グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

休日、彼女と一緒に、家の近所を散歩します。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


近所の小学生の男の子が遊んでいた、サッカーボール。サッカーボル


☆ むささび食堂 ☆





公園の桜の木に設置されている、鳥の巣箱。

この時期は、まだ蕾ですが、現在は満開桜


☆ むささび食堂 ☆






自宅の近所のフラワーショップの前に並べられている、木箱の中の花。


☆ むささび食堂 ☆





小さな鉢も可愛らしいですね 音譜

☆ むささび食堂 ☆





こちらは、壁掛けのプランター。


☆ むささび食堂 ☆





クローズアップ。


☆ むささび食堂 ☆






自然の草花も美しいです。


☆ むささび食堂 ☆







可愛い。こちらに興味津々ラブラブ

☆ むささび食堂 ☆






自宅を出て、気になる所で立ち止まっては写真を撮る、という事を繰り返しながら歩いて、

30分程度経ちました。

現在の時刻は、正午過ぎ。

ランチを食べに、予約しておいた、豊中の住宅街の中の戸建てレストラン、『 ラ・メゾン・ブランシュ 』に

訪れます。

北摂で人気の、グランメゾンです。


☆ むささび食堂 ☆






玄関を入ると、風除室。

そこまでは、珍しくありませんが、

そこからダイニングスペースに直結ではなく、2階のメイン・ダイニングにエレベーターで向かいます。


少し無機質な感がありますが、ある意味完璧な風除けの機能を果たしていますね。

☆ むささび食堂 ☆





そのエレベーターを利用して2階に上がり、扉が開くと、広々とした、

開放感のあるオープンキッチンが広がっています。


オーナーシェフの加藤シェフが笑顔でお出迎え。

先程の静寂とはうって変わった、熱気があって、新鮮です。


☆ むささび食堂 ☆





そのキッチンと、客席スペースを隔てる、パーテーション。

整然とディスプレーされている、色とりどりのカクテルグラスが美しいです。


☆ むささび食堂 ☆






テーブル席は、天井の高くて、一面が大きな窓になっている、壁に並行して、

配置されているので、開放感があって、明るいです。


店内も白を基調として、光を反射しているので、気持ちの良い空間ですね音譜


大きな窓ガラスには、光がたくさん入ってくるので、UVカットを施しているそうです。

ゲストに対する細やかな配慮が感じられます。リス

☆ むささび食堂 ☆





テーブルセッテッィングも、美しい。

☆ むささび食堂 ☆






テーブルの上に、置かれている、お花も可憐です。

☆ むささび食堂 ☆





・ 前菜 (シェフのスペシャリテ)

