グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

今日は仕事の帰りに、なにわフレンチのお店 “Begin”さんへお伺いしました。

お店はヨーロッパ通りに面した、雑居ビルの中にあります。

まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



エレベーターを降りると、ピンと張った暖簾が掛けられた玄関。今回、予約時間ギリギリにお伺いしたので、玄関を外から撮った写真は撮りませんでした汗

赤いえんじ色のお目出たい神様の入った暖簾が目印です(笑)。


引き戸をガラガラ開けると、ご覧のような店内です。


お料理を作る様子の見える、オープンキッチンに面したカウンター席が中心の店内で、奥は小上がりの座敷になっています。


☆ むささび食堂 ☆




カウンター横の棚には可愛らしいプードル!? の人形が一列びっしりと音譜

(も、もしかして・・トナカイ!?)


☆ むささび食堂 ☆



基本的にメニューは、黒板に書かれているアラカルトの中からチョイスするようです。

物腰の柔らかい、心優しそうな大将が、おまかせで少しずつ色々なものを食べられるように順番に料理を出してくれます。


店名の通り、お箸で頂きます音譜


☆ むささび食堂 ☆



1品目; 初玉子のコンソメジュレ掛け


見た目ふわふわのマシュマロのような初玉子(鶏が最初に産み落とした卵です)の半熟玉子にゼラチンで固めたコンソメのジュレが添えられています。

上のグリーンは、イタリアンパセリ。


☆ むささび食堂 ☆



中からトロトロの黄身が(^∇^)

黄身の周りを覆っている白身はこんもり盛り上がった感じで、厚みがあって濃厚です。

表面に添えられている岩塩が甘みと旨みを誘ってますね音譜


プリンのようなスイーツのように、しっかりした味わいのジュレを絡めながらスプーンで掬って頂きます。


☆ むささび食堂 ☆




2品目; 明石産 黒ダイのカルパッチョ


☆ むささび食堂 ☆




そぎ切りされた活け締めの黒ダイの上に香味野菜がたっぷり載せられています。

香味野菜は、菊花、芽じそ、分葱、花穂じそ。

和食のお造りのあしらいみたいですね。(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆


大きめに育った、花穂じそ。ここまで成長すると、種子の部分の食感がしっかりしています。

ドレッシングは、醤油ベースで摩り下ろした玉葱やにんにくが入って旨みとコクがあります。

お刺身に醤油は合うので、もちろんこちらのドレッシングもカルパッチョとの相性抜群です。


☆ むささび食堂 ☆


3品目; 明石ダコのエスカルゴ風


明石ダコの香草が入ったオイル焼きです。
小ぶりなココット皿にタコの足がゴツゴツ入っています。

セミハードなパンが添えられて食パン


☆ むささび食堂 ☆



初めに串でタコを刺して頂きます。コリコリした食感と同時に、弾力のあるもっちりとした柔らかい食感もあります。

ある程度、タコを頂いた後、残ったエスカルゴバターソースにパンをひたひた漬けて頂きます。


本格的なエスカルゴ(かたつむり)の料理がそうですが、この残ったソースを掬って頂くのが美味しいですよね!?(*^▽^*)

また、マッシュルームや海老などの旨みが出てくる素材を、ココットでぐつぐつさせたオイル焼きも大好きです。


ベースがフレンチでありながら、こんな感じのビストロ料理ともまた違う、アテ的な料理が挟まれるのは嬉しいですね。

☆ むささび食堂 ☆



4品目; 天堀トマトのサラダ


大阪和泉の天堀さんのトマトを使ったサラダです。

滋賀県の生産者の方から届くサラダ春菊と一緒に供され、ドレッシングはさっぱりした生姜風味のドレッシングです。


☆ むささび食堂 ☆



天堀トマト。実は、こちらのトマト。最近一緒に良く食事をしたり、飲みにいったりする目上の方がいらっしゃるのですが、その方の親戚の方が作られているそうです。

ごく少量生産なので、地元でもあまり出回ることがなく、大阪市内でこのトマトが食べられるのは、おそらくこちらのお店だけだと思います。


味わいはフルーツトマト系ですが、果皮は少しえんじ色がかった濃い赤色をしています。
果肉はぎっちり詰まっていて、風味と甘みが濃厚です。添えられている岩塩が甘みを誘います。


