グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

スポーツ施設とブライダルの複合施設、アメニティ江坂内にある広東料理のお店 “ 翠園 ”へランチに行って来ました。

アメニティ江坂は、以前は赤レンガの倉庫を改築してテーマレストランとして一世を風靡したカーニバルプラザの跡地を利用した施設で、同敷地内にある、京都美山の食材を使ったフレンチ、カノビアーノ・アネックスにも今年の夏頃に訪れています。

まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



翠園は旧ホテルプラザに入っていた味のプラザの中国料理を担うレストランで、1999年に同ホテルが閉店後、こちらのアメニティ江坂に移転しました。

旧ホテルプラザ時代から引き続き、田口真一シェフが総料理長として翠園と隣りにある新創作料理 “ ル・ジャルダン ”の料理を統括しています。


☆ むささび食堂 ☆




カーニバルプラザ時代の赤レンガの壁を生かした建物です。


☆ むささび食堂 ☆




スチールの蜘蛛のような、近代的な美術館のような外観。


☆ むささび食堂 ☆




エントランスを入った所の広々とした、レセプションスペース。
ブライダル需要も取り込んだ施設だけに、空間がゆったりとして、贅沢です。

☆ むささび食堂 ☆




中庭には幾何学的なデザインで水が流れ落ちるプールがあります。


☆ むささび食堂 ☆




先程の中庭を翠園の店内から見た所です。

中庭を挟んで反対側は、ル・ジャルダンというレストランで、この日は結婚式の披露宴に使われていたようです。


☆ むささび食堂 ☆




天井は高くて開放感があります。

長い年月、活用されてきた味のある赤レンガと、コンクリートや金属製の現代的なマテリアルが巧く調和して、洗練されたリノベーション空間です。


☆ むささび食堂 ☆




テーブルのデコレーションは、色調のコントラストが高い、ビビッドな空間。
目線の高さの明るめの木で覆われた壁と良く合っていて、現代的な中国料理のお店の雰囲気を演出しています。


☆ むささび食堂 ☆



 

食事の後に散策しますが、窓から見えるアメニティ江坂の景観は植林に囲まれていて気持ちが良いです。

ちょうど紅葉の時期ですもみじ

   


☆ むささび食堂 ☆




総料理長 田口真一氏のもとで25年間修行をし、現在翠園の料理長を務める玉置弘之料理長推薦の特選ランチコースを注文します。



☆ むささび食堂 ☆



『 前菜盛合わせ 』


合鴨ロース、蒸し鶏、くらげの酢の物、帆立貝、蓮根と金華ハム。


☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆    合鴨ロースです。添えられている甜麺醤が甘辛くて、

   しっとりした鴨ロースに良く合います。
 













☆ むささび食堂 ☆

   スープの旨みを十分に吸い込んだ蒸し鶏。

   長時間蒸しているようで表面はトロリを柔らかいです。


   添えられているタレは海鮮醤(ハイセンジャン)といわれる

   調味料だそうです。

   名前の通り、干し海老などの海鮮から作られた醤だと

   思っていましたが(実際、魚介系の風味が感じられる

   醤でした)、魚介類は一切使用していないそうです。

   

   主原料は大豆で、胡麻やニンニク、唐辛子、砂糖などを

   合わせて発酵させたものだそうです。

   味わいは甜麺醤に似ていますが、より風味が濃厚な醤です。




☆ むささび食堂 ☆    葱の香りが高いテレに漬け込んだ、帆立貝。
   細かく切り目が入れられているので、中までタレの味が

   入っています。

   帆立貝はねっとり甘くて、美味しいです(^∇^)

   












☆ むささび食堂 ☆    蓮根と金華ハム、ザーサイ。
   蓮根のシャキシャキした歯触りが良いです。

   前菜の定番料理ですが、個々の素材の味付けが丁寧で

   見た目以上に手間が掛かっているのが覗えます。












 ☆ むささび食堂 ☆
   くらげの酢の物。

   跳ね返すようなこりこりとした弾力があり、

   素材の良さを感じます。

   味付けも、濃すぎず、頼りなくもなく・・・絶妙です(^∇^)











奇をてらわず、昔から馴染みのある広東料理の定番の前菜の組合せでしたが、厳選された素材を使って丁寧に調理し、細部まで気を配っているような上品さと繊細さを感じました。



『 北京ダック 』


一人6,300円のランチコースに組み込まれている北京ダックなので、アヒル丸ごとという訳にはいきませんが、

北京ダックの皮4枚分に包める量が付いています。


☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆




サービス係の方が、ワゴン上で取り分けて手際よく、北京ダックの皮に具材を包み込む作業をしてくれます。


☆ むささび食堂 ☆





白葱と胡瓜と一緒に包まれた、北京ダック。

アヒルの皮は、お肉が付いていないパリパリな薄皮タイプです。
甜麺醤が深い甘みと旨さを兼ね備えていて美味しいです。


☆ むささび食堂 ☆




『 蟹の入ったフカヒレスープ 』


不用心に口に運ぶと火傷しそうな位にアツアツです。

スープは干し貝柱などの海鮮系の旨みがギュッと詰まってます。塩味のバランスもすごく良くて、まさに古典的な料理でありながら正統派な味ですね(*^▽^*)

さらにスープのとろみが蟹身やふわふわの溶き玉子とよく絡みます。

フカヒレのスープという事ですが、フカヒレは多くは入ってません。でもそれは、ランチコース 6,300円に組み込まれた1品と考えると当然かもしれません。(^∇^)

