グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

2月の半ば頃、深夜から激しく雪が降り積もった日がありました。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


休日の早朝、目を覚ますと、ご覧のような雪景色です 雪

都会の中では、珍しい真っ白な世界です。


正午前になって、雪が降り止んだようなので、カメラを持って、自宅周辺をお散歩します音譜


☆ むささび食堂 ☆






家の近所の駐車場。

小さな子供達が、せっせと車の雪かき。


☆ むささび食堂 ☆





家の近所のゴミステーション。






☆ むささび食堂 ☆





葉牡丹の上にも雪が敷き積もっています雪の結晶


☆ むささび食堂 ☆







氷の結晶が美しいです。

カメラのレンズを通してでないと、見れない美しい世界です。


☆ むささび食堂 ☆






フラワーショップ前の、可愛らしい雪だるま。

お花の似合う、オシャレさんな雪だるまです雪だるま


☆ むささび食堂 ☆





北摂へ引っ越して来て驚いたのは、自宅の周辺を歩いていると、街の至る所に、雪だるまがあること。

この辺りは、豪雪地域ではないので、翌朝になると、おそらく溶けてしまっているでしょう。


今日一日だけの、白くて小さな妖精と共生した、都市風景が広がります。

☆ むささび食堂 ☆






豊中市内を北上すると、いきなり視界が開けます。


片道4車線の中国自動車道。豊中~神戸間、そして豊中~岡山間を繋ぐ主要な国道です。

頭上には、モノレールが走っています。


☆ むささび食堂 ☆






これから、以前に関西の超人気ブロガーの方の記事 を読んで、気になっていた、

大衆中華食堂のお店、『 南蛮亭 』 に向かいます。


☆ むささび食堂 ☆





こちらが、その南蛮亭。

六角形の形をした、建物の周囲に、席が空くのを立ちながら待っているお客さんが

びっしり張り付いている状況。

最初、なにかの取材中なのかな・・・と思いました。


☆ むささび食堂 ☆





おめでたい!?(笑) 交互に吊るされた、紅白の提灯。


☆ むささび食堂 ☆





先程も申し上げた、六角形の形をした店内は、奥の3辺に厨房が張り付いていて、

それを手前の3辺から取囲むように、客席が配されています。


なので、厨房内の様子が全て見渡せることができる、フルオープンのキッチンスタジアム状態。


ガスレンジの炎や、熱が伝わり、ライブ感がバリバリです。


メニューは、こちらだけ。

幅広く取り揃えているのではなく、かなり絞り込まれていて、ウリが明確。

潔いですねリス


☆ むささび食堂 ☆




卓上に置かれている、紅生姜バイキング音譜 好きなだけ食べ放題リス


☆ むささび食堂 ☆





この人が、お店の大将だと思われますが、先程から見受ける、

料理の手際良さにびっくり!!


お店のメニューをほとんど全て、こなしておられるのですが、動きに無駄がなく、

見ていて爽快です。


ランチタイムのピーク時間帯のなか、各テーブルに次々と出来上がった料理が並べられています。

  ☆ むささび食堂 ☆





ランチビールを注文。(500円)ビール


私は普段、お昼間にあまりお酒を飲まないのですが、雰囲気に呑まれて、食指が伸びました。
注文した料理は、焼きそばに餃子、焼き飯、白ラーメン・・・どれもビールに合う料理でしょ!?リス


