無休


大人のオムライス 2,079円、小ポーション 1,502円。


価格はどれも一流ですが、上質な欧風料理やカフェのつまみが味わえます。


幼少の頃から両親に連れられて100回以上訪れていると思いますが、昔からの馴染みのある味という理由だけではなく、現在でも定期的に訪れたくなります。

私自身、料理を食べることに対して、保守的ではなく、むしろ新しい物好きで、トレンドに惹かれる方だと思いますが、コルベイユさんのような古典的だけど丁寧に作られていて安心感のあるお店には、来店頻度は落ちても、長く利用し続けるものなんだな、と感じました。


最後に、コルベイユさんでの個人的なお薦めをご紹介。

シーフードピラフ、 フィッシャーマンサラダ、 コンソメ・ロワイヤル、 

そして苺のショートケーキ('-^*)/ 





ネッシーを取り上げた映画:ウォーターホースに感動!むささびもネッシーに乗りた~い(シュターン☆ミ)

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


2010.12.26 / Top↑

今回は、食べ歩きのテーマから少し離れてしまいますが、

先週末にカメラのナニワさん主催の夜のイルミネーションをテーマにした撮影会に参加したので、その写真をご紹介させて頂きます。

まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



デジイチで写真を撮り始めて、まだ半月たらず。まだまだ腕が未熟者で、えっ汗て感じかもしれませんが、大目に見てやって下さい(^▽^;)


カメラのナニワさんのセミナールームに集合して、1時間ほど基礎的な撮影技術や理論について講義を受けます。

講師はプロのカメラマンとして活躍しておられる片岡司先生。話が上手で分かりやすいです。

今回の撮影会は、カメラのナニワさんと、カメラメーカーのニコンさんによって企画されたもので、片岡司先生はニコンと契約を結んでおられるそうです。

私もカメラはニコンを使っているので、機能的な部分の説明とか分かりやすいです。


☆ むささび食堂 ☆




講義が終了して、午後3時30分頃。次は、本町のハードロック・カフェ前に午後4時30分の現地集合です。

まだ少し時間があるので、フレッシュネス・バーガーでカフェをしながら30分ほど読書。


☆ むささび食堂 ☆




定時の4時30分から撮影開始カメラ


☆ むささび食堂 ☆




まだ、明るいですね(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆




☆ むささび食堂 ☆




ビルの合間に浮かぶ月。


☆ むささび食堂 ☆




おっ!!空がだんだん良い感じになってきました。


☆ むささび食堂 ☆




☆ むささび食堂 ☆




☆ むささび食堂 ☆




ハードロック・カフェ。

☆ むささび食堂 ☆




夜景撮影に最適な時間の到来です(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



私は、空が徐々に薄暗くなって、夜にさしかかるこの時間帯の写真を撮るのがすごく好きです。あと夕焼けのオレンジ色の空と。

肉眼でみる風景とは全然違う、心象的な風景を再現した、カメラでしか表現できない世界があるからです。


あと、私が大好きなのは、マクロレンズで撮る写真。ここにもマクロレンズを通してしか見ることのできない世界があるような感じがします。


最近始めたばかりのカメラですが、すごく奥が深いな・・・と思います。


☆ むささび食堂 ☆




少し、光温度を上げて(ホワイトバランスを電球 → 太陽へ)、撮影。


☆ むささび食堂 ☆




走り抜ける、車の軌線による光が美しいです。


☆ むささび食堂 ☆



公衆電話ボックスのガラスの壁面越しに撮影してみました。

色々な光が映りこんで、幻想的な世界が広がります。


☆ むささび食堂 ☆




こちらは、オフィスビルのガラスのショーウインドーを写して。

手前の街路樹やハードロック・カフェ、高速道路の陸橋などが移り込んで、鏡の中の世界が・・・。


☆ むささび食堂 ☆



シャッター速度を極端に遅くして、しばらく放置してみました。

もう、何を表現したい写真なのか分かりませんね(笑)。


☆ むささび食堂 ☆




アコーディオンの奏者。

昼間、何気なく前を通っても、無機質な彫刻にしか見えませんが、夜になって周囲のイルミネーションに照らされると、動きが出てきて、実際に演奏をしているような錯覚に捉われます。


☆ むささび食堂 ☆



昨日、関西では夜に雪が降ってきてホワイトクリスマスでした。

今回の記事、本来でしたら、クリスマス・イブの昨日にアップしたかったのですが、間に合いませんでした。


遅れましたが、

I wish you happy Merry X'masクリスマスツリー


幸せで楽しいクリスマスをお過ごし下さい('-^*)/


☆ むささび食堂 ☆



まだまだ年賀状に追われるあせる、むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


2010.12.25 / Top↑

今日は夕方から、御堂筋イルミネーションの撮影会に参加します。

本日の撮影会はカメラのナニワさんが主催。風景写真のカメラマン、片岡司先生を講師に招いた撮影会です。

午後3時にセミナールームに集合して、それから片岡司先生の講義を受けるスケジュールになっていますが、それまでに時間がたっぷりあるので、心斎橋筋商店街を通りながら、千日前の方まで散歩します。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


今回、ぶらぶら散歩したのは時間が余っているという理由だけではなく、カメラを撮る感覚を取り戻すため。

12月に入ってから、ゆっくりカメラに触れる機会がなく、カンを取り戻そうと・・・。

最初のうちは案の定、ブレてたり、露出補正が合ってなかったり(^▽^;)



こちらは、大丸心斎橋店の1階のフロアで展示されていた、クラッシックジャガー。車種名はジャガーマークX(テン)。

1961年にロンドンモーターショーにおいて華々しくデビューした、当時で時速150マイル/h(時速240km/h)を超えるスーパー・カーだったそうです。

カッコいいです!! 現代でも十分通用するデザイン。発表当時はさぞかし、斬新で近代的なモデルだったのが窺えます。


☆ むささび食堂 ☆




心斎橋筋商店街を戎橋の方へ歩きます。


☆ むささび食堂 ☆




心斎橋筋商店街内のクリスマス用のイルミネーションのシャンデリアと、アーケード越しに透過される光との織り成す造形が美しいです。


☆ むささび食堂 ☆



商店街内にあるブティックのステンドガラス風の壁面もすごく綺麗です。


☆ むささび食堂 ☆




☆ むささび食堂 ☆




平日に良く通る、心斎橋筋商店街。休日にゆっくりと歩かないと気付かない美しい世界が街の中にたくさんあるのだな、感じました。

街中でこんなに綺麗なものがたくさんあるのに、気付かずに通り過ぎてしまうのは寂しいですね。


☆ むささび食堂 ☆



戎橋から眺める、道頓堀川。

☆ むささび食堂 ☆




☆ むささび食堂 ☆




ミナミに帰ってきた、むささび太郎・・・いやいやあせる食いだおれ太郎。


☆ むささび食堂 ☆




道頓堀を東方面に歩いて、中座を超えて千日前通りへ。


☆ むささび食堂 ☆



千日前通りにある、純喫茶アメリカンに立ち寄ります。


☆ むささび食堂 ☆       ☆ むささび食堂 ☆




こちらのお店は1946年創業で、往時は人気俳優が詰め掛けた憩いの場だったそうで、現在でも著名人が数多く訪れているそうです。


☆ むささび食堂 ☆



  


