グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

2011年、新年最初のお食事は、バブル時代を彷彿とさせるゴージャスな空間の中で、極上のイタリアンが味わえる、心斎橋の“PESCE ROSSO(ペッシェ・ロッソ)”です。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


☆ むささび食堂 ☆





PESCE ROSSOは、ポンテベッキオ、ジョヴァノットで研鑽して独立をした、山中伸彦氏が腕を振るうお店です。


エントランスから店内を写した写真です。

長い通路の一番奥がテーブル席になっています。

通路の左脇が、大量のワインをストックしたワインセラー、右脇はオープンキッチンに隣接したカウンター席です。


☆ むささび食堂 ☆




お店のエントランス脇には、屋外のテラス席が設けられています。


☆ むささび食堂 ☆




テラス席と、オープンキッチンを隔てる壁には、水槽が埋め込まれていて、丸々した金魚が優雅に泳いでいて、可愛らしいです(*^▽^*)


☆ むささび食堂 ☆               ☆ むささび食堂 ☆





店名の“PESCE ROSSO”は、“赤い金魚”という意味。“PESCE”が金魚で、“ROSSO”が赤です。


☆ むささび食堂 ☆




店内奥のテーブル席から、入口方向を写した写真です。


☆ むささび食堂 ☆




今回は梁守農園さん主催のお食事会で、奈良のあすかルビーを取り入れたコースです。いちご

やなヴェジが使われた、極上イタリアンのコース。楽しみです音譜


☆ むささび食堂 ☆




今回は奈良のあすかルビーを使った、イチゴいちごが主題ということで、イチゴのシャンパン。ワイン


すりおろしたイチゴの果肉がたっぷり入った、シャンパン。

甘くて、濃厚です。

お酒が入っているのに、体に良さそう(笑)。

☆ むささび食堂 ☆

           ☆ むささび食堂 ☆



今回のコースに使われていた、あすかルビー(イチゴの品種です。)
正確には、あすかルビー×桃いちごを掛け合わせたイチゴ。苗は梁守農園さんが作られたそうです。


☆ むささび食堂 ☆





手前に丸い窪みのある、美しい造形をした卵型のお皿の上にオリーブオイルが注がれます。


☆ むささび食堂 ☆





そして、奥のスペースにパンが載せられます。

ふかふかなソフトタイプ、セミハードタイプ、そして香草を練りこんだフォカッチャ風のパン食パン

オリーブオイルの風味が、爽やかです。


☆ むささび食堂 ☆






1品目; 『 スカンピの炭火焼 カリフラワーのズペッタ 』


重厚感のあるガラスのボウルが映し出された、影が美しいです。


☆ むささび食堂 ☆





スカンピとは、手長海老の一種だそうです。ぷりぷりしていて甘い食感と味わいが、伊勢海老に似ています。
スモークしたパンチェッタ(豚のバラ肉を塩漬けしたもの)が薄く巻かれているので、スモーキーな薫りに、適度な塩味と旨みが加わっていて、美味しいです。


中央には、生うにが贅沢なくらいに、こんもりと盛られています。

滋味深くて、濃厚ですね(^∇^)


ズベッタとは、素材感の持ち味をそのまま残した、ピューレ状に近い、硬めのスープのことを指すそうです。

主役は、梁守農園さんのカリフラワー。

一緒に加えられた、玉葱とオリーブオイルだけでシンプルに味を調えているそうです。


カリフラワーってこんなに美味しいの!!と、新発見させられた梁守農園さんの甘いカリフラワー。そのポテンシャルを十分に活かされていますね音譜


☆ むささび食堂 ☆






2品目; 『 氷見の寒ぶり レア焼き カブの二色のピューレ 焼きねぎのソース キャビア添え 』


表面が白くなるくらいに、さっと炙った寒ぶりに、キャビア、粗めに刻んだ焼き葱、芽ネギ、ドライトマト、赤いオリーブオイルが一緒に添えられています。
個々の素材を単体で食べても良し、寒ぶりと一緒にアクセントにして食べても良し・・・色々な楽しみ方ができますね音譜