☆ むささび食堂 ☆




焼きそば (550円)。
中華の定番、五目焼そばです。

ニラ、キャベツ、もやし、木耳・・・お野菜も定番。


☆ むささび食堂 ☆




シンプルだけど、とても美味しいです。

しっかり味付けされた塩味が利いていて、ビールに良く合います。

麺もふっくらしていながら、所々にパリっと感もあって、良い感じですね。

何度も口に運びたくなる、安心感のある旨さですリス


☆ むささび食堂 ☆





餃子(250円)。

こちらも、焼き目のパリパリ感が良いですね。

薄めの皮に包まれた餡は、ミンチに適度な食感が残されていて素材感が出ていますね。

下味もしっかりめなので、こちらもビールに良く合います。


☆ むささび食堂 ☆






焼き飯(500円)。
こちらもスタイル、入ってちる具材ともに、定番的な安心感。

ノスタルジックな気分でしょうか・・・最近、奇をてらっていない料理に、既視感に近い心地をすることがあります。


☆ むささび食堂 ☆





ご飯は適度に水分が飛ばされていて、パラパラ。
このパラパラ感に火力の使い方のレベルの高さが感じられます。

細かく刻まれた、チャーシューからも塩味が出ていて、良い塩梅ですね。


あ~、ビールをもう1杯飲みたい・・・。リス


☆ むささび食堂 ☆




白ラーメン(480円)。

白湯(パイタン)スープに豚骨の合わせ、少し味噌も入っているのでしょうか。


見た目よりもすっきりしたスープです。


トロトロ柔らかな、チャーシューも美味しいですね。

アテになります。

もやしのシャキシャキ感も良いですね。





☆ むささび食堂 ☆




チャーシューもラーメンの中に入っていましたし、実質、今回食べなかったのは、

鶏の唐揚げだけだと思います。


どれも安定感ある味わいで、安心して頂くことができます。

個人的には、塩焼きそばがとても気に入ってしまい、それだけでリピートしたくなります。


全体的には、塩はしっかりめに味を付けられているので、ビールに良く合う味だと思います。


そういう意味では、締めに利用する都会の中の中華飯店的な印象を受けます。

でもあえて、住宅街に囲まれたこの地域に、南蛮亭さんのような、


・ メニュー数は絞り込まれているけれども、ウリが分かりやすくて、選びやすい。

・ どれもが安心感のある美味しさ。

・ 休日のお昼に食事をしながらビール が飲みたくなる憩いの場所


とても使いやすくて、重宝するお店を見つけましたリス



【 南ばん亭 】


住所 : 大阪府豊中市桜の町 2-2-5 地図  


電話 : 06-6853-8300 


営業時間 : ランチ 11:30~14:30  ディナー 18:00~翌1:00


定休日 : 木曜日(祝日の場合は営業)


行列必至な地元の人気店。

記事にも、何度も書きましたが、安定感のある美味しさが魅力です。


近所でないと、車がないと少し不便かもしれませんが、

週末に普段使いできる良いお店ですね。リス






普段控えているので、たまにはビールも良いですよねリス むささび太郎にクリック

にほんブログ村                   ブロぐるめ


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2011.03.11 / Top↑

京都伏見の清和荘に訪れたあと、京都四条烏丸へ立ち寄ります。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


昨年(2010年)の11月に開業したばかりの商業施設 『 ラクエ四条烏丸 』 です。


☆ むささび食堂 ☆


早朝から訪れた、


京都大原の朝市

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10815504198.html


お食事処 はんじの朝食、玉子かけめし

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10816811295.html


京都大原の散策と、辻しば漬本舗

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10817809453.html


京都大原の天然素材を使った、無添加ドレッシング。手作りぽん酢とドレッシング工房 志野

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10821037438.html


京都伏見の料理旅館。名物の鯖の姿寿司とわらび餅

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10821888212.html




こちらの商業施設は、銀行や証券会社など、古くから金融関係の会社が立ち並ぶ、

オフィス街の中に位置します。

周辺に勤務する、20代後半以上の働く女性を、主要なターゲットとした、衣料品や雑貨、

食料品などを取り揃えているそうです。


☆ むささび食堂 ☆




その地下に店舗を構える、『 蜂蜜家 かねいち 』 。

国産蜂蜜を中心に、直接現地の養蜂家から蜂蜜を仕入れている、昭和5年創業の、

金市商店が展開する、蜂蜜の専門店です。


☆ むささび食堂 ☆




洗練された商業施設の地下に佇む、京町家の仮想空間。


☆ むささび食堂 ☆





様々な植物から採取された、国産蜂蜜を中心に、幅広い商品が展示されています。


☆ むささび食堂 ☆





その蜂蜜から作った、蜂蜜ジャムやクッキーなど、加工品も充実しています。


☆ むささび食堂 ☆





こちらは、香水の容器のようなものに入った、色々な蜂蜜。

全て、試食ができます。


☆ むささび食堂 ☆





飲む用の蜂蜜を薄めた、ドリンクが差し出されます。

飲む用って・・・用途に応じた、多様な商品があるんですねリス


☆ むささび食堂 ☆




最もポピュラーな、“ あかしあ蜂蜜 350g” (3,150円)を購入します。

蜂蜜を購入すると、別料金で可愛らしい風呂敷に蜂蜜を包んでくれます。


色とりどりの種類があって、好きな柄を選ぶことができます。


☆ むささび食堂 ☆





かなりピントがブレてしまいましたが、こちらがその風呂敷。

淡いピンクの下地に白色の水玉。


裏面は、淡い黄色に白色の水玉のリバーシブル。

料金を忘れてしまいましたが、かなりお得な買い物だと思います。

☆ むささび食堂 ☆





あかしあの蜂蜜。

香りも控えめで、ソフトですっきりした味わいです。


淡い色合いも綺麗ですね。


蜂蜜特有の喉を通った時の咳き込むような感じが全くないので、そのまま食べても美味しいです。


クセもないので、どのお料理にも合わせやすそうですね。


☆ むささび食堂 ☆





表面にザラメを覆ったクッキーと、温かい蜂蜜のお湯割りが振舞われます。

☆ むささび食堂 ☆




【 蜂蜜家 京都かねいち 】


住所 : 京都府京都市下京区四条通室町 ラクエ四条烏丸B1

      * 地図が表示されませんでした。

        下のホームページをご覧になって下さい。

電話 : 075-221-3455


ホームページ : http://www.miel-mie.com/  


営業時間 : 11:00~21:00


京都で創業80年の老舗のかねいち商店が、プロデュースする、

蜂蜜専門のセレクトショップ。


国産品のみならず、輸入品も含め、こんなに多種多様な種類の蜂蜜や、

蜂蜜で造った製品があることに驚かされます。






今回の記事、写真がブレブレでご免なさいリス むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★



京都市内をぶらぶら歩きついでに、立ち寄って、お家用、あるいは、お土産用に

買って帰るのも悪くないと思います。




2011.03.08 / Top↑

午前中、京都大原に訪れた後、数日前に予約をしておいた、『 清和荘の鯖の姿寿司 』 を引き取りに、

京都伏見に向かいます。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


早朝から訪れた、京都大原の記事です↓


京都大原の朝市

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10815504198.html


お食事処 はんじの朝食、玉子かけめし

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10816811295.html


京都大原の散策と、辻しば漬本舗

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10817809453.html


京都大原の天然素材を使った、無添加ドレッシング。手作りぽん酢とドレッシング工房 志野

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10821037438.html



京阪電車に乗って、墨染駅へ。


☆ むささび食堂 ☆



墨染駅を下車すると、“すみぞめばし”を渡り、住宅街に挟まれた、ローカルな雰囲気の通りを西へ向かいます。
私のオレンジ色のカバンの中には、今朝大原でゲットしたお餅に、地野菜、