サラダ春菊の方は、茎の部分までしんなり柔らかく、春菊特有の香りが鮮烈で爽やかです。


☆ むささび食堂 ☆




5品目; オーストラリア産 牛テールと椎茸のクラムチャウダー


☆ むささび食堂 ☆



コーンビーフ状になった柔らかい牛テールと肉厚な椎茸がたっぷり入っています。

スープにそれらの旨みが移っていて、もちろんベーコンの旨みと貝の滋味深い味わいもしっかり感じられて濃厚です。

黒胡椒の薫りがアクセントになっていて美味しいです。


☆ むささび食堂 ☆



スープを最後まで掬って食べたいので、パンを頂きます。パンの一番端の切れ端です音譜
この地元の居酒屋というか食堂的な感覚がたまらなく良い感じです。


なんとなく、パンの外側の硬い皮の部分を割って、クラムチャウダーに浸すのは、すごく合うように感じました。


☆ むささび食堂 ☆



そして、ワインも頂きたくなりましたので、グラスワインをワイン

次のしっかりしたソースの魚料理と、その次はお肉料理だそうなので、右側の赤ワインに。

ボルドー産のワインだそうです。


☆ むささび食堂 ☆



6品目; アンコウと白菜の蒸し煮 ぽん酢風味の焦がしバターソース


小ぶりでプリプリしたアンコウを骨から外しながら頂きます。


このソースの使い方、シンプルながらすごく良いですね。

アンコウって白身でタンパクな魚なので、バターのソースと良く合っていると思います。
さらに、アンコウ鍋が存在するくらいなので、ぽん酢がアンコウや白菜に合わない訳がないです。(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



白菜の他に、ベーコン、柿色えのきも添えられています。

こちらのバターソースも、パンでこそげ取って食べてしまいました(*^▽^*)


☆ むささび食堂 ☆



7品目; 鹿児島産もち豚とリヨネーズポテト シェリービネガーのソース


メインのお肉料理です。


☆ むささび食堂 ☆



お肉はチャーシューのようにしっとり柔らかく、脂身の上品な甘みがあります。

さっぱりしたシェリービネガーのソースを絡めて美味しいです。


☆ むささび食堂 ☆



付け合せのお野菜は、リヨネーズポテトと玉葱、九条葱、クレソン、水菜です。


中心に立っているのが、九条葱(笑)。トロトロ感が良いです。

上に載っているのがクレソン。薫りが強いです。
水菜はシャキシャキした歯触りながら、柔らかいです。

これらの葉野菜は全て、先程の天堀トマトの箇所で少し紹介させて頂いた、滋賀県の生産者の方から送られてきた野菜だそうです。


リヨネーズポテトは、焦んがり飴色にローストされた玉葱と良く絡んでいて美味しいです。シェリービネガーのソースとも良く合いますね(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



8品目; 初玉子のプリン


初玉子を使った、焼プリンです。ミントの葉を添えて。

濃厚な生地はしっかり硬めで甘さも控えめな、シンプルプリンです。


☆ むささび食堂 ☆





【 なにわフレンチ Begin 】


住所 : 大阪府大阪市中央区東心斎橋 2-5-31 月虎51番館 4F 地図  


電話 : 06-6211-1240


営業時間 : 18:00~23:00(LO 22:00)         


定休日 : 日曜日、祝日(祝日のみ不定休)

今回、頂いたお料理はおまかせで見繕って頂いて3,500円程度。


コストパフォーマンスは十分だと思います。今回一人でお伺いしたので、おまかせで注文しましたが、アラカルトを数人でシェアしても楽しめそうです。

料理はフレンチ割烹でもなく、ビストロとも少し違う、親しみやすくて気軽さのあるお料理。

おそらく、フレンチのベースをしっかり押さえながら、クラムチャウダーやカルパッチョなど域に捉われることなく、自由な発想の料理が展開されているので、創造性と独創性があるので、新鮮で楽しいのかもしれません。


こちらのお店を知ったきっかけは、記事でもご紹介させて頂いた、飲み仲間の先輩の「僕の親戚は地元でトマトを作っているねん」とおっしゃってたのがきっかけ。

そして、お店のブログが目に止まり、お伺いしました。


⇒ なにわフレンチBegin的料理の日記2

ショップカードにも記載されていたので、ご紹介させて頂きました。お店のご主人のブログです。

私生活にも食に対する探究心やこだわりの感じられる、楽しいブログです。





年賀状準備に追われてあたふたしている、むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2010.12.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/105-b36ed4de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。