それにしても、レトロなメニュー。65年前の創業当時からメニューが変わってないのでしょうか!?(笑)。


☆ むささび食堂 ☆





店内は、作り込んだものではなく、本格的な歴史を感じさせる昭和ノスタルジックな空間。

私自身は現在36歳なので、古い映画の中でしか見たことのない空気間をそのまま体現できます。
奥は広々とした厨房と、配膳係りが待機していて、そのお店の方の制服や髪型も昭和レトロです。


☆ むささび食堂 ☆





お昼ごはんは自宅を出る時に済ませてきたので、ホットケーキ+コーヒー付を注文します。

☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆




ホットケーキは小さめのサイズを2枚重ね。

食べやすいように切り分けられています。


全体的にスポンジのようにふっくらとしていて、柔らかい食感。口の中に含むと溶けるような食感です。

バターは固形状のものをそのまま上に載せるのではなく、ホットケーキの表面に塗って溶かし込んで供されるので、ムラがなく甘い薫りが広がります。


メープルシロップは、市販の物ではなく自家製だそうです。個性が強すぎず、マイルドな風味で、優しい甘さがホットケーキの味わいを引き立てます。


☆ むささび食堂 ☆



今回お店に訪れる前までは、昭和に開業したまま、手を一切加えることなく、店舗の減価償却などは一世代ほど前にとっくに終わっているような、単に古いお店を想像していました。

しかし、実際に訪れて感じたのは、店内の調度品1つ1つが凝っていたり、ソファなどの什器も良くメンテナンスされています。

壁面なんかも最近手を加えられたような、木版にステンドガラスを配した壁になっており、老朽化に伴い少しずつ手を加えながら、古きものを残しながらも新しい感覚を取り入れているように感じました。


そして、名物のホットケーキ。

独自に数種類の小麦粉をブレンドするこだわりようで、オーダーが入ってから焼き始めるのは当然で、一定の温度でじっくり焼き上げるように、銅板を導入しているため、焼むらがなく、全体的にふっくらとしたシフォンのような柔らかい食感になるそうです。


そして、キャスト(お店のスタッフの方)。
ユニフォームだけではなく、髪型やお化粧、さりげない動作など、昭和の雰囲気を感じさせます。

もともと、昭和な雰囲気のスタッフさんばかりが集まっているとは考えにくいので、お店の基幹となるコンセプトの理解や教育の高さが窺えました。


店内の内装や装飾、商品、お店のスタッフの方の雰囲気や動きも含むサービス・・・ここまで徹底的であれば、ある意味格好いいと思います。


わずかな滞在時間ですが、映画の中の映像でしか見たことのない、昭和ノスタルジーな感覚に浸ることができました。(*^▽^*)




【 純喫茶 アメリカン 】


住所 : 大阪府大阪市中央区道頓堀 1-7-4 株式会社アメリカンビル1・2F 地図  


電話 : 06-6211-2100


営業時間 : 9:00~23:00(LO 22:45)         


定休日 : 木曜日、不定休



往時のモダンなカフェ空間をそのまま再現した、純喫茶。

タイムトンネルを潜って、昭和初期に遊びに来たような錯覚に捉われます。


ホットケーキセット(コーヒー付)で、950円。

今回、ご紹介したホットケーキはすごく美味しかったですし、口コミなどを見ていると、プリンは材料からこだわって丁寧に作られていたり、昔から根強い人気の軽食メニューなども多々あるそうです。


豊富でレトロなメニュー構成と独特の店内の空気感。この格好良さはいつまでも継承していって欲しいですね(^∇^)







昨日はホワイトクリスマスで良かったですね!!

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


2010.12.25 / Top↑

今日は仕事の帰りに、なにわフレンチのお店 “Begin”さんへお伺いしました。

お店はヨーロッパ通りに面した、雑居ビルの中にあります。

まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



エレベーターを降りると、ピンと張った暖簾が掛けられた玄関。今回、予約時間ギリギリにお伺いしたので、玄関を外から撮った写真は撮りませんでした汗

赤いえんじ色のお目出たい神様の入った暖簾が目印です(笑)。


引き戸をガラガラ開けると、ご覧のような店内です。


お料理を作る様子の見える、オープンキッチンに面したカウンター席が中心の店内で、奥は小上がりの座敷になっています。


☆ むささび食堂 ☆




カウンター横の棚には可愛らしいプードル!? の人形が一列びっしりと音譜

(も、もしかして・・トナカイ!?)


☆ むささび食堂 ☆



基本的にメニューは、黒板に書かれているアラカルトの中からチョイスするようです。

物腰の柔らかい、心優しそうな大将が、おまかせで少しずつ色々なものを食べられるように順番に料理を出してくれます。


店名の通り、お箸で頂きます音譜


☆ むささび食堂 ☆



1品目; 初玉子のコンソメジュレ掛け


見た目ふわふわのマシュマロのような初玉子(鶏が最初に産み落とした卵です)の半熟玉子にゼラチンで固めたコンソメのジュレが添えられています。

上のグリーンは、イタリアンパセリ。


☆ むささび食堂 ☆



中からトロトロの黄身が(^∇^)

黄身の周りを覆っている白身はこんもり盛り上がった感じで、厚みがあって濃厚です。

表面に添えられている岩塩が甘みと旨みを誘ってますね音譜


プリンのようなスイーツのように、しっかりした味わいのジュレを絡めながらスプーンで掬って頂きます。


☆ むささび食堂 ☆




2品目; 明石産 黒ダイのカルパッチョ


☆ むささび食堂 ☆




そぎ切りされた活け締めの黒ダイの上に香味野菜がたっぷり載せられています。

香味野菜は、菊花、芽じそ、分葱、花穂じそ。

和食のお造りのあしらいみたいですね。(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆


大きめに育った、花穂じそ。ここまで成長すると、種子の部分の食感がしっかりしています。

ドレッシングは、醤油ベースで摩り下ろした玉葱やにんにくが入って旨みとコクがあります。

お刺身に醤油は合うので、もちろんこちらのドレッシングもカルパッチョとの相性抜群です。


☆ むささび食堂 ☆


3品目; 明石ダコのエスカルゴ風


明石ダコの香草が入ったオイル焼きです。
小ぶりなココット皿にタコの足がゴツゴツ入っています。

セミハードなパンが添えられて食パン


☆ むささび食堂 ☆



初めに串でタコを刺して頂きます。コリコリした食感と同時に、弾力のあるもっちりとした柔らかい食感もあります。

ある程度、タコを頂いた後、残ったエスカルゴバターソースにパンをひたひた漬けて頂きます。


本格的なエスカルゴ(かたつむり)の料理がそうですが、この残ったソースを掬って頂くのが美味しいですよね!?(*^▽^*)