志野さんのドレッシングなど、ぎっしり詰まっていますリス


☆ むささび食堂 ☆





橋を渡って、歩くこと7、8分程度。

京都伏見の料理旅館、『 清和荘 』 へ。


☆ むささび食堂 ☆





こちらが、清和荘のお玄関。


☆ むささび食堂 ☆





清和荘の玄関脇には、“ 近藤勇の遭難後の碑 ”が。
幕末の慶応3年(1867年)、京都伏見奉行所に陣を移した、新鮮組 隊長の近藤勇は、

この辺りで狙撃されたそうです。


☆ むささび食堂 ☆




玄関の門をくぐって、旅館の建物の前に建つと、仲居さんがお出迎え。

事前に予約しておいた、鯖寿司を引き取りに来たことをお伝えすると、丁寧にも、
洋間の客室に通されます。


お寿司を1本取りに来ただけなのに、大変至極ですリス汗


☆ むささび食堂 ☆





客間でしばらく待機していると、なんと清和荘名物の和菓子 “ わらび餅 ” と、

温かいほうじ茶が振舞われます。


☆ むささび食堂 ☆





このわらび餅、とっても美味しいです。

わらび粉の瑞々しくて、ぷるぷるした食感。

黒砂糖の上品な優しい甘み。

周囲にまぶされた、きな粉の香ばしい香り。


そして、ニッキの薫りが、とても良く合っていて、洗練された和菓子に仕上がっています。

ニッキとは、シナモンのこと。

京都では、シナモンをニッキと呼ぶそうです。


京都では、和菓子に良くニッキを使用するそうです。その代表例が、京都の銘菓、八つ橋。

私は、八つ橋のあの優しい香りと甘みが大好きですが、この清和荘さんのわらび餅も、

とっても気に入ってしまいました。


お家用に1箱、購入しました。リス音譜


☆ むささび食堂 ☆




そして、美味しいわらび餅を頂いている間に、鯖の姿寿司の入った、お土産用の紙袋。


清和荘の敷地内に、現在でも湧き出ている、京都伏見の名水の1つ、“ 清和の井 ”。


☆ むささび食堂 ☆





その清和の井は、こちらです↓  ( ⇒ 写真を拡大します)


☆ むささび食堂 ☆





豊かな量の水がコンコンと湧き出ており、つくばいから溢れております。

すごい水量です。


なんか、もったいない気がしますねリス汗


☆ むささび食堂 ☆




こんなにも、おびただしい水量の伏見の名水が街中で・・・ほんまに!?
と疑ってみたくなりますが、


こちらの写真が、その証明。

備えられている紙コップで、試飲することができます。


ほのかな甘さと、後口がスッキリした味わい。極端に冷たくないので、飲みやすいです。


☆ むささび食堂 ☆






先程の、わらび餅も、この清和に井の名水を使って、わらび粉と黒砂糖を練り上げて作るそうです。

美味しいお水で作られた、瑞々しいわらび餅。


とっても、贅沢ですねリス


☆ むささび食堂 ☆






家で頂く場合には、長時間冷蔵庫に入れておくと、表面が少し硬くなってしまうので、

なるべく、早目に頂きましょう音譜


☆ むささび食堂 ☆





そして、今回持ち帰った、清和荘のもう1つの名物、鯖の姿寿司。

古くからのファンが多数いる、鯖の姿寿司です。ここ以外の鯖寿司は食べられないと、

おっしゃる常連さんもいるとか・・・。


丁寧に、竹の皮に包まれて、包装されています。


☆ むささび食堂 ☆



竹の皮の包装を解くと、
ぶ厚めの白板昆布に包まれております。昆布の香りが室内に広がります。


その白板昆布を剥がして、サバがお目見え。


切り込みは一切入っておらず、丸のまま1本です。


鯖は酢によく馴染んで、乳白色。肉厚でとっても脂がよく乗っていますね。


下のご飯とも良く馴染んでいて、旨みが抜群です!!