・ 季節の野菜のスープ

・ 魚料理

・ 肉料理

・ デザート

・ 食後の飲み物

が付いた、ランチコース(4,200円)を頂きます。



最初に、ランチワイン白ワイン を頂きます。

『 Chateau FONGRAVE 2007年 』





☆ むささび食堂 ☆





ソーヴィニヨン・ブラン(ブドウ品種名)の爽やかな薫りが、口の中いっぱいに広がります。

お昼は、お酒がすぐに回ってしまうので、ほどほどにあせる

☆ むささび食堂 ☆






前菜 ; フォアグラのポワレ リンゴとポテトのピューレ


一番下に、リンゴとポテトを細かく摺り潰したピューレ。

その上に、ポワレしたフォアグラと、半熟玉子、ミルクのフォームを添えています。


☆ むささび食堂 ☆





優しい甘みの、みるくのフォーム。泡がきめ細かく、口溶けが良いです。


☆ むささび食堂 ☆







トロトロの半熟玉子を崩して、他の材料に絡めて、頂きます。


少し硬めに調えられた、リンゴとポテトのピューレは滑らかに。

半熟玉子の甘みが加わります。


ブラックペッパーのパンチが効いていて、アクセントに。

☆ むささび食堂 ☆





フォアグラは表面に軽く焼き目が付いていて、カリッとしています。

中はふっくらしていて、ジューシー。

こちらも、トロトロ玉子を絡めて頂きます。


☆ むささび食堂 ☆




食パン 3種。

左上から、ケシの実が入ったセサミ(胡麻)風のパン、


右上は、香草を練り込んだパン。

・ ローズマリー

・ セージ

・ タイム

・ エルブ・ド・プロヴァンス

という4種類のハーブを練り込んでいるそうです。


左下は、ソフトパイプのプレーンなパン。


☆ むささび食堂 ☆             ☆ むささび食堂 ☆





☆ むささび食堂 ☆             ☆ むささび食堂 ☆





スープ ; 鱈の白子が入った、聖護院大根のポタージュ



白磁のスープボウルが可愛らしいです。

☆ むささび食堂 ☆






細かい気泡が入った、カプチーノ仕立てのスープ。

花穂じそと、刻んだあさつきが添えられています。


ポタージュスープは、大根のエキスが十分に出ているようで、風味が強く感じられます。


スープの中からは、フライパンで表面に焼き目を付けた、

鱈白子のムニエルが出てきて、スープに絡めて頂きます。

ふっくらしていて、甘いですねリス


☆ むささび食堂 ☆







魚料理 ; まながつお フォーム仕立てのブール・ブランソース


皮目をパリッとさせて、ソテイした、まながつおのステーキです。

身質の柔らかい、白身はしっとりしていて、上品です。


付け合せの野菜は、シメジ、ブロッコリー、小かぶら、レンコン、白アスパラ。


濃厚な、ブール・ブランソースがお魚だけでなく、温野菜にも良く合いますね。

☆ むささび食堂 ☆





白アスパラが柔らかいです。


レンコンは一度、炊いて、下味を付けているみたいですね。

サックリ&しっとりの両方を併せ持っていて、心地よい食感です音譜

☆ むささび食堂 ☆






お魚料理を食べ終えた後、お肉用のナイフが並べられます。

シャトー・ラギオール。


☆ むささび食堂 ☆




もしやと思って、柄の背の部分を見ると、
セミの刻印が!!


このセミの刻印が入った、シャトー・ラギオール社のナイフは、同社の中でも、

最高品質なナイフの証だそうです。


☆ むささび食堂 ☆





肉料理 ; 黒豚のロティ バルサミコソース添え

豚肉とバルサミコ・・・王道の組み合わせですねリス

合わない訳がない音譜


ブラックペッパーがアクセントになっています。


特筆するべきは、黒豚の味がとても濃いこと。

どこの黒豚かは分かりませんが、脂身の旨みではなく、

お肉自身の味がとても濃くて、しっかりとした繊維質なので、食べ応えがあります。


☆ むささび食堂 ☆





お野菜は、

ロマネスコ、シメジ、レンコン、人参、牛蒡。

それと、マッシュポテト。

マッシュポテト、トロトロと滑らかな食感でした。


☆ むささび食堂 ☆            ☆ むささび食堂 ☆






お肉料理を食べ終えた所で、中座して、お手洗いへ。


アメニティもオシャレです。

☆ むささび食堂 ☆




2、3年前に、真っ黒なトイレタリー・グッズが流行りましたよね!?

真っ黒な、トイレットペーパーとか・・・。


炭が練り込んでいたら、面白いですよね!?音譜     


☆ むささび食堂 ☆






食後の飲み物と一緒に、デザートの準備がされます。

☆ むささび食堂 ☆





デザート ; 苺のエクレアとバニラアイス

☆ むささび食堂 ☆





軽い食感のシュー生地の中に、フレッシュな苺がたっぷり入っていて、

甘酸っぱいですいちご
イチゴを挟み込んでいる、シュー生地の裏側には、

意識して食べないと、気付かないくらいに、

優しい甘みのカスタードがごく薄く塗られています。



☆ むささび食堂 ☆




バニラビーンズの薫りが鮮烈な、アイスクリーム。

トロトロのイチゴソースの甘酸っぱさが爽やかですね。


☆ むささび食堂 ☆






食事を終えて、自宅に戻ります。

道中、咲いていた、梅の花。

あと、1週間程度で満開ですね紅梅


☆ むささび食堂 ☆





【 ラ・メゾン・ブランシュ 】


住所 : 大阪府豊中市上野東 1-4-14 地図

      

電話 : 06-6852-7628


ホームページ : http://www.la-maison-blanche.jp/


定休日 : 月曜日


営業時間 : ランチ 11:30~14:00(LO)  ディナー 18:00~21:00(LO)


北摂きってのグランメゾン。

設備も充実していて、ラグジュアリーな雰囲気の中で食事が楽しめます。


料理は、和食でも良く出て来そうな食材を巧く取り入れ、フランス料理のスタイルとして、

供されるので、興味深いです。





今晩は、屋形船に乗って、夜桜を楽しみます。

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2011.04.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/148-90fa724d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。