グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

『 ふかふか柔らかい、しらすがてんこ盛り 』



☆ むささび食堂 ☆


昨日は、淡嶋神社を初め、加太湾周辺のを徒歩でくまなく観光し、美味しい紀州鯛を食べて、

すぐに就寝してしまいました。



お昼に訪れた満幸商店の、天然鯛の湯引き定食の記事は、こちらです。

 ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10895014791.html



パワースポット 淡嶋神社から始まる、加太市内の観光の記事はこちらです。

 ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10898113886.html



良質な紀州鯛を頂ける、鯛にこだわり店主の、『 地魚料理 いなさ 』 の記事はこちらです。

 ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10899869946.html


朝、早起きをして、地元で獲れた魚介類が買える、

加太鮮魚を訪れます。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



☆ むささび食堂 ☆




加太漁協では、300隻程度の船が出漁しているそうです。

こちらで漁獲される魚は、ほとんどがその日のうちに水揚げされて、

活けのまま入札されるので、身が締まっていて、鮮度が抜群です。


中でも良質といわれる、鯛の扱いは、とても丁寧で、

まず、漁法はカブラ釣りといわれる伝統漁法で疑似餌を用いて漁獲し、

コマセは一切使用しません。

そして、さらに、釣り上げた鯛は、あらかじめ用意していた竹バリを

肛門から深く差し込んで、空気袋を抜いて空気を抜きます。

そうすることによって、魚を死なせることなく、活けのまま水揚げされます。


鯛を狙う、友が島周辺の海域は、海流がもの凄く速いそうです。

一本釣りの小さな船で漁をするのは、命掛けです。


☆ むささび食堂 ☆




加太鮮魚の入っているガレージ。

加太鮮魚は、加太漁協直営の、中卸しです。


センター内には、他にも4店ほどの中卸しが入っています。


            ☆ むささび食堂 ☆





ガレージの屋根の上に止まっている、海鳥。

山の山頂に見えるのは、紀州加太の休暇村。

周辺で最も標高の高い山頂に立つ、眺望の良い宿泊施設です。


☆ むささび食堂 ☆







指名手配中の、オニオコゼ。

見つけられた方は、こちらまで連絡してあげて下さい(笑)リス

やじるし 和歌山県栽培漁業協会 ℡ 073-459-1225


☆ むささび食堂 ☆






活魚を保管する、プール。とても大きな施設です。


建物の中央に走っている、配管から、効率良く新鮮な空気が

送り込まれる仕組みになっているようです。

まるで、食品工場のクリーンルームのように、衛生的な施設です。


☆ むささび食堂 ☆






マダイ。2~3kg。


☆ むささび食堂 ☆





黒メバル。

加太の海域では、最も良く獲れる魚です。

シンプルに塩焼き、美味しそう・・・リス


☆ むささび食堂 ☆





カワハギ。身が凄くふっくらしています。


☆ むささび食堂 ☆





ヒラメ。


☆ むささび食堂 ☆






マダコ。


☆ むささび食堂 ☆



他にも色々な魚が保管されています。

これから秋にかけては、マアジが美味しいそうです。





これから、友が島を訪れて、トレッキングをする予定でしたが、

運航船の発着場所を訪れると、この日は島周辺の波が高いため、

一日運航が中止とのことで、友が島に向かうことができません。


当初は、早朝から漁師船で、鯛釣りに行こうとも考えていたのですが、

それだと、友が島を観光することができないので、釣りは断念して、

友が島観光を選択したので、凄く残念汗


でも、こればかりは仕方がないです。


市内の観光は、前日にほぼ済ませたので、今日一日することが思い付きません。

昨日、訪れた淡嶋境内にある、満幸商店で朝食を食べて、

このまま大阪に帰ることにします。


☆ むささび食堂 ☆





朝8時30分頃。

開店準備に取り掛かっている所です。

お店の向かいにあるベンチに腰掛けて、開店時間の9時まで待ちます。


☆ むささび食堂 ☆





店内の客席の準備が、早く完了したようで、

開店時間までには、15分くらいありますが、店内で待たせてくれます。

ちょっとした気遣いが凄く嬉しいです。リス


☆ むささび食堂 ☆




お店の準備が整った所で、注文を聞いてくれます。

『 満幸商店 』 では、昨日食べた、地元加太の紀州鯛と、貝の浜焼きが名物料理ですが、

それ以外にも、看板商品がたくさんあります。


域に捉われない、地元の魚介類を使った、独創的で多彩なメニューのオンパレードです。


昨日、お昼に訪れた際に、周囲のお客さんがよく注文していた、

 『 かまあげしらす丼 』 と、『 うにトースト 』 を注文します。



『 かまあげしらす丼 』 700円


昨日、注文しているお客さんのを見ていて、スタイルは分かっていたのですが、

改めて間近で見ると、とてつもないです!!