☆ むささび食堂 ☆






そして、特筆すべきは、酢めしの美味しさ。

餅米の入った、もっちりした食感と、爽やかな酢の香りがフルーティーで爽やかです。

さらに、ご飯の硬さが絶妙です。

私は良くご飯を上から押しすぎて、もさもさした食感の鯖寿司は、あまり好きではありません。


清和荘さんの鯖寿司は、押し潰したような感じは全くなくて、米の間に含まれている、余分な空気だけを抜いて

いるので、とても食べやすいです。


そして、鯖に付いてですが、まる1晩~2晩かけて、酢に馴染ませるそうです。

なので、当日に購入することは不可能なので、今回の私のように、

3日前から予約注文する必要があります。


ちょうど、その一日半から2日目がちょうど良い塩梅に熟れて、食べ頃だそうです。


☆ むささび食堂 ☆






話が清和荘に訪れた時点に戻ります。

清和の井の名水を頂いたあと、敷地内のお庭を、自由に見学させて頂けるそうです。

きっと、私がデジイチカメラを持っていたので、配慮して頂いたのだと思います。

嬉しいお気遣いですねリス


☆ むささび食堂 ☆






宿泊施設として利用されている客間。

数奇屋造り。

☆ むささび食堂 ☆






小さな池のある庭園です。


☆ むささび食堂 ☆





池の中にある、苔の覆われた噴水。

青々として綺麗ですね。

☆ むささび食堂 ☆





竹の門扉越しに見る、樹木の山吹色が綺麗です。

☆ むささび食堂 ☆





半日を掛けて回った、京都大原と伏見。

ちょっとした、大人の遠足気分で満喫しました。

現在の時刻は、午後2時頃です。早朝から行動していたためか、気分が夕刻気分です。


これから大阪に帰る前に、少し京都市内に立ち寄ってみたいと思います。


☆ むささび食堂 ☆





【 料亭旅館 清和荘 】


住所 : 京都府京都市伏見区深草越後屋敷 8番地 地図  


電話 : 075-641-6238


ホームページ : http://www.seiwasou.com/  



営業時間 : 11:00~22:00


定休日 : 月曜日(祝日の場合は、火曜日) 12/30~1/2 , お盆休み3日

鯖の姿寿司とわらび餅に定評ある、歴史ある料理旅館。

期待していた以上に、美味しかったです。


また、春は地元で収穫された筍尽くしの料理、夏にはそうめん流しなど、

四季折々の趣向を凝らしたイベントやお料理も興味深いです。







清和の井のお水を汲む写真、ちゃんと紙コップに

お水が入っていない・・・むささび太郎にクリック汗

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


2011.03.07 / Top↑

辻しば漬本舗を後にし、最後に一軒立ち寄りたいお店があるので、そちらへ向かいます。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


今回の記事の前に、早朝から散策した、京都大原の記事です↓


京都大原の朝市

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10815504198.html


お食事処 はんじの朝食、玉子かけめし

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10816811295.html


京都大原の散策と、辻しば漬本舗

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10817809453.html




気になる一軒とは、手作りぽん酢とドレッシングの専門店、『 味工房 志野 』 。

京都大原で、地元の材料をふんだんに使った、無添加のドレッシングを販売しているそうです。

味も非常に評価が高く、とっても美味しいとか!!


今回、京都大原に訪れる前から、気になっていました。


道中、民家の前のタヌキの置き物。

真っ黒な、まん丸の目が愛くるしいですねラブラブ


☆ むささび食堂 ☆





染物屋さんもあります。


☆ むささび食堂 ☆




伝統色に染め上げられた、布地が干されています。


☆ むささび食堂 ☆





染物に使用されている材料は、全て天然素材。


☆ むささび食堂 ☆





先程の染物屋さんから、さらに500m程度歩いて、『 志野 』 に到着。


☆ むささび食堂 ☆




お店の入口。

店頭では、つき立てのお餅や、大原の地野菜を購入することができます。


☆ むささび食堂 ☆





京野菜が豊富です。

九条ねぎ、小かぶら、金時人参、ほうれん草。


☆ むささび食堂 ☆





大根大根


☆ むささび食堂 ☆





堀川ごぼう。少し小ぶりな可愛らしい堀川牛蒡。

お家ご飯に最適な大きさですね音譜


☆ むささび食堂 ☆




里芋。

京都といえば、海老芋の存在感が圧倒的に大きいですが、この時期の京芋も美味しいですね!!