また、マッシュルームや海老などの旨みが出てくる素材を、ココットでぐつぐつさせたオイル焼きも大好きです。


ベースがフレンチでありながら、こんな感じのビストロ料理ともまた違う、アテ的な料理が挟まれるのは嬉しいですね。

☆ むささび食堂 ☆



4品目; 天堀トマトのサラダ


大阪和泉の天堀さんのトマトを使ったサラダです。

滋賀県の生産者の方から届くサラダ春菊と一緒に供され、ドレッシングはさっぱりした生姜風味のドレッシングです。


☆ むささび食堂 ☆



天堀トマト。実は、こちらのトマト。最近一緒に良く食事をしたり、飲みにいったりする目上の方がいらっしゃるのですが、その方の親戚の方が作られているそうです。

ごく少量生産なので、地元でもあまり出回ることがなく、大阪市内でこのトマトが食べられるのは、おそらくこちらのお店だけだと思います。


味わいはフルーツトマト系ですが、果皮は少しえんじ色がかった濃い赤色をしています。
果肉はぎっちり詰まっていて、風味と甘みが濃厚です。添えられている岩塩が甘みを誘います。


サラダ春菊の方は、茎の部分までしんなり柔らかく、春菊特有の香りが鮮烈で爽やかです。


☆ むささび食堂 ☆




5品目; オーストラリア産 牛テールと椎茸のクラムチャウダー


☆ むささび食堂 ☆



コーンビーフ状になった柔らかい牛テールと肉厚な椎茸がたっぷり入っています。

スープにそれらの旨みが移っていて、もちろんベーコンの旨みと貝の滋味深い味わいもしっかり感じられて濃厚です。

黒胡椒の薫りがアクセントになっていて美味しいです。


☆ むささび食堂 ☆



スープを最後まで掬って食べたいので、パンを頂きます。パンの一番端の切れ端です音譜
この地元の居酒屋というか食堂的な感覚がたまらなく良い感じです。


なんとなく、パンの外側の硬い皮の部分を割って、クラムチャウダーに浸すのは、すごく合うように感じました。


☆ むささび食堂 ☆



そして、ワインも頂きたくなりましたので、グラスワインをワイン

次のしっかりしたソースの魚料理と、その次はお肉料理だそうなので、右側の赤ワインに。

ボルドー産のワインだそうです。


☆ むささび食堂 ☆



6品目; アンコウと白菜の蒸し煮 ぽん酢風味の焦がしバターソース


小ぶりでプリプリしたアンコウを骨から外しながら頂きます。


このソースの使い方、シンプルながらすごく良いですね。

アンコウって白身でタンパクな魚なので、バターのソースと良く合っていると思います。
さらに、アンコウ鍋が存在するくらいなので、ぽん酢がアンコウや白菜に合わない訳がないです。(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



白菜の他に、ベーコン、柿色えのきも添えられています。

こちらのバターソースも、パンでこそげ取って食べてしまいました(*^▽^*)


☆ むささび食堂 ☆



7品目; 鹿児島産もち豚とリヨネーズポテト シェリービネガーのソース


メインのお肉料理です。


☆ むささび食堂 ☆



お肉はチャーシューのようにしっとり柔らかく、脂身の上品な甘みがあります。

さっぱりしたシェリービネガーのソースを絡めて美味しいです。


☆ むささび食堂 ☆



付け合せのお野菜は、リヨネーズポテトと玉葱、九条葱、クレソン、水菜です。


中心に立っているのが、九条葱(笑)。トロトロ感が良いです。

上に載っているのがクレソン。薫りが強いです。
水菜はシャキシャキした歯触りながら、柔らかいです。

これらの葉野菜は全て、先程の天堀トマトの箇所で少し紹介させて頂いた、滋賀県の生産者の方から送られてきた野菜だそうです。


リヨネーズポテトは、焦んがり飴色にローストされた玉葱と良く絡んでいて美味しいです。シェリービネガーのソースとも良く合いますね(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



8品目; 初玉子のプリン


初玉子を使った、焼プリンです。ミントの葉を添えて。

濃厚な生地はしっかり硬めで甘さも控えめな、シンプルプリンです。


☆ むささび食堂 ☆





【 なにわフレンチ Begin 】


住所 : 大阪府大阪市中央区東心斎橋 2-5-31 月虎51番館 4F 地図  


電話 : 06-6211-1240


営業時間 : 18:00~23:00(LO 22:00)         


定休日 : 日曜日、祝日(祝日のみ不定休)

今回、頂いたお料理はおまかせで見繕って頂いて3,500円程度。


コストパフォーマンスは十分だと思います。今回一人でお伺いしたので、おまかせで注文しましたが、アラカルトを数人でシェアしても楽しめそうです。

料理はフレンチ割烹でもなく、ビストロとも少し違う、親しみやすくて気軽さのあるお料理。

おそらく、フレンチのベースをしっかり押さえながら、クラムチャウダーやカルパッチョなど域に捉われることなく、自由な発想の料理が展開されているので、創造性と独創性があるので、新鮮で楽しいのかもしれません。


こちらのお店を知ったきっかけは、記事でもご紹介させて頂いた、飲み仲間の先輩の「僕の親戚は地元でトマトを作っているねん」とおっしゃってたのがきっかけ。

そして、お店のブログが目に止まり、お伺いしました。


⇒ なにわフレンチBegin的料理の日記2

ショップカードにも記載されていたので、ご紹介させて頂きました。お店のご主人のブログです。

私生活にも食に対する探究心やこだわりの感じられる、楽しいブログです。





年賀状準備に追われてあたふたしている、むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


2010.12.23 / Top↑

昨年の12月に大阪市内の靱公園から豊中に引っ越して来て、丸1年。

最近、自宅の近所にとても美味しくて通いたくなるようなお蕎麦屋さんを見つけました。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