深鉢の丼と同じ位の高さのしらすの山が、てんこもりです。

まさに、しらすマウンテンです富士山


以前に、大阪市内の某お店で、

店頭の海鮮丼マウンテンな写真を見て、お店に入ったのですが、

表面の刺身を、箸で1枚ペロンとめくると、実は炭水化物マウンテン( 白ご飯)リス という、

笑えない事件がありましたが、

こちらは正真正銘の、しらすマウンテン丼です。


あまりの凄まじさに、私の頭の中が噴火しそうです噴火


特製のワサビソースが一緒に添えられます。


☆ むささび食堂 ☆




いきなり、箸を入れて食べようとすると、下にこぼれ落ちそうなので、

丼の下に敷かれていた、お皿に山盛りのしらすを移します。

20cm四方ありそうな、お皿がいっぱいになる量ですよ!!リス

しらす丼は後に残しておいて、先にしらすだけを頂きます。


ふかふかと、とても柔らかいです。

塩分もごく薄くて、上品ですねリス


☆ むささび食堂 ☆




一緒に添えられている、ワサビソースを少し掛け回します。

ワサビソース、醤油ベースにワサビを溶かした、甘辛い味に調えられています。

ツンとくる薫りがすがすがしいです音譜

ソースの中には、細かく刻んだ芽かぶと、梅干しが1個入っています。

芽かぶは、この地域から推測すると、天然ワカメの芽かぶですね。

しっかりとした、骨太なコリコリした歯応えと、弾力があります。


☆ むささび食堂 ☆





続いて、丼の方を頂きます。

少し硬めに炊かれた、アツアツのご飯に馴染んで美味しいです。


しらすを口に入れた時の、とろけるような柔らかな食感が良いですねリス


☆ むささび食堂 ☆




『 うにトースト 』


漁港のビストロ料理です。

フランスパンの上に、薄くバターの塗って、その上から濃厚なウニペーストが塗られています。


こってり濃厚な、うにペースト。焦げた部分の薫りが香ばしいです。

塩味がしっかり効いている点は、アンチョビのペーストに繋がる部分がありますね。

もう少し少量でも十分に味わい深いです。


樽の薫りが利いた白ワインや、お米の旨みが芳醇なタイプに日本酒に合いそうですね。

朝食なのが、残念です。

☆ むささび食堂 ☆





温かい、お茶を頂きます。

☆ むささび食堂 ☆




食事を終えて、このまま電車に乗って、大阪に帰ろうとしたところ、

嬉しいハプニングがありました音譜


満幸商店は、女性が4~5人で切盛りする家族経営のお店なんですが、

二日続けて訪れた私の事をしっかりと覚えてくれていて、とても親切にして下さいました。

昨日、訪れた時は、ちょうど正午を回った所で、ピークの時間帯。

しかも、ゴールデンウィークの初めだったので、次々をお客さんがお店になだれこんでくる、

てんやわんやの状態あせる

活気のあるお店は、大好きなので、それはそれで楽しかったのですが、

当然、お店の方とお話することはできませんでした。


その慌しい時間帯に訪れた私の事を覚えて下さり、かわるがわるに、話しかけて下さる。

それだけでも嬉しいのですが、

お店の牧姉さんが、加太湾で最も眺望の良い、休暇村まで車で送って下さるとのこと。

牧姉さんは、厨房を取り仕切る女性の方で、とても元気のあるパワフルな方です。


そして、牧姉さんいわく、その休暇村の近くに、砲台跡と展望台がある、

トレッキングコースがあるそうです。

友ヶ島に行けなかったことは、一言も伝えていなかったのですが、

おそらく、それを分かってのさり気ない対応。

今日も、正午の慌しい一日の為に、仕込みなど準備はたくさんあると思うのですが、

私のために、貴重な時間を割いて下さり、本当に恐縮です。


でも、せっかくなので、ご好意に甘えて、休暇村のある山頂まで、

連れて行ってもらうことにします。

おかげで、加太にもう少し残って、観光を続けたいと思いますリス




【 満幸商店 】


住所 : 和歌山県和歌山市加太118 淡嶋神社境内 地図

      

電話 : 073-459-0328


ホームページ : http://www.eonet.ne.jp/~sakanahime/index.html  



営業時間 : 9:00~17:00 *17:00以降は、2日前の要予約。コースのみ。  

        

お店の方の真心溢れる、親切に心を打たれました。

夜限定の、鯛尽くしのフルコース、必ず伺いたいと思います。

多彩な料理のレパートリー、楽しみです♪♪



【 加太鮮魚 】


住所 : 和歌山県和歌山市加太141-5  地図

      

電話 : 073-459-1268


ホームページ :  http://kadasengyo.com/  


  

現地で、天然鯛など鮮魚が買える直売所です。

上記の、ホームページにて、郵送で送ってもらうことも可能です。






しらすマウンテンを見て、今年こそ富士山登頂を決意する、むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2011.05.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/173-e1d600c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。