☆ むささび食堂 ☆




志野さんは、元々はとんかつ屋のお店だったそうです。

そちらの付け野菜と一緒に提供していたのが、ドレッシング。


ドレッシングの専門店になってからは、20年になるそうです。


地元の柚子を使った、ぽん酢。


☆ むささび食堂 ☆






バリエーション豊かなドレッシング。

店頭がカラフルで綺麗です。


オーソドックスな醤油ベースの玉葱ドレッシングに、柚子大根、赤しそ、しば漬け・・・

パプリカを使ったドレッシングまであります。


ドレッシングは全て、店内で野菜と一緒に味見をすることが可能です。


☆ むささび食堂 ☆





一通り、味見をしてみましたが、どれもコクと旨みがしっかりあって、美味しいです。

風味もしっかりしているので、少量だけで十分に野菜が美味しいので、

お得かもしれませんねリス



どれも、本当に美味しくて、全て買って帰っちゃおう、という勢いですが、

保存料や着色料を一切使用していない、無添加ドレッシングなので、日持ちが短いです。


なので、今回はこちらの2種類を購入しました。


  ☆ むささび食堂 ☆



『 たまねぎドレッシング 』

志野さんで、最もオーソドックスなドレッシング。

お醤油ベースで、深いコクと旨みがあります。

こちらを、ほんの少し振り掛けるだけで、いくらでもお野菜が食べたくなるのが、不思議です。

ベースドレッシングとして、何かを加えて、オリジナルなドレッシングを作る際にも、

合わせやすいお味だと思います。



『 柚子胡椒ドレッシング 』

爽やかな柚子の香りと、和スパイシーな胡椒の香りがたまりませんねリス

お野菜だけでなく、鶏の唐揚げにも良く合います。



志野さんのホームページなどで、通信販売でもドレッシングを購入することが可能なようです。

そちらを利用して、今回買って帰れなかった、色々なドレッシングを食べてみたいと思います。



志野さんを訪れた後、バスに乗り込んで、京都市内に戻ります。

時刻は、ちょうど正午前。


これから、京阪三条まで行ってから、京都伏見にある、『 清和荘 』 という料理旅館の、

“ 鯖の姿寿司 ” を引き取りに行きます。

事前に、予約注文しておりました。


バスバス は鴨川沿いを走ります。

途中、反対車線の道路で、地元の女子中学生の駅伝が催されているらしく、

数分程度の交通規制がかかります。


バスの車窓から撮った、駅伝の風景。

走者と、道路脇で応援する人々。


☆ むささび食堂 ☆





交錯して、競い合う選手。

みんな凄く速い!! 迫力があります。


☆ むささび食堂 ☆




ちょうど、私が乗っているバスの50m程度先が、交差点になっていて、選手は一斉に左折します。

さらに、その左折した先が、ゴールフラッグになっているそうです。


道理で、どの選手も走るのが速いです。


みんな、ラストスパートをかけていたんですね!!


とても、良い場所で、良いタイミングに恵まれました音譜




☆ むささび食堂 ☆




思いもかけない、バスの中のちょっとした余興音譜
束の間、楽しんだあと、これから京都伏見を訪れますリス


☆ むささび食堂 ☆





【 志野 】


住所 : 京都府京都市左京区大原大長瀬町 318 地図  


電話 : 075-744-2141


ホームページ : http://www.sino.co.jp/  


営業時間 : 10:00~18:00

        

定休日 : 年中無休


記事でご紹介させて頂きましたので、付け加える点はありませんが、

イチオシの美味しさです。

昔ながらの濃厚な味わいのドレッシングですね。


種類が豊富で、商品特性やネーミングについても、どれも興味をそそられるものが目白押しです。






食べ歩きを初めて、今回の記事のタヌキ君に、

体形が似てきた、小太りむささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


2011.03.06 / Top↑

山間には、まだ靄(もや)がかかってますが、陽が昇って来て、大分暖かくなってきました。


京都大原の朝市の記事はこちらです。

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10815504198.html


お食事処 はんじの、卵かけめしはこちらです。
  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10816811295.html



  ☆ むささび食堂 ☆




卵かけ飯のお店、はんじで朝食を摂っている時に、同席した地元の方から、“ 旅館 大原の里 ”で、

温泉や足湯を頂くことができるとお伺いしました。

ちょうど、早朝からマイナス2℃の外気に触れて、体の芯まで冷えていたので、とっても魅惑的リス音譜


これから、大原温泉に朝風呂へ入りに行って来ますリス

☆ むささび食堂 ☆






自然遊歩道にも指定されている、民家の中の長閑な通り。


☆ むささび食堂 ☆






その道路に隣接した、民家。

☆ むささび食堂 ☆





道路の両脇には、広大な田畑が広がっており、視界が開けています。
1つ1つの家屋と敷地も、都会では考えられないような大きさです。

☆ むささび食堂 ☆






雪の中からひょっこり飛び出している、刈り取られた後の稲。

☆ むささび食堂 ☆





火の用心。炎

☆ むささび食堂 ☆





簡易的な、消防施設の脇に置かれている、消防器具を収納している、ロッカーです。

☆ むささび食堂 ☆





大原の椎茸農園さんの郵便受けポスト。

☆ むささび食堂 ☆





大分、大原温泉に近付いて来ました。


民家の屋根に敷き積もる雪。


☆ むささび食堂 ☆





雪が解けて、民家のお庭の草木には、雫が滴り落ちています。

☆ むささび食堂 ☆




旅館、“大原の里”に到着して、温泉に入ろうとした所・・・・、

運悪く、団体ツアーの方の入浴と時間が重なってしまって、利用することができませんでしたリス汗


現在の時刻は、午前9時30分頃。

団体ツアーの方の入浴が終わるまで待ってみようとも思いましたが、浴場の清掃が入り、

一般利用できるのは、正午を回ってからとのこと。


仕方なく、諦めましたリス




旅館 大原の里の近くにあった、民家です。



☆ むささび食堂 ☆




その民家の屋根。

太陽が昇って来て、大分雪がシャーベ状になってきました。

雪解けの水が流れる音が心地良いです音譜


☆ むささび食堂 ☆





民家のお庭の南天です。


☆ むささび食堂 ☆





もと来た道を引き返します。
早朝、京都市内から出ているバスに乗って、大原に向かい、下車した、

“野村別れ”の停留所の側にある、地元のお漬物屋さん、『 辻しば漬本舗 』。

京都大原では、かなり有名なお漬物屋さんの老舗です。


店頭通りに、大原で収穫された紫蘇を使った、柴漬けが主力商品です。


☆ むささび食堂 ☆





店内の様子。


☆ むささび食堂 ☆






柴漬けだけではなく、様々な京漬物が販売されています。


☆ むささび食堂 ☆






こちらが、お店の名物、“ 大原御幸 ” 893円。

梅酢で漬け込んだ赤紫蘇に、みょうがと胡瓜を一緒に入れて、樽漬けしたもの。


こちらを、そのまま食べると・・・とっても酸っぱい!!