☆ むささび食堂 ☆


今の時期が一番美味しい、富山の寒ぶり。

脂はしっかりのっていますが、くどさはありません。キリっと引き締まった身質でありながら、まろやかで味わい深いです。
お刺身として、そのまま頂いても十分に美味しいと思います。(^∇^)


白とグリーンの二色のカブのピューレは、梁守農園さんのカブです。

目の覚めるような鮮やかなグリーンのピューレは、カブの葉の部分を使用しているそうです。

素材を無駄にせず、大切に料理に仕立てられているのが、良いですね(*^▽^*)


必要以上に味を加えず、カブそのものの味わいが深いです。



イチゴのシャンパンの後は、スタンダードなシャンパンを頂きます。銘柄を控えるのを忘れてしまいました(^▽^;)


☆ むささび食堂 ☆




3品目; 『 三重のいのしし 炭火焼 温野菜のサラダ仕立て 』

三重の猟師さんから送られた野性のイノシシに、梁守農園さんのカブ、キャベツ、ロマネスコの温野菜が添えられています。

甘い茶色のソースと、チーズ風味の白いソースが引かれています。


☆ むささび食堂 ☆




外側にほのかに炭火の薫りが移った、イノシシ。中はしっとりしております。

余分な脂っこさはほとんどなく、ジビエらしい野性味溢れる、しっかろとした濃い味わいです。


フルーツの甘さっぽい茶色のソースと、優しいチーズ風味のソース。どちらも相性が良いですね(*^▽^*)

☆ むささび食堂 ☆




梁守農園さんの野菜も、言うまでもなく美味しいです。

キャベツ、カブ、ロマネスコ・・・ありえない位に甘~いです音譜


下の写真はロマネスコ。カリフラワーの一種で、イタリア野菜です。
昨年の暮れに、梁守農園さんにお伺いして、初めて知った野菜なのですが、色が若草色でとても綺麗な野菜です。

瑞々しくて、軸までとても甘いです。


昨年の暮れから今年にかけての冬場は、これまでのカリフラワーの味に対する認識を根本的に変えさせられた、ルネッサンス(革命)の年でした(笑)。

カリフラワーはとっても瑞々しくて、スイーツなお野菜です。(^∇^)

☆ むささび食堂 ☆




今回は、PESCE ROSSOさんのコース前半をご紹介させて頂きました。
上質な素材を厳選して用いて、軽やかなソース使いで、素材の美味しさを引き出しているような印象を受ける料理でした。

そして、個々のお皿の、もう1つの主役が梁守農園さんの冬野菜。

甘みと旨みのしっかりした梁守農園さんの野菜、それぞれの味わいや個性をしっかり引き出されるような、適切で丁寧な調理法が施されていて、野菜に対する深い愛情が感じられる料理でした。


PESCE ROSSOさんと梁守農園さんの共演はまだまだ続きます音譜

後編の記事では、今回の主題である、あすかルビーのイチゴの料理も登場します。

時間を空けずに、記事を挙げますので、是非ご覧になって下さいね('-^*)/



【 PESCE ROSSO 】


住所 : 大阪府大阪市中央区東心斎橋 1-3-18 地図  


電話 : 06-6241-0030


ホームページ : http://www.pesce-rosso.com/


営業時間 : 18:00~翌3:00        


休日 : 第2、4月曜日 祝日は休まず営業 


上質な空間や装飾に目を奪われがちですが、料理の味もたしかなイタリアン。

質の高い素材を、軽やかなソースで頂け、バランスの良さが印象的でした。


また、壁面のワインセラーは一見の価値ありです。


完全にハレの日使用のお店ですね(^∇^)








前半は大人しく・・・後半はお店の中を散策、はっちゃけむささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2011.01.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/116-e98ee164
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。