“ 蕎麦屋 木田さん”。自宅から歩いて10分もかからない場所にあります。


こちらのお店は、今回訪れた日の数週間前に、最近色々なイベントやお食事会でご一緒させて頂いている方にお連れ頂いて知りました。

前回、訪れた際には、新蕎麦とワインを楽しむという趣旨の集まりで参加させて頂きました。

お店の方から、最後にお蕎麦を頂くまでに色々なお料理をご用意して頂いたのですが、、1つ1つのお料理がどれも美味しいのが印象的でした。


☆ むささび食堂 ☆




地下鉄御堂筋線、桃山台駅から少し離れた閑静な住宅街の中にお店があります。

お伺いした時には、ウェイティングのお客様が何組かいらっしゃいましたので、お店の玄関の写真は控えさせて頂きました。

白を基調とした、お蕎麦屋さんとしてはモダンで清潔感のあるお店構えです。


☆ むささび食堂 ☆




玄関脇のプランターと、水盤。

玄関は、ごちゃごちゃした余計な物は一切排除されていて、すっきりしているので、目を引きます。


☆ むささび食堂 ☆




ホワイトバランスが合ってなくて、写真が青みがかっていますが、オフホワイト色の和紙で壁面が覆われていて、落ち着きと清潔感のある店内です。

店内中央に位置する、活け花を置かれたラックを囲むようにテーブル席が配されていて、空間がゆったりと感じられます。
店内奥には、8~10人位まで対応できそうな個室もあります。


正面の厨房入口のステンドガラスがお洒落ですね(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



外界と遮断するガラス窓です。

汚れや曇が全くなく、ピカピカに磨かれていますキラキラ
ガラス窓だけでなく、まるで新築早々のお部屋のように、店内には埃が皆無といって言いくらいなく、食事をするテーブルの表面に至っては、水気を含んだものが中まで染み込まないように、良く手入れされています。


☆ むささび食堂 ☆




シャラン産鴨肉を使った鴨せいろと、小天丼を注文します。


初めに、小天丼。

小天丼といっても、丼ぶりはやや小ぶりではありますが、上に載っている天ぷらは、普通の天丼とは遜色ないくらいの種類が添えられています。


☆ むささび食堂 ☆


太めの海老2匹に、ひら茸、鳴戸金時、茗荷に蓮根。

海老はプリプリした食感と甘み、ひら茸の肉厚な食感、鳴戸金時のホクホクした甘み、茗荷の爽やかな香り、蓮根のシャキシャキした食感・・・といったように、

まるで、天ぷらの専門店に訪れたように、個々の素材の持ち味を引き出し、丁寧に揚げられています。


天丼なので、極端な薄衣ではありませんが、衣の食感もサクサク軽いです。


下に敷いているご飯とはセパレートで、お塩だけでそのまま頂きたくなるような、季節感溢れる天ぷらです(*^▽^*)


☆ むささび食堂 ☆


続いて、鴨せいろです。


☆ むささび食堂 ☆




しっかり濃い目のお出しに、甘みがあってトロトロの白葱がたっぷり浮かんでいます。


☆ むささび食堂 ☆




  
底からは、お肉の厚みのあるフランス産のシャラン鴨がゴロゴロ出てきます。

お出しに、鴨から出たコクと旨みがしっかり溶け込んでいます。


☆ むささび食堂 ☆




上品な色合いの美しい、お蕎麦です。

おそらく、二八蕎麦だと思われますが、モチッとした食感があって、噛んだ時に蕎麦の甘みと、薫りが口の中に広がって、その次の瞬間にはすっと薫りが消えます。

端正な味わいのお蕎麦です音譜


☆ むささび食堂 ☆




こちらのお蕎麦を、漬け汁に浸して頂きます。

鴨せいろの漬け汁は、風味の強いシャラン鴨に合わせたしっかりめの濃さなので、繊細な味わいのお蕎麦の風味自体は消えてしまいますが、変わり蕎麦として面白いです。


実は別の日に木田さんに訪れて、その際には普通のせいろ蕎麦を頂きましたが、蕎麦つゆはカツオなどの出汁の風味がしっかり効いていてとても美味しかったです。

お醤油は風味豊かで深いコクがあり、味醂も柔らかい甘みがあってまろやかな印象を受け、調味料にもこだわりがありそうです。

個々の素材の風味がしっかり感じられる蕎麦つゆなのに、繊細なお蕎麦の風味を消してしまうことはなく、食べた後の余韻が良いです。


繊細なせいろ蕎麦にはさきほど感想を書かせて頂いたような蕎麦つゆを、そして今回食べた鴨せいろにはしっかりめの漬け汁で食べさせて頂けます。(^∇^)



そして、こんな楽しみ方もできます。

鴨をしっかり漬け汁に潜らせて、お蕎麦用に添えられている、本山葵を少し添えて、そのままパクリと音譜

☆ むささび食堂 ☆



山葵だけではなく、京都祇園、原了郭の粉山椒も良く合います。

☆ むささび食堂 ☆



最後に、蕎麦湯で割ってお出しを頂きます。

濃いめのお出しの中に隠れていた鰹の薫りとみりんのふくよかな甘さが広がります(*^▽^*)


☆ むささび食堂 ☆

          ☆ むささび食堂 ☆



本来なら、前回にお伺いした時の料理もご紹介したかったです。

ところが、お食事会を主催して頂いた方が、美味しいワインとシャンパンをご用意して頂いてたくさん飲んでしまったことと、会話に夢中になっていたため、1つ1つのお料理についての感想を正確に書くことができなくなってしまい、記事を書くことができませんでした・・・。

後日、写真の記憶を辿りに記事を書いてみようとも考えましたが、どうしても木田さんの上品で繊細な印象のお料理をきちんと書くことができるだろうか、と不安になり断念してしまいました。


一流の割烹レベルに感じられた、お蕎麦以外の一品料理も色々試して、またご紹介したいと思います。


最後に、

こちらは初めてお伺いした際に頂いた、にしんの煮物。

絶品です('-^*)/ !!


☆ むささび食堂 ☆
















【 蕎麦屋 木田 】


住所 : 大阪府豊中市東豊中町 5-30-25 地図  


電話 : 06-6848-5455 


営業時間 : お昼 11:30~14:30(LO)  夜 17:00~20:30(LO        


定休日 : 火曜日(祝日の場合、翌日)



鴨せいろ 1,500円、せいろ二枚重ね 850円、小天丼 500円


ピカピカでつやのあるお蕎麦の風味とお出汁の味わいは、どことなく東京に住んでた頃のお蕎麦を思い出します。

今回記事で紹介していませんが、蕎麦がきも凄く美味しいです(^∇^)


もう1つの魅力はご主人のお人柄。

私と同世代だと思いますが、前回お伺いしたのを覚えていらっしゃって、ご挨拶に来て頂いたのですが、すごく丁寧で謙虚な感じの良い人。

そんな姿勢が周囲に伝染するのか、配膳される方のおもてなしも心地良いです。

平日利用するのは仕事が遅いので難しいですが、休日の早めの時間に軽くお酒を飲みながら食事を楽しめるお店が近くにできました(*^▽^*)






今年の年越し蕎麦は、木田さんのお蕎麦に決定!!