普段一般的に食べられている柴漬けは、調味料などで味を調えられていますが、

こちらはそうした調味料が全く加えられておりません。


まず紫蘇本来の香りを楽しみ、あとは自分好みに醤油や味醂を加えて頂くようです。


☆ むささび食堂 ☆





店内に張られている、大原女まつりのポスター。

5月半ばに、大原女の姿をした地元の女性が、列をなして、里山を歩くそうです。
これは是非、見に行きたいですね。

5月の祭りの時期に、大原で再訪したいと思います。


☆ むささび食堂 ☆



【 辻しば漬本舗 】


住所 : 京都府京都市左京区上野町 483 地図  


電話 : 075-744-2839


ホームページ : http://www.tsujishiba.com/  


営業時間 : 8:30~17:00

        

定休日 : 年中無休


自社ファームで生産する紫蘇を塩だけで漬け込んで、乳酸発酵させた、大原の柴漬け。

自然派のお漬物は、発色も不自然な明るさはなく、天然色です。

早春の菜の花漬けも、とても美味しいそうです。


京都市内から市バスで40分程度。停留所の大原野村別れ駅の前に店舗があります。




2011.03.05 / Top↑

毎日曜日のみ開催される、京都大原の朝市を訪れたあと、里内を散策します。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



京都大原の朝市の記事はこちらです。

  ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10815504198.html


その前に、朝食を摂りたいと思います。

始発の電車を目指して、まだ空が真っ暗な早朝5時に家を出て、訪れた京都大原。


お腹が減りましたリス



訪れたのは、里の駅 大原の近くにある、『 お食事処 はんじ 』 。

卵かけご飯が有名な、地元の方が通う、気軽なお店です。


☆ むささび食堂 ☆




使用している卵は、大原の地玉子。

11時~の開店ということで、支度中。(現在の時刻は、8時30分頃。)



☆ むささび食堂 ☆




お店が開店する11時までは、店内で食事をすることができませんが、お店の建物に隣接した、

こちらでは、食事をすることができます。


ただし、

・ 立ち喰い卵かけめし

・ 今流行りのビニシー(ビニールシート) 店舗です。


☆ むささび食堂 ☆






元々は店舗の離れの倉庫としてりようされていたのでしょうか!?

地元で生産された、天然はちみつと、有精卵の地玉子が販売されています。

☆ むささび食堂 ☆




簾(すだれ)と、ビニールシートの2重構造(笑汗)の扉を押し分けて、

店内に体を滑り込ませると、食事をするためのテーブルがちゃんど置かれているではありませんか!?


ビニシー店舗ですが、“ 立ち喰い ”ではなかったようです。

気分的に、一気に快適度がUPします 矢印リス


もちろん、他のお客様が訪れると、相席必至。

☆ むささび食堂 ☆





こちらの絵にそっくりな、優しいお母さんが応対してくれます。

いかにも温かみのある、地元のお母さんといった雰囲気の方です。


☆ むささび食堂 ☆





店内に、吊り下げられている、綿花のドライフラワー。


☆ むささび食堂 ☆





真っ白な湯気hが立ち上る、お味噌汁の入った、大きなお鍋が、つい先程まで厳寒の中を

歩いて来たことを忘れさせ、温かな心地にさせてくれます。

  ☆ むささび食堂 ☆





こちらが、『 卵かけめしセット 』 (500円)

