グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


今日は中之島通りをお散歩に来ています。

ランチを兼ねてリーガロイヤルに立ち寄ります。

まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



☆ むささび食堂 ☆



と、その時・・・リーガロイヤルとは通りを挟んで反対側にある、堂島川沿いに尋常でない行列が!!!

早速、行列の原因を調査しに堂島川対岸に向かいます。


行列の先を辿って、視線を発生地点と思われる方へ向けると、黄色い頭の生き物が・・・目



☆ むささび食堂 ☆




ラバー・ダックさんですヒヨコ
どってりした、大きな肢体をぷかぷか川面に浮かべておられます。


☆ むささび食堂 ☆


           



ラバーダックとは、オランダ・ロッテルダムを拠点とし、公共空間で巨大な作品を展示するアーティスト、フロレンタイン・ホフマン氏の作品だそうです。

世界中に浮かべられてきた巨大なアヒルには、世界の緊張緩和と、穏やかな世界への希望が込められているそうです。


☆ むささび食堂 ☆



先程の行列は、このラバー・ダックのオリジナルグッズが先着順で無償でプレゼントさせるイベントがあるそうで、そのための行列だったようです。


☆ むささび食堂 ☆



昨年の水都大阪2009でも人気を博した、こちらの “ラバー・ダック@中之島バンクス”のイベントは、

12月25日(土)まで開催されていたそうです。


☆ むささび食堂 ☆



ちょうどタイミング良く、これからランチをしようとしていた、リーガロイヤルホテル1階の “コーヒーショップ コルベイユ”でこんな企画が!!

食べないわけには行きませんよね!!(*^▽^*)


☆ むささび食堂 ☆



コーヒーハウス Corbeilleへ。


☆ むささび食堂 ☆



雪だるまがお出迎えするエントランス。

☆ むささび食堂 ☆




店内の様子。

30年ほど前から変わらない、落ち着いたクラシカルな店内。

☆ むささび食堂 ☆ ☆ むささび食堂 ☆



リーガロイヤルホテルの正面玄関に面したカフェテラス。
奥行きのある、広々とした空間です。


コルベイユでは、良くも悪くも料理の味やメニュー、価格を30年前からほとんど変わってなさそうに見受けられ、良いように捉えれば、いつ訪れても食べたい料理がなくなることなく、存在するような安心感があります。

その中でも、忘れた頃に定期的に食べたくなるような欧風料理が豊富にあるのがコルベイユの魅力。

コルベイユのオムライスも、その1つです。


☆ むささび食堂 ☆




こちらが、ラバーダックオムライス。アヒルの形をした、オムライスです。

☆ むささび食堂 ☆



迷うことなく、ラバーダックオムライスを注文したところ、上の写真か、もしくは、先程の登り旗の写真をご覧になって頂ければ分かると思いますが、“大人仕様のラバーダックオムライスは、11:00~15:00までなんです!!”。
現在の時刻は、午後3時30分頃汗


どういうわけか、お子様使用のラバーダックオムライスは、時間が限られることなく、注文を受け付けてくれるみたいです。

仕方ないので、普段食べる通常の大人のオムライスを注文します。




こちらが、大人のオムライス。

洋皿の縁の絵柄は、コルベイユの定番(^∇^)ですね

☆ むささび食堂 ☆



このお店のオムライスの特徴は、何といっても、このクレープの生地のような薄皮。

☆ むささび食堂 ☆



中のライスと具材が透き通って見えるほどの極薄です。

卵は半熟トロトロではなく、錦糸卵(きんしたまご)のように、しっかり火は通されています。
これだけの薄皮を作る卵の使用量は、わずか1/3個だそうです。


非常に薄い玉子でありながら、破れた部分が全くなく、その薄さ故にもっさりとした食感がありません。


私はスプーンで割った時のトロトロに崩れる半熟タイプのオムライスが大好きですが、コルベイユさんのオムライスだけは例外で、定期的に食べたくなります。


☆ むささび食堂 ☆



たっぷり掛かった、深い琥珀色のデミグラスソース。

以前は入っていなかったと思うのですが、北海道産の黒豚も入っているそうで、ソースの中にトロトロに柔らかくなったお肉も入っています。


こちらのデミグラスソースは、主に牛スジや香味野菜だけをコトコトと2日間かけて煮込んで作り上げるそうです。

変わらない深いコクと旨み、ほのかな酸味も感じられる、味わい深いデミグラスソースです。


☆ むささび食堂 ☆



卵の薄皮の中に包まれた、ライスも絶品です。

いわゆるビーフライスなのですが、トロトロになったお肉と、グリーンピースと玉葱が入っていて、具材はシンプルです。
ライスが特徴的で、水分を強火で飛ばしたパラッとした食感のチャーハンのような感じではなく、どちらかというとリゾットのようにお米にスープやソースで炊いてような、水気を含んだトロトロした食感です。

これはオムライスだけではなく、コルベイユのご飯料理全般にいえることで、ビーフピラフやシーフードピラフも、ずっしりした食感で、濃厚な味わいのピラフです。


お米に濃厚なソースを絡めながら仕上げられたようなライスは、とても濃厚で強烈な旨みがあります。
上質なバターの風味も感じられ、より一層まろやかな味わいに。

周囲に掛かっている、デミグラスソースを絡めて食べると、まさに旨みとコクの3重奏。

とろりとした食感と、旨みの強いオムライスだからこそ、薄皮の卵が合うのでしょうね(^∇^)


上質な昔ながらの薄皮のオムライスです。


☆ むささび食堂 ☆



福神漬けと、ラッキョウも美味しいです音譜

☆ むささび食堂 ☆




【 コーヒーハウス Corbeille 】


住所 : 大阪府大阪市北区中之島 5-3-68 リーガロイヤルホテル内  地図  


電話 : 06-6441-0955


ホームページ : http://www.rihga.co.jp/osaka/index.htm


営業時間 : 6:30~22:30         


定休日 : 年中無休


大人のオムライス 2,079円、小ポーション 1,502円。


価格はどれも一流ですが、上質な欧風料理やカフェのつまみが味わえます。


幼少の頃から両親に連れられて100回以上訪れていると思いますが、昔からの馴染みのある味という理由だけではなく、現在でも定期的に訪れたくなります。

私自身、料理を食べることに対して、保守的ではなく、むしろ新しい物好きで、トレンドに惹かれる方だと思いますが、コルベイユさんのような古典的だけど丁寧に作られていて安心感のあるお店には、来店頻度は落ちても、長く利用し続けるものなんだな、と感じました。


最後に、コルベイユさんでの個人的なお薦めをご紹介。

シーフードピラフ、 フィッシャーマンサラダ、 コンソメ・ロワイヤル、 

そして苺のショートケーキ('-^*)/ 





ネッシーを取り上げた映画:ウォーターホースに感動!むささびもネッシーに乗りた~い(シュターン☆ミ)

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2010.12.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/108-76e6a13d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。