明日予約しよ!!

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


2010.12.21 / Top↑

今日は仕事で京都へ来ています。

お昼ごはんを食べに、お茶漬けが評判とのことで気になっていた、京都御所の近く、烏丸丸太町にある十二段家に訪れます。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


十二段家さんは、もともと大正初期にあった、祇園のお菓子屋が始まりだそうです。

祇園といえば、朝帰りの旦那衆などが多く、そういった酔客を相手に、あり合わせのお漬け物にご飯、赤出し、そして最後に簡素なお茶漬けを出すようになった所、評判を呼び、十二段家のお茶漬けとして名声を得るようになったそうです。

現在でも、本店は祇園にあるそうで、日本のしゃぶしゃぶの発祥もこちらのお店だそうです。

最終入店時間の午後2時30分ぎりぎりに訪れたため、写真は帰りがけに撮らせて頂きました。

なので、“ただいま準備中”↓↓↓(^▽^;)


☆ むささび食堂 ☆




玄関の引き戸を開けると、祖父母の田舎に帰ってきたような昭和を感じさせる玄関。


☆ むささび食堂 ☆



当時の祇園にあった、十二段家で使われていた、掛け時計やお店の看板、調度品などが飾られていて、作られたレトロさではない、長い年月を経過した風格を感じさせます。


☆ むささび食堂 ☆




右上に掛けられているのは、当時の大正初期に使われていたと思われる掛け時計で、文字盤は正確に読むことができません。

手前の階段は、3部屋の個室に続く階段で、しゃぶしゃぶなどを食べられるそうです。


☆ むささび食堂 ☆




赴きのあるちゃぶ台の上で食事をします(*^▽^*)


☆ むささび食堂 ☆




こんな形の堀り炬燵のテーブル席もあります。


☆ むささび食堂 ☆




今回は、出巻き玉子に、おひつご飯、京漬物、赤だし、そして季節の1品のついた 『 水菜セット 』 を注文しました。


☆ むささび食堂 ☆



季節の1品は、聖護院かぶらの蟹餡かけ。

大きめに切り分けられた、聖護院かぶらがゴロゴロ入っています。

ほぐした蟹身に、黄色と赤紫色の菊花、菊菜が餡の中に流されていて、振り柚子を添えています。

京都では、珍しく薄味ではなく、しっかりと蕪の中心部まで味を煮含ませ、餡もやや濃い目です。

おそらく敢えてご飯のおかずになるような味付けをしているものと思われます。素朴さが美味しいです(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



そして、そのご飯の方は新潟産コシヒカリを用いているそうです。お米がツヤツヤして風味が良く、ご飯がおかずになりそうな感じです音譜

少しモチ米も入っているようですね(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆




今回、十二段家さんに訪れて、私が最も感動したのが、こちらの出巻き玉子!!

今まで食べた出巻き玉子の中で最高峰です(*^▽^*)

ごくごく薄く幾重にも巻かれた出巻き玉子。

表面を軽く箸で押さえると、水を含んだスポンジのようにお出しが溢れてきます。

もはや卵で作った料理を食べているというよりは、食べるラー油ならぬ、食べるお出し状態です(*^▽^*)

美味しいご飯と美味しい出巻きがあれば、それだけで幸せになります音譜


☆ むささび食堂 ☆




お漬物。

手前右下から時計周りに、大根、胡瓜、お新香、柴漬け、壬生菜、ひの菜、牛蒡、そして真ん中が千枚蕪。


☆ むささび食堂 ☆




大根はほのかに柚子の薫り。

胡瓜は糠漬け。

お新香はツンとする爽やかな酸味と、ほろ苦い風味。

柴漬けは薫りと甘みが良い感じです。

壬生菜はコクのある油と一緒に和えられていて、胡麻の薫りと塩味、壬生菜のほろ苦さが美味しいです。

ひの菜はしんなりして、素朴な味わい。

牛蒡は醤油漬けでシャキシャキした歯触りが良いです。

千枚蕪が美味しいのは言うまでもありませんね(^∇^)

素材と味わいの取り合わせがバランス良く、これだけでご飯が進んでしまって、お替りしてしまいました(*^▽^*)



締めはサラサラとお茶漬けです。


☆ むささび食堂 ☆



お茶は、寺町二条にある一保堂の焙じ茶だそうです。

焙じ茶の色合いは薄くて上品な感じなのに、香りが高いです。薄く出しているので、苦みを感じません。


☆ むささび食堂 ☆

            ☆ むささび食堂 ☆




素朴なおかずと美味しいご飯に、赤だし、そしてお漬物と焙じ茶。
簡素でシンプルだけど、その1つ1つが丁寧に作られていて、しみじみと美味しく思えるのが凄く贅沢なように感じました。


【 十二段家 】


住所 : 京都府京都市丸太町通室町東入ル常真横町 185  地図  


電話 : 075-211-5884


ホームページ : http://www.m-jyunidanya.com


営業時間 : お昼 11:30~14:30(LO) 夜 17:00~20:00(LO        


定休日 : 水曜日


今回注文した“水菜”は、ご飯に出巻き、赤出し、お漬物、そして季節の1品が付いて1,890円。

ご飯はお替り自由です。


ご飯に出巻き、赤出し、お漬物だけのシンプルなすずしろセットは1,050円で、そちらでも十分満足できる内容だと思います。

別注文で、近江牛のサーロインステーキも注文することができます。








お酒を飲んで帰宅後のお茶漬けとお漬物凄く幸せな、むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


2010.12.15 / Top↑

今日は学生の頃から良く利用していた、東南アジア料理のお店 “貧頭”にカレーを食べに来ています。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


最寄り駅は、JR甲子園口と阪神甲子園駅のちょうど中間ほどに位置する住宅街の中にひっそりとあります。


すぐ近くには武庫川の河川敷。


☆ むささび食堂 ☆




お店のエントランス。

貧頭と書いて、ヒンズーと読みます。


☆ むささび食堂 ☆




緑色のテントを貼った工事現場の架設のような階段を昇って店内に。

事前にお店の情報を知っていない限り、一見でふらりとは入りたくな外観です(^▽^;)


☆ むささび食堂 ☆




お店のある敷地内を案内表示した、手描きの地図です。


☆ むささび食堂 ☆




先程の地図と見比べながら、下の写真をご覧になって下さい(^∇^)

右の白い建物が倉庫、左の深緑色のペンキを塗られた建物が自宅、その間が駐車場。手前が自転車置き場ですね。
実際の現地には訪れたことがありませんが、アジアの田舎にある食堂か寺小屋に訪れたような雰囲気です。


