グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

今日は仕事で京都へ来ています。

お昼ごはんを食べに、お茶漬けが評判とのことで気になっていた、京都御所の近く、烏丸丸太町にある十二段家に訪れます。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


十二段家さんは、もともと大正初期にあった、祇園のお菓子屋が始まりだそうです。

祇園といえば、朝帰りの旦那衆などが多く、そういった酔客を相手に、あり合わせのお漬け物にご飯、赤出し、そして最後に簡素なお茶漬けを出すようになった所、評判を呼び、十二段家のお茶漬けとして名声を得るようになったそうです。

現在でも、本店は祇園にあるそうで、日本のしゃぶしゃぶの発祥もこちらのお店だそうです。

最終入店時間の午後2時30分ぎりぎりに訪れたため、写真は帰りがけに撮らせて頂きました。

なので、“ただいま準備中”↓↓↓(^▽^;)


☆ むささび食堂 ☆




玄関の引き戸を開けると、祖父母の田舎に帰ってきたような昭和を感じさせる玄関。


☆ むささび食堂 ☆



当時の祇園にあった、十二段家で使われていた、掛け時計やお店の看板、調度品などが飾られていて、作られたレトロさではない、長い年月を経過した風格を感じさせます。


☆ むささび食堂 ☆




右上に掛けられているのは、当時の大正初期に使われていたと思われる掛け時計で、文字盤は正確に読むことができません。

手前の階段は、3部屋の個室に続く階段で、しゃぶしゃぶなどを食べられるそうです。


☆ むささび食堂 ☆




赴きのあるちゃぶ台の上で食事をします(*^▽^*)


☆ むささび食堂 ☆




こんな形の堀り炬燵のテーブル席もあります。


☆ むささび食堂 ☆




今回は、出巻き玉子に、おひつご飯、京漬物、赤だし、そして季節の1品のついた 『 水菜セット 』 を注文しました。


☆ むささび食堂 ☆



季節の1品は、聖護院かぶらの蟹餡かけ。

大きめに切り分けられた、聖護院かぶらがゴロゴロ入っています。

ほぐした蟹身に、黄色と赤紫色の菊花、菊菜が餡の中に流されていて、振り柚子を添えています。

京都では、珍しく薄味ではなく、しっかりと蕪の中心部まで味を煮含ませ、餡もやや濃い目です。

おそらく敢えてご飯のおかずになるような味付けをしているものと思われます。素朴さが美味しいです(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



そして、そのご飯の方は新潟産コシヒカリを用いているそうです。お米がツヤツヤして風味が良く、ご飯がおかずになりそうな感じです音譜

少しモチ米も入っているようですね(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆




今回、十二段家さんに訪れて、私が最も感動したのが、こちらの出巻き玉子!!

今まで食べた出巻き玉子の中で最高峰です(*^▽^*)

ごくごく薄く幾重にも巻かれた出巻き玉子。

表面を軽く箸で押さえると、水を含んだスポンジのようにお出しが溢れてきます。

もはや卵で作った料理を食べているというよりは、食べるラー油ならぬ、食べるお出し状態です(*^▽^*)

美味しいご飯と美味しい出巻きがあれば、それだけで幸せになります音譜


☆ むささび食堂 ☆




お漬物。

手前右下から時計周りに、大根、胡瓜、お新香、柴漬け、壬生菜、ひの菜、牛蒡、そして真ん中が千枚蕪。


☆ むささび食堂 ☆




大根はほのかに柚子の薫り。

胡瓜は糠漬け。

お新香はツンとする爽やかな酸味と、ほろ苦い風味。

柴漬けは薫りと甘みが良い感じです。

壬生菜はコクのある油と一緒に和えられていて、胡麻の薫りと塩味、壬生菜のほろ苦さが美味しいです。

ひの菜はしんなりして、素朴な味わい。

牛蒡は醤油漬けでシャキシャキした歯触りが良いです。

千枚蕪が美味しいのは言うまでもありませんね(^∇^)

素材と味わいの取り合わせがバランス良く、これだけでご飯が進んでしまって、お替りしてしまいました(*^▽^*)



締めはサラサラとお茶漬けです。


☆ むささび食堂 ☆



お茶は、寺町二条にある一保堂の焙じ茶だそうです。

焙じ茶の色合いは薄くて上品な感じなのに、香りが高いです。薄く出しているので、苦みを感じません。


☆ むささび食堂 ☆

            ☆ むささび食堂 ☆




素朴なおかずと美味しいご飯に、赤だし、そしてお漬物と焙じ茶。
簡素でシンプルだけど、その1つ1つが丁寧に作られていて、しみじみと美味しく思えるのが凄く贅沢なように感じました。


【 十二段家 】


住所 : 京都府京都市丸太町通室町東入ル常真横町 185  地図  


電話 : 075-211-5884


ホームページ : http://www.m-jyunidanya.com


営業時間 : お昼 11:30~14:30(LO) 夜 17:00~20:00(LO        


定休日 : 水曜日


今回注文した“水菜”は、ご飯に出巻き、赤出し、お漬物、そして季節の1品が付いて1,890円。

ご飯はお替り自由です。


ご飯に出巻き、赤出し、お漬物だけのシンプルなすずしろセットは1,050円で、そちらでも十分満足できる内容だと思います。

別注文で、近江牛のサーロインステーキも注文することができます。








お酒を飲んで帰宅後のお茶漬けとお漬物凄く幸せな、むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2010.12.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/103-b62396c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。