卵かけご飯に、おかずが3菜、お味噌汁とお漬物が付きます。


元々が、地元の食材の良さを知ってもらおうと、お店を始めたそうで、

使っている材料は、全て地元で採れたものだそうです。


☆ むささび食堂 ☆





卵黄がオレンジ色で、濃厚な大原の地玉子。

箸で軽く押して、潰すと、ねっとりとご飯に絡んで、密度が高い半熟卵を食べているように、

味がとても濃いです。

あまりに味が濃厚なので、卓上には醤油や調味料は一切用意されておらず、

あらかじめ、ご飯の上に掛け回された醤油だけで、十分に頂けます。


☆ むささび食堂 ☆






『 畑菜と京薄揚げの胡麻浸し 』


柔らかい畑菜と、表面を軽く炙った薄揚げを、胡麻で軽く和えた、優しいお味です。


☆ むささび食堂 ☆





『 ひじきと白大豆 』


大豆が甘いですね。ひじきも柔らかくて、味付けも上品ですねリス


☆ むささび食堂 ☆





『 紅白なます 』


しんなりした、大根と人参、昆布。

さっぱりして、爽やかです。

甘酢は、甘過ぎず、酸っぱ過ぎず、ちょうど良い塩梅です音譜


☆ むささび食堂 ☆





お漬物は、大根の沢庵と、椎茸と昆布の佃煮です。

椎茸がとっても肉厚で美味しいです。


☆ むささび食堂 ☆







根菜など、色々な具材の入った、味噌汁です。

お出汁が利いていて、温まりますね~Э 

生のお葱も柔らかくて、香りが良いです。リス


☆ むささび食堂 ☆




火鉢の上に置かれている、やかんケトル
 (⇒ 写真を拡大しますカメラ


☆ むささび食堂 ☆





シュッシュッという音とともに、やかんの口から湯気が絶え間なく、立ち上ります。


☆ むささび食堂 ☆





小ぢんまりとした、ビニールシートの店内は、暖房設備は全くありませんが、

この火鉢や、やかんからの暖気だけで、十分に温かいです。


寝袋があれば、これだけで一晩ビニールシートの中で過ごせると、大げさでなく思います。


☆ むささび食堂 ☆




美味しくて、味わい深い、心が温まるような、朝ご飯、有難うございました。

これから、民家の里の中を歩きながら、大原温泉の方へ向かいます歩く


☆ むささび食堂 ☆




【 お食事処 はんじ 】


住所 : 京都府京都市左京区大原上野町557 地図  


電話 : 075-744-2954  


営業時間 : 11:00~15:30        


定休日 : 不定休。主に隔週の水曜日。


家屋の中での食事は、11:00~ですが、今回のように、ビニシースペースですと、

早朝でも、卵かけめしが頂けます。

個人的には、ビニシーも趣があって好きです(笑)。


また、要予約ですが、“地鶏のかしわのすき焼き”も人気があって、美味しいそうです。


大原の良さを多くの人に知って貰おうと始めたお店だけに、心が温まるおもてなしと、

ゆったりした時間を過ごす事ができます。










そろそろ梅の花が満開ですね。カメラを持って出かけたいです。(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★



2011.03.02 / Top↑

週末の休みを利用して、早朝の始発に乗って、京都大原へ遊びに行きました。


☆ むささび食堂 ☆


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



豊かな、山々の囲まれた、山里。

まだ辺りは薄暗いです。


☆ むささび食堂 ☆





この日の気温は、マイナス2℃。

周辺の田畑や、植物の葉が凍っています。雪の結晶


☆ むささび食堂 ☆





葉っぱが完全に凍りついた、大根。


☆ むささび食堂 ☆





凍りついた、落ち葉。


☆ むささび食堂 ☆





☆ むささび食堂 ☆





民家の植木もフリーズ・ド・リーフ状態で、辺り一帯が静寂した、氷の世界です雪の結晶

  ⇒ 凍りついた、葉に寄ってみます。カメラ


☆ むささび食堂 ☆




☆ むささび食堂 ☆





京都大原の野村別れのバス停から、歩いて、毎日曜日だけ開催される、朝市に足を運びます。


☆ むささび食堂 ☆




京都大原、ふれあい朝市の入口。


☆ むささび食堂 ☆





京都大原では、朝市が2ヶ所あります。

こちらは、規模が小さい朝市。

出店しているお店の数は少ないですが、地元の生活感が人情味が身近に感じられるような、温かい朝市です。






☆ むささび食堂 ☆






朝市の様子。

地元の食材や加工品だけでなく、手作り感ある工芸品が販売されています。


ここに訪れるまで、すれ違う人が少なくて、ぴんと張り詰めるような冷たい空気の中を歩いて来たので、

こうした人々が集まる場所へ身を置くだけで、体が温まりますリス


☆ むささび食堂 ☆





地元の猟師さんのブース。
野生のイノシシ肉のスープ。ふつふつと白い湯気が立ち上ります~Э


☆ むささび食堂 ☆




鹿の時雨煮(しぐれに)。

これが、以外に美味しかったです。GOOD。


牛肉よりも脂が少なくて、淡白です。


お肉の硬さや食感は、ちょうどまぐろを炊いたような感じに近いです。

ジビエ独特の臭みと生姜の薫りが、甘辛い味付けと良く合い、オツなお酒のアテになります。


☆ むささび食堂 ☆





地元のお米と小豆で作った、おはぎ。大原で暮らす人のおやつ音譜


☆ むささび食堂 ☆





『 大原 ふれあい朝市 』 を一通り見て回った後、そこから5分程度歩いた所にある、

『 大原の里 朝市 』 に向かいます歩く

こちらは、先程のふれあい朝市よりも、多くの生産者の方が出店しているそうで、

遠方から、大原の地野菜や、お漬物など地元の加工品を買いに訪れる方も多いそうです。


☆ むささび食堂 ☆

         





☆ むささび食堂 ☆






☆ むささび食堂 ☆




加工品や、食料品だけでなく、地元で作られた工芸品なども販売されています。



☆ むささび食堂 ☆





京都大原三千院に店舗を構える、『 志ば久 』のお漬物。

店頭に並べられている、お漬物は全て試食できるのですが、なかなか美味しかったです。


☆ むささび食堂 ☆





とくに、美味しかったのが、こちらの“長芋のワサビ漬け”。

サクっとした歯触りに、ツンとくるワサビの爽やかな薫りが絶妙でした。


☆ むささび食堂 ☆





左側から順に、“ 赤かぶ ” “ 朝掘り筍 ” “ 日野菜の糠漬け ”。

どれも、あっさりしていて、美味しかったです。


千枚蕪が品切れだったのが、残念汗


☆ むささび食堂 ☆            ☆ むささび食堂 ☆





朝市の会場に併設された、工房で作られる、つきたてのお餅。

これがまた、とっても美味しかったですリス


白もちは、風味が強く、お米の薫りが口の中に広がります。

もっちもっちした、食感も堪りませんね!!