☆ むささび食堂 ☆




先程の階段を登って、店内へ。


☆ むささび食堂 ☆




階段を登った突き当たりには、良い感じに色褪せで年季の入ったタペストリーが掛けられています。


☆ むささび食堂 ☆


店内に入ると、ツンと鼻をつくようなスパイスの薫りが充満しています。
調度品やランタンなどがインドな雰囲気を演出しています。


☆ むささび食堂 ☆



手作り感のあるメニューに差し込まれた、現地の子供の写真。

☆ むささび食堂 ☆


アジアっぽい容器を使った箸立てやコップに入った水が、現地の食堂に訪れたような感じで良いですね(^∇^)

☆ むささび食堂 ☆          ☆ むささび食堂 ☆




通い続ける熱強いファンが多い、貧頭のヴェジカレーです。


☆ むささび食堂 ☆


カレーライスと一緒に、サラダとスープが付きます。


サラダはごく普通のミックス野菜のサラダ。上にはたっぷりマヨネーズが添えられています。


☆ むささび食堂 ☆



温かいコンソメスープ。

具材は全く入っておらず、極めてシンプルなスープです。


☆ むささび食堂 ☆




カレーは黒土のように深みのある色合いです。

野菜を60種類以上ものスパイスやハーブと一緒に、丸4日間かけてコトコト煮込んで作るそうです。

野菜はトロトロに溶けていて、原形を留めておりません。

☆ むささび食堂 ☆



口の中に鮮烈な辛さが走り、その後に広がる山椒のような爽やかな薫り。

肥えた土のような薫りのするスパイスも含まれていて、カレーの味を特徴付けています。

辛さだけでは言い表されないような、深いコクと甘みがあります。


ライスはインディカ米ではなく、普通の日本米です。




食後に、最近ハマッている温かいチャイを頂きます。

貧頭は地元の方でなければ、わざわざ訪れる不便な場所にありますが、今回紹介したカレーを食べに定期的に訪れたくなります(*^▽^*)


☆ むささび食堂 ☆



ランチタイムには、カレー以外にこんなメニューもあります。

基本はカレーやタンドリーチキンなどインド料理がメインですが、周辺の学生さんや地元で車を使って移動する就業者の方の利用が多く、インド料理だけに固執することなく、一般的な料理も用意されています。

今回、↓の写真を載せた理由は、貧頭ではカレーだけではなく、チキンステーキやハンバーグ(インド料理専門店として考えると妙かもしれませんが・・・)も結構美味しくてイケます。('-^*)/


☆ むささび食堂 ☆





【 貧頭(ヒンズー) 】


住所 : 兵庫県西宮市小曽根町 4-6-10 地図  


電話 : 0798-46-9727


営業時間 : ランチ11:30~14:00 ディナー 18:00~23:00         


休日 : 月曜日


ランチはメインにスープ、サラダ、コーヒーor紅茶が付いて785円。

+105円で、食後のドリンクがチャイに変更できます。

ご夫婦で30年以上されている、武庫川の閑静な住宅街の中のインド料理を中心にした東南アジア料理のお店。

わざわざ定期的に訪れたくなるカレーライスが魅力です。

アルコール類も豊富で、アラカルトメニューのレパートリーが豊富でどれも遜色なく美味しいので、夜に利用するのも良いと思います。






貧頭さんの白ご飯が山盛りな和×印(インド)的なカレーが大好きな、むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


2010.12.13 / Top↑

江坂の翠園さん でランチを食べた後、移動してナンバパークスにゴーストを見に行きます。



まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


この映画、良かったです。


前作のニューヨークの幻を完璧なまでにリメイクしているので話の展開が読めてしまったり、日本を舞台にしているため、どうしてもストーリーがリアリティーに欠けてしまいますが、それを補うくらいに演出と出演者の演技が良かったと思います。


特にソン・スンホンの演技は素晴らしかったと思います。

たどたどしい日本語で切実に悲しみを訴えかけるような感じ、そして悪人に対しては果敢に立ち向かっていく骨太な面もあったりと・・・映像に引き込まれてしまいます。


最後に、松嶋菜々子が昇天する前の別れのシーンとか劇場で号泣する人続発でした。


☆ むささび食堂 ☆



ゴーストの上映終了後、感動の余韻が残ったまま、パークス・シネマに併設されたアイスクリームショップ、アストニッシュカフェへ。

ツーオーダーで、マイナス10℃のマーブル(大理石)の上でアイスクリームとフルーツを練り上げるパフォーマンスが売りのファースト・カジュアル・スイーツです。


  ☆ むささび食堂 ☆




隣接している、シネマ施設と良くマッチした、スタイリッシュな外観です。


☆ むささび食堂 ☆




乾物やスパイスなどのトッピングを入れたガラス容器が並べられています。

キャッシュ・オン・デリバリーで、キッチン内に据えられている石版の上でアイスを練り上げる様子を見せる演出をします。

かなり、アメリカのファースト・チェーン系のカフェっぽい感じですね音譜

☆ むささび食堂 ☆


注文の仕方はこちら ↓↓↓

☆ むささび食堂 ☆



ステップ1  まず、カップのサイズを選択。

        IDEAL(アイディアル) Sサイズ容量 480円、SUPREME(スプレーム) Mサイズ容量 630円の

        2種類から選択します。


ステップ2  続いて、カップの種類を選択します。

        紙カップかワッフルコーン。ワッフルコーンの場合はSサイズ容量(アイディアル)で+50円、

        Mサイズ容量(スプレーム)で+80円。


ステップ3  最後にアイスを選択。↓↓↓ アイスのメニューです。


☆ むささび食堂 ☆



どのアイスもネーミングがユニークで、興味を惹き立てられます。
26タイプのアイスクリームの他に、オーダーメイドなオリジナルアイスを注文することも可能です。


☆ むささび食堂 ☆


フルーツや乾物、ソースなどのトッピングも追加でき、1種類につき+50円です。

種類が豊富です(^∇^)

☆ むささび食堂 ☆


オリジナルアイスを作ることの興味を惹かれましたが、あれやこれやとトッピングを大人買いしてしまいそうです。

なので今回は、アップルパイがそのままアイスになったような組合せの、“アップルパイ・ミーツ・アストニッシュ”(ロイヤルバニラアイス、アップル、パイクラフト、シナモン、キャラメルソース) と、和アイスな“ボーダレス・トレジャー”(ロイヤルバニラアイス、きなこ、白玉、コーンフレーク、黒蜜) の2種類を注文します。

Sサイズのワッフルコーンで音譜


-10℃の石板の上で、バニラアイスに蜜煮したリンゴ、パイ生地を混ぜて練り上げています。
こうすることによって、アイスが溶けることなく、副材料をまんべんなく馴染ませる効果があるようです。


