グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

今日は夕方から、御堂筋イルミネーションの撮影会に参加します。

本日の撮影会はカメラのナニワさんが主催。風景写真のカメラマン、片岡司先生を講師に招いた撮影会です。

午後3時にセミナールームに集合して、それから片岡司先生の講義を受けるスケジュールになっていますが、それまでに時間がたっぷりあるので、心斎橋筋商店街を通りながら、千日前の方まで散歩します。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


今回、ぶらぶら散歩したのは時間が余っているという理由だけではなく、カメラを撮る感覚を取り戻すため。

12月に入ってから、ゆっくりカメラに触れる機会がなく、カンを取り戻そうと・・・。

最初のうちは案の定、ブレてたり、露出補正が合ってなかったり(^▽^;)



こちらは、大丸心斎橋店の1階のフロアで展示されていた、クラッシックジャガー。車種名はジャガーマークX(テン)。

1961年にロンドンモーターショーにおいて華々しくデビューした、当時で時速150マイル/h(時速240km/h)を超えるスーパー・カーだったそうです。

カッコいいです!! 現代でも十分通用するデザイン。発表当時はさぞかし、斬新で近代的なモデルだったのが窺えます。


☆ むささび食堂 ☆




心斎橋筋商店街を戎橋の方へ歩きます。


☆ むささび食堂 ☆




心斎橋筋商店街内のクリスマス用のイルミネーションのシャンデリアと、アーケード越しに透過される光との織り成す造形が美しいです。


☆ むささび食堂 ☆



商店街内にあるブティックのステンドガラス風の壁面もすごく綺麗です。


☆ むささび食堂 ☆




☆ むささび食堂 ☆




平日に良く通る、心斎橋筋商店街。休日にゆっくりと歩かないと気付かない美しい世界が街の中にたくさんあるのだな、感じました。

街中でこんなに綺麗なものがたくさんあるのに、気付かずに通り過ぎてしまうのは寂しいですね。


☆ むささび食堂 ☆



戎橋から眺める、道頓堀川。

☆ むささび食堂 ☆




☆ むささび食堂 ☆




ミナミに帰ってきた、むささび太郎・・・いやいやあせる食いだおれ太郎。


☆ むささび食堂 ☆




道頓堀を東方面に歩いて、中座を超えて千日前通りへ。


☆ むささび食堂 ☆



千日前通りにある、純喫茶アメリカンに立ち寄ります。


☆ むささび食堂 ☆       ☆ むささび食堂 ☆




こちらのお店は1946年創業で、往時は人気俳優が詰め掛けた憩いの場だったそうで、現在でも著名人が数多く訪れているそうです。


☆ むささび食堂 ☆



  


それにしても、レトロなメニュー。65年前の創業当時からメニューが変わってないのでしょうか!?(笑)。


☆ むささび食堂 ☆





店内は、作り込んだものではなく、本格的な歴史を感じさせる昭和ノスタルジックな空間。

私自身は現在36歳なので、古い映画の中でしか見たことのない空気間をそのまま体現できます。
奥は広々とした厨房と、配膳係りが待機していて、そのお店の方の制服や髪型も昭和レトロです。


☆ むささび食堂 ☆





お昼ごはんは自宅を出る時に済ませてきたので、ホットケーキ+コーヒー付を注文します。

☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆




ホットケーキは小さめのサイズを2枚重ね。

食べやすいように切り分けられています。


全体的にスポンジのようにふっくらとしていて、柔らかい食感。口の中に含むと溶けるような食感です。

バターは固形状のものをそのまま上に載せるのではなく、ホットケーキの表面に塗って溶かし込んで供されるので、ムラがなく甘い薫りが広がります。


メープルシロップは、市販の物ではなく自家製だそうです。個性が強すぎず、マイルドな風味で、優しい甘さがホットケーキの味わいを引き立てます。


☆ むささび食堂 ☆



今回お店に訪れる前までは、昭和に開業したまま、手を一切加えることなく、店舗の減価償却などは一世代ほど前にとっくに終わっているような、単に古いお店を想像していました。

しかし、実際に訪れて感じたのは、店内の調度品1つ1つが凝っていたり、ソファなどの什器も良くメンテナンスされています。

壁面なんかも最近手を加えられたような、木版にステンドガラスを配した壁になっており、老朽化に伴い少しずつ手を加えながら、古きものを残しながらも新しい感覚を取り入れているように感じました。


そして、名物のホットケーキ。

独自に数種類の小麦粉をブレンドするこだわりようで、オーダーが入ってから焼き始めるのは当然で、一定の温度でじっくり焼き上げるように、銅板を導入しているため、焼むらがなく、全体的にふっくらとしたシフォンのような柔らかい食感になるそうです。


そして、キャスト(お店のスタッフの方)。
ユニフォームだけではなく、髪型やお化粧、さりげない動作など、昭和の雰囲気を感じさせます。

もともと、昭和な雰囲気のスタッフさんばかりが集まっているとは考えにくいので、お店の基幹となるコンセプトの理解や教育の高さが窺えました。


店内の内装や装飾、商品、お店のスタッフの方の雰囲気や動きも含むサービス・・・ここまで徹底的であれば、ある意味格好いいと思います。


わずかな滞在時間ですが、映画の中の映像でしか見たことのない、昭和ノスタルジーな感覚に浸ることができました。(*^▽^*)




【 純喫茶 アメリカン 】


住所 : 大阪府大阪市中央区道頓堀 1-7-4 株式会社アメリカンビル1・2F 地図  


電話 : 06-6211-2100


営業時間 : 9:00~23:00(LO 22:45)         


定休日 : 木曜日、不定休



往時のモダンなカフェ空間をそのまま再現した、純喫茶。

タイムトンネルを潜って、昭和初期に遊びに来たような錯覚に捉われます。


ホットケーキセット(コーヒー付)で、950円。

今回、ご紹介したホットケーキはすごく美味しかったですし、口コミなどを見ていると、プリンは材料からこだわって丁寧に作られていたり、昔から根強い人気の軽食メニューなども多々あるそうです。


豊富でレトロなメニュー構成と独特の店内の空気感。この格好良さはいつまでも継承していって欲しいですね(^∇^)







昨日はホワイトクリスマスで良かったですね!!

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2010.12.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/106-c3b3f152
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。