よもぎもちのヨモギの薫りも、とても濃いですねリス


☆ むささび食堂 ☆





こちらが、そのお餅を作っている、工房です。

京都大原では、地元で収穫された紫蘇で作った柴漬けと、同じく、

地元のお米で作ったお餅が特産品だそうです。

☆ むささび食堂 ☆






朝市で販売されている、朝採れの地野菜。



すぐき菜。                                聖護院大根。


☆ むささび食堂 ☆           ☆ むささび食堂 ☆





大根。                                    赤大根。外側が赤くて、中は白いそうです。 


☆ むささび食堂 ☆            ☆ むささび食堂 ☆





サラダほうれん草。

茎と葉が柔らかくて、サラダに向いているそうです。

☆ むささび食堂 ☆





黒大根。こちらは珍しかったです。

 ( ⇒ 写真を拡大してみますね )


☆ むささび食堂 ☆




普通の大根に、土が付いていているのかと思いきや、外皮が黒色をしているそうです。

中は、普通の大根のように真っ白だそうです。

味わいは、京都の辛味大根のように、山葵のようなツンとくる辛さがあるそうです。

外側の黒色と、中心の白色のコントラストを生かして、輪切りにしてサラダなど、生食するそうです。

ちなみに、加熱をすると、黒い色は落ちてしまうそうです。


☆ むささび食堂 ☆




京都大原で捕れた、野生イノシシのぼたん鍋セット。

薄くスライスされて、すぐにお鍋の投入できそうです土鍋



大原地鶏の鶏鍋セットも鶏

☆ むささび食堂 ☆




京都北部の天橋立や若狭湾から運ばれてきた、海鮮類の串焼き。ギンナンの串焼き

その場で、網の上に載せて、焼きたてが頂きます。


現在の時刻は、午前7時頃で、氷点下の気温。

炭の近くにいると、とても温まりますぽかぽか


☆ むささび食堂 ☆





春の花を集めた、球根の寄せ植え。

ヒヤシンス、チューリップ、水仙などなど・・・。


どんな花々が咲くのか楽しみですねチューリップ赤

☆ むささび食堂 ☆




地元で作っているキムチのお店。

京都大原で暮らす、オモニが優しく、応対してくれます。

☆ むささび食堂 ☆




大根キムチと白菜キムチ。甘くて、あっさりめ。
個人的な好みとしては、もう少し辛さが欲しかったかな・・・。


☆ むささび食堂 ☆





漬け味噌、各種。胡麻味噌、柚子味噌、山椒味噌。

☆ むささび食堂 ☆





それぞれの、ディップ(漬け味噌)を、朝採れ胡瓜に付けて、味見ができます。

胡瓜が瑞々しくて、美味しかったリス


☆ むささび食堂 ☆






“ どんなにうまいか? ”の問い掛けに応じて、試食した、胡麻味噌。

味噌のコクと旨みがあって、とっても美味しくて、買って帰りました。


少量を野菜に漬けて頂きながら、お酒をちびりちびり呑む・・・格別なお酒のお供でした。リス

☆ むささび食堂 ☆




空に太陽が上がって来て、先程よりも少し暖かくなったような気がします。

ツーリングを楽しむ人や、里の外から訪れてきた人も増えて来ましたね。


さて、これから大原の里を散策したいと思いますリス


☆ むささび食堂 ☆





【 里の駅 大原、大原ふれあい朝市 】


住所 : 京都府京都市左京区大原野村町342 地図  


電話 : 075-744-4321


ホームページ : http://www.satonoeki-ohara.com/Home.html  


営業時間 : 6:00~10:00        


早朝6時からの屋外での出店は、毎週日曜日だけ。

9時からは、建物内の旬菜市場(農産物直売所)での営業に切り替わります。


出店しているお店の数と、地野菜や加工品などの品目では、里の駅 大原。


地元の方との対面販売の醍醐味や、ガレージのような建物の風情では、大原ふれあい朝市。

いずれも、徒歩で移動できる距離なので、両方回るのをお薦めします。




【 志ば久 】


住所 : 京都府京都市左京区大原勝林院町 58 地図  


電話 : 075-744-4893


ホームページ : http://www.shibakyu.jp/index.html  


営業時間 : 8:30~15:30  


定休日 : 年中無休      


京都大原三千院近くに店舗を構える、地元の野菜を使ったお漬物屋さん。

柴漬けは、大原の名産品です。

季節限定の、長芋の山葵漬けは、とても美味しかったです。


お土産にちょうど良いかもしれませんね。












次回は、京都大原の朝ごはんをレポートします。

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★



地元の方との対面販売の醍醐味や、ガレージのような建物の風情では、大原ふれあい朝市。

いずれも、徒歩で移動できる距離なので、両方回るのをお薦めします。

2011.03.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。