☆ むささび食堂 ☆



こちらは、白玉の入った和アイスの方ですが、石板上で1分間ほど練り上げたあと、ワッフルコーンに移します。

☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆



仕上げにたっぷりキャラメルソース。

☆ むささび食堂 ☆



こちらは、黒蜜ときな粉がたっぷり。
ベースのバニラアイスが、風味が濃厚で美味しいです。

アイスは硬めで、ずっしりとした重量感があります。


それと、ワッフルコーンを選択して正解でした。

サクッとした、軽い食感とほろ甘い感じがたまりません(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



アップルパイ・ミーツ・アストニッシュとボーダレス・トレジャー(→ネーミングが長い・・・)。

いずれも材料の組合せが良いのは言うまでもありません。


昔から馴染みのあるデザートをアイスクリームの商品に取り入れて、名前や演出で楽しませるのが上手ですね。(^∇^)


質感が心地よい、木のスプーン。可愛らしいです音譜

☆ むささび食堂 ☆



イートイン・スペースは、こちらのスタンディング・スペースと、


☆ むささび食堂 ☆



ゆっくり寛げる、カフェスペーがあります。

サロンのような上質でムーディーな感じです。

☆ むささび食堂 ☆



奥には、ソファ席。


☆ むささび食堂 ☆


カフェとしても十分使えそう (^∇^)





アストニッシュ・アイスクリームを出たあと、ナンバパークスを散歩します。
電飾に彩られた、光の回廊。


☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆



大きなクリスマス・ツリー。


☆ むささび食堂 ☆




数時間おきに、電飾のイルミネーションによる、光のパフォーマンスがあります。


☆ むささび食堂 ☆




☆ むささび食堂 ☆          ☆ むささび食堂 ☆



クリスマスまで、あと少しですね。≧(´▽`)≦


☆ むささび食堂 ☆


【 アストニッシュ・アイスクリーム 】


住所 : 大阪府大阪市浪速区難波中 2-10-70 なんばパークス8F 地図  


電話 : 06-6641-3600


ホームページ : http://www.astonish.jp/index.html


営業時間 : 10:00~21:00 土・祝前日10:00~22:00         


休日 : 不定休


シネマ施設に併設された、アメリカっぽい雰囲気のアイスクリームショップ。

メニュー構成も仕組みもユニークで楽しませてくれます。

オリジナルアイスもトッピングやソースなど選択肢が豊富で、好きなパーツを集めて遊ぶテレビゲームのような感覚があって面白いですね(^∇^)

ユニバーサルシティーウォークにも支店があるそうです。







ゴーストも良かったが、昨夜のK1グランプリの

ピーター・アーツにも感動したむささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


2010.12.12 / Top↑

スポーツ施設とブライダルの複合施設、アメニティ江坂内にある広東料理のお店 “ 翠園 ”へランチに行って来ました。

アメニティ江坂は、以前は赤レンガの倉庫を改築してテーマレストランとして一世を風靡したカーニバルプラザの跡地を利用した施設で、同敷地内にある、京都美山の食材を使ったフレンチ、カノビアーノ・アネックスにも今年の夏頃に訪れています。

まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



翠園は旧ホテルプラザに入っていた味のプラザの中国料理を担うレストランで、1999年に同ホテルが閉店後、こちらのアメニティ江坂に移転しました。

旧ホテルプラザ時代から引き続き、田口真一シェフが総料理長として翠園と隣りにある新創作料理 “ ル・ジャルダン ”の料理を統括しています。


☆ むささび食堂 ☆




カーニバルプラザ時代の赤レンガの壁を生かした建物です。


☆ むささび食堂 ☆




スチールの蜘蛛のような、近代的な美術館のような外観。


☆ むささび食堂 ☆




エントランスを入った所の広々とした、レセプションスペース。
ブライダル需要も取り込んだ施設だけに、空間がゆったりとして、贅沢です。

☆ むささび食堂 ☆




中庭には幾何学的なデザインで水が流れ落ちるプールがあります。


☆ むささび食堂 ☆




先程の中庭を翠園の店内から見た所です。

中庭を挟んで反対側は、ル・ジャルダンというレストランで、この日は結婚式の披露宴に使われていたようです。


☆ むささび食堂 ☆




天井は高くて開放感があります。

長い年月、活用されてきた味のある赤レンガと、コンクリートや金属製の現代的なマテリアルが巧く調和して、洗練されたリノベーション空間です。


☆ むささび食堂 ☆




テーブルのデコレーションは、色調のコントラストが高い、ビビッドな空間。
目線の高さの明るめの木で覆われた壁と良く合っていて、現代的な中国料理のお店の雰囲気を演出しています。


☆ むささび食堂 ☆



 

食事の後に散策しますが、窓から見えるアメニティ江坂の景観は植林に囲まれていて気持ちが良いです。

ちょうど紅葉の時期ですもみじ

   


☆ むささび食堂 ☆




総料理長 田口真一氏のもとで25年間修行をし、現在翠園の料理長を務める玉置弘之料理長推薦の特選ランチコースを注文します。



☆ むささび食堂 ☆



『 前菜盛合わせ 』


合鴨ロース、蒸し鶏、くらげの酢の物、帆立貝、蓮根と金華ハム。


☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆    合鴨ロースです。添えられている甜麺醤が甘辛くて、

   しっとりした鴨ロースに良く合います。
 













☆ むささび食堂 ☆

   スープの旨みを十分に吸い込んだ蒸し鶏。

   長時間蒸しているようで表面はトロリを柔らかいです。


   添えられているタレは海鮮醤(ハイセンジャン)といわれる

   調味料だそうです。

   名前の通り、干し海老などの海鮮から作られた醤だと

   思っていましたが(実際、魚介系の風味が感じられる

   醤でした)、魚介類は一切使用していないそうです。

   

   主原料は大豆で、胡麻やニンニク、唐辛子、砂糖などを

   合わせて発酵させたものだそうです。

   味わいは甜麺醤に似ていますが、より風味が濃厚な醤です。




☆ むささび食堂 ☆    葱の香りが高いテレに漬け込んだ、帆立貝。
   細かく切り目が入れられているので、中までタレの味が

   入っています。

   帆立貝はねっとり甘くて、美味しいです(^∇^)

   












☆ むささび食堂 ☆    蓮根と金華ハム、ザーサイ。
   蓮根のシャキシャキした歯触りが良いです。

   前菜の定番料理ですが、個々の素材の味付けが丁寧で

   見た目以上に手間が掛かっているのが覗えます。












 ☆ むささび食堂 ☆
   くらげの酢の物。

   跳ね返すようなこりこりとした弾力があり、

   素材の良さを感じます。

   味付けも、濃すぎず、頼りなくもなく・・・絶妙です(^∇^)











奇をてらわず、昔から馴染みのある広東料理の定番の前菜の組合せでしたが、厳選された素材を使って丁寧に調理し、細部まで気を配っているような上品さと繊細さを感じました。