☆ むささび食堂 ☆




『 帆立貝柱と季節野菜の炒め物 』


帆立貝にイカ。野菜は人参、しめじ、金針菜が入っています。


この炒め物が凄く美味しいです。あまりの美味しさに料理についてお伺いしたところ、コイシンジャンという甘酸っぱい味噌で炒めているそうです。

旨みは海鮮の乾物をピーナッツバターで戻したものと、干し海老によるものだそうです。

重奏的な複雑な味わいで、クセになりそうな美味しさです。

甘い帆立貝と、ハンペンのようにふわふわなイカには細かい切り込みが入れられていて、中までしっかりタレの旨みが入っています。

金針菜のトロっとした食感も良いですね音譜


☆ むささび食堂 ☆




『 牛肉と野菜のマレーシア風の炒め物 』


綺麗なサシの入った牛肉と、緑と赤のピーマン、玉葱、パイナップルを一緒に炒めています。

カレー風味のトロミの付いたソースが絡みます。さっちゃみそ(後日、ネットで調べてみましたが見つけられませんでした)という味噌を合わせているそうです。


どことなく東南アジアの屋台を思わせるような料理ですが、これまでのコースの流れから良い意味で新鮮です。

しかも、上品な味付けで洗練された印象を受けます。


☆ むささび食堂 ☆




『 芝海老のチリソース煮 』


この鮮やかなソースの照りがたまりません(^∇^)

辛い中に、豊かなコクと旨みを纏ったソースです。

☆ むささび食堂 ☆



『 汁そば 』


スープは、干し貝柱と鶏ガラの風味だけが感じられるようなシンプルな仕立てです。深い味わいです。

香りは細かく刻んだ葱とパクチーで、麺はもちもち感のある中麺です。

☆ むささび食堂 ☆



一緒に添えられている、ペッパーミルで黒胡椒を削ると・・・、

これまた、削りたてのブラックペッパーの香りが良く合いますね(^∇^)

おそらく、シンプルな仕立てだけど、しっかりと深い味わいのスープを取っているので、余計にそう感じられるんでしょうね音譜


☆ むささび食堂 ☆          ☆ むささび食堂 ☆



  

『 果肉入り杏仁豆腐と抹茶テリーヌ 』


デザートとお茶菓子が同時に出た感じですね(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



ひんやり冷えたシロップの中に、つるんとした杏仁豆腐とマンゴー、パイナップル、メロンが浮かんでいます。

スプーンで掬って頂きます。

彩りが綺麗で、水貝を掬って食べるような楽しさがあります音譜

☆ むささび食堂 ☆



お店の名物商品らしい、お土産販売も受け付けている、抹茶のテリーヌ。

抹茶の風味が濃厚なのは言うまでもなく、中身がきっちり詰まっていて、しっとりしています。

☆ むささび食堂 ☆



烏龍茶のポットサービス。


☆ むささび食堂 ☆



奇をてらうことはなく、料理そのものの味としての完成度の高さが覗える、古典的で正統派な広東料理でした。

夜のメニューも拝見させて頂きましたが、2~3人でシェアする量のアラカルトが豊富で、鮑やフカヒレ、伊勢海老や神戸牛など、高価な食材を活用していますが、価格帯はリーズナブルに抑えられているような感じを受けます。

今日、ランチに訪れて料理のクオリティーの高さは間違いないと思うので、夜にも一度訪れてみたい(本気モードの北京ダックやフカヒレスープも味わいたいので )と思います。


お店を出て、施設内を散歩します。


☆ むささび食堂 ☆



複合施設、アメニティ江坂内の公園。

以前のテーマ型レストランのカーニバルプラザでは広大な敷地を利用した駐車場スペースだったと思います。

ずいぶん綺麗になりました。

☆ むささび食堂 ☆



施設内のテニスコート。

☆ むささび食堂 ☆




ちらほらと落ち葉が芝生の表面を覆い始めていますが、今年は温暖なせいか、都会ではまだまだ完熟な紅葉もみじではありませんね。

☆ むささび食堂 ☆



ただ、正午過ぎにも関わらず、日が傾くのは早くなったようで、影が長くなりましたね。

真ん中に写っている影は、カメラを構えて撮影している私です。

昼間からお酒が飲みたくて、シェーカーを振っているのではありません(笑)。


☆ むささび食堂 ☆



【 翠園 】


住所 : 大阪府吹田市茅野町13番45号(アメニティ江坂内) 地図  


電話 : 06-6386-2750


ホームページ : http://www.amenity-esaka.com/suien/


営業時間 : ランチ 11:30~14:30(LO) ディナー 17:00~21:00(LO)         


休日 : 12月30日~1月1日


ブレのない安定感のある広東料理。ホテルプラザ時代から料理長を務めていた田口総料理長として、以前と変わらぬ味を守っているようです。

料理だけでなく、サービスレベルも高く、商品知識が豊富で、身のこなしが洗練されていながら、フレンドリーでアットホームな感じです。


当時、味のプラザと言われた、プラザホテルの広東料理のメインレストラン。
10年程前にホテルは閉店しましたが、今回の翠園さんのように、本当に良い物は場所を移転して引き継がれたり、

あるいはリーガロイヤルにあった王府の海老チリソースの味が、王府で勤めていた料理人の手によって福島のみわ亭に残っているように、

人の手によって受け継がれていくのだなと思いました。


今回のブログの表題はそんな思いを込めて付けました。




帆立の炒め物に使われていた醤が気になる・・・

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2010.12.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/100-7ab95aee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。