『 北京ダック 』


一人6,300円のランチコースに組み込まれている北京ダックなので、アヒル丸ごとという訳にはいきませんが、

北京ダックの皮4枚分に包める量が付いています。


☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆




サービス係の方が、ワゴン上で取り分けて手際よく、北京ダックの皮に具材を包み込む作業をしてくれます。


☆ むささび食堂 ☆





白葱と胡瓜と一緒に包まれた、北京ダック。

アヒルの皮は、お肉が付いていないパリパリな薄皮タイプです。
甜麺醤が深い甘みと旨さを兼ね備えていて美味しいです。


☆ むささび食堂 ☆




『 蟹の入ったフカヒレスープ 』


不用心に口に運ぶと火傷しそうな位にアツアツです。

スープは干し貝柱などの海鮮系の旨みがギュッと詰まってます。塩味のバランスもすごく良くて、まさに古典的な料理でありながら正統派な味ですね(*^▽^*)

さらにスープのとろみが蟹身やふわふわの溶き玉子とよく絡みます。

フカヒレのスープという事ですが、フカヒレは多くは入ってません。でもそれは、ランチコース 6,300円に組み込まれた1品と考えると当然かもしれません。(^∇^)

☆ むささび食堂 ☆




『 帆立貝柱と季節野菜の炒め物 』


帆立貝にイカ。野菜は人参、しめじ、金針菜が入っています。


この炒め物が凄く美味しいです。あまりの美味しさに料理についてお伺いしたところ、コイシンジャンという甘酸っぱい味噌で炒めているそうです。

旨みは海鮮の乾物をピーナッツバターで戻したものと、干し海老によるものだそうです。

重奏的な複雑な味わいで、クセになりそうな美味しさです。

甘い帆立貝と、ハンペンのようにふわふわなイカには細かい切り込みが入れられていて、中までしっかりタレの旨みが入っています。

金針菜のトロっとした食感も良いですね音譜


☆ むささび食堂 ☆




『 牛肉と野菜のマレーシア風の炒め物 』


綺麗なサシの入った牛肉と、緑と赤のピーマン、玉葱、パイナップルを一緒に炒めています。

カレー風味のトロミの付いたソースが絡みます。さっちゃみそ(後日、ネットで調べてみましたが見つけられませんでした)という味噌を合わせているそうです。


どことなく東南アジアの屋台を思わせるような料理ですが、これまでのコースの流れから良い意味で新鮮です。

しかも、上品な味付けで洗練された印象を受けます。


☆ むささび食堂 ☆




『 芝海老のチリソース煮 』


この鮮やかなソースの照りがたまりません(^∇^)

辛い中に、豊かなコクと旨みを纏ったソースです。

☆ むささび食堂 ☆



『 汁そば 』


スープは、干し貝柱と鶏ガラの風味だけが感じられるようなシンプルな仕立てです。深い味わいです。

香りは細かく刻んだ葱とパクチーで、麺はもちもち感のある中麺です。

☆ むささび食堂 ☆



一緒に添えられている、ペッパーミルで黒胡椒を削ると・・・、

これまた、削りたてのブラックペッパーの香りが良く合いますね(^∇^)

おそらく、シンプルな仕立てだけど、しっかりと深い味わいのスープを取っているので、余計にそう感じられるんでしょうね音譜


☆ むささび食堂 ☆          ☆ むささび食堂 ☆



  

『 果肉入り杏仁豆腐と抹茶テリーヌ 』


デザートとお茶菓子が同時に出た感じですね(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



ひんやり冷えたシロップの中に、つるんとした杏仁豆腐とマンゴー、パイナップル、メロンが浮かんでいます。

スプーンで掬って頂きます。

彩りが綺麗で、水貝を掬って食べるような楽しさがあります音譜

☆ むささび食堂 ☆



お店の名物商品らしい、お土産販売も受け付けている、抹茶のテリーヌ。

抹茶の風味が濃厚なのは言うまでもなく、中身がきっちり詰まっていて、しっとりしています。

☆ むささび食堂 ☆



烏龍茶のポットサービス。


☆ むささび食堂 ☆



奇をてらうことはなく、料理そのものの味としての完成度の高さが覗える、古典的で正統派な広東料理でした。

夜のメニューも拝見させて頂きましたが、2~3人でシェアする量のアラカルトが豊富で、鮑やフカヒレ、伊勢海老や神戸牛など、高価な食材を活用していますが、価格帯はリーズナブルに抑えられているような感じを受けます。

今日、ランチに訪れて料理のクオリティーの高さは間違いないと思うので、夜にも一度訪れてみたい(本気モードの北京ダックやフカヒレスープも味わいたいので )と思います。


お店を出て、施設内を散歩します。


☆ むささび食堂 ☆



複合施設、アメニティ江坂内の公園。

以前のテーマ型レストランのカーニバルプラザでは広大な敷地を利用した駐車場スペースだったと思います。

ずいぶん綺麗になりました。

☆ むささび食堂 ☆



施設内のテニスコート。

☆ むささび食堂 ☆




ちらほらと落ち葉が芝生の表面を覆い始めていますが、今年は温暖なせいか、都会ではまだまだ完熟な紅葉もみじではありませんね。

☆ むささび食堂 ☆



ただ、正午過ぎにも関わらず、日が傾くのは早くなったようで、影が長くなりましたね。

真ん中に写っている影は、カメラを構えて撮影している私です。

昼間からお酒が飲みたくて、シェーカーを振っているのではありません(笑)。


☆ むささび食堂 ☆



【 翠園 】


住所 : 大阪府吹田市茅野町13番45号(アメニティ江坂内) 地図  


電話 : 06-6386-2750


ホームページ : http://www.amenity-esaka.com/suien/


営業時間 : ランチ 11:30~14:30(LO) ディナー 17:00~21:00(LO)         


休日 : 12月30日~1月1日


ブレのない安定感のある広東料理。ホテルプラザ時代から料理長を務めていた田口総料理長として、以前と変わらぬ味を守っているようです。

料理だけでなく、サービスレベルも高く、商品知識が豊富で、身のこなしが洗練されていながら、フレンドリーでアットホームな感じです。


当時、味のプラザと言われた、プラザホテルの広東料理のメインレストラン。
10年程前にホテルは閉店しましたが、今回の翠園さんのように、本当に良い物は場所を移転して引き継がれたり、

あるいはリーガロイヤルにあった王府の海老チリソースの味が、王府で勤めていた料理人の手によって福島のみわ亭に残っているように、

人の手によって受け継がれていくのだなと思いました。


今回のブログの表題はそんな思いを込めて付けました。




帆立の炒め物に使われていた醤が気になる・・・

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


2010.12.09 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。