グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

『 高台のカフェ アルゴ 』


☆ むささび食堂 ☆




1泊2日の加太漁港の散策も終盤です。

午前中、友ヶ島行きの船は欠航ということで、そのまま帰ろうと思っていたのですが、

『 満幸商店 』 さんからの、ひょんなご縁とご好意によって、

もう少し、滞在することにします。音譜


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



お昼に訪れた満幸商店の、天然鯛の湯引き定食の記事は、こちらです。

 ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10895014791.html



パワースポット 淡嶋神社から始まる、加太市内の観光の記事はこちらです。

 ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10898113886.html



良質な紀州鯛を頂ける、鯛にこだわり店主の、『 地魚料理 いなさ 』 の記事はこちらです。

 ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10899869946.html


早朝に再訪した、満幸商店の豪快盛りしらす丼と雲丹トーストの記事はこちらです。

 ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-10902231864.html

自家用車で、小高い山頂にある絶景の宿、休暇村に行く途中、

満幸商店の牧姉さんと色々な話題で盛り上がります。

仕事の事とか、学生時代の生活、現在私が住んでいる場所など、

けっこう、共通点が多くて、時間が過ぎるのが、あっという間でした。

これから、連れて行って下さる、休暇村のある場所から少し、山を下りた所に、

地元の人しか、あまり知られていない、展望台と砲台跡に向かうトレッキングコースが

あるそうです。

訪れる人が少なくて、眺望がとても良いとか・・・。

加太の中でも、絶景のロケーションに恵まれた宿、休暇村に到着です。




☆ むささび食堂 ☆






施設の中には、紀淡海峡を眺めることができる、テラスがあります。

正面に見えるのが、今回訪れることのできなかった、友ヶ島。

遠目から見ても、波が高くて、風が突風のように強いです。


☆ むささび食堂 ☆





休暇村から少し、山道を下りて、これから砲台跡に向かいます。

山間の中を抜ける、石畳の気持ちの良い、トレッキングコースです音譜


☆ むささび食堂 ☆




20分ほど、石畳の道を歩いたあと、いきなり視界が開けて、

展望台に到着。

地元の人しか知られていない場所だけあって、私以外に人はおらず、

絶景を独り占め。


☆ むささび食堂 ☆





天候が悪いため、視界があまり良くありませんが、

奥には淡路島がうっすら見えます。


一隻のヨットが帆に風を受けて、白い軌跡を残します。


☆ むささび食堂 ☆






展望台のある場所は、緑の濃い木々に囲まれた、広場になっています。

人の気配が感じられない静寂に包まれた空間・・・いえいえ、

静寂どころか、とても賑やかです。


人の声や車の通る音など、普段聞き慣れている音の変わりに、

海から吹き抜けてくる風の音、木々の擦れる音、鳥のけたたましい鳴き声などが、

主導権を握ります。


とくに、四方八方から吹き付けてくる風の音が凄くて、

まるで、今いる広場は風の集会所。


☆ むささび食堂 ☆




広場から、急な階段を降りると、砲台跡の入口です。


  ☆ むささび食堂 ☆





淡路島の由良港と本州和歌山の加太の、この地は、軍事的に重要な場所だったそうで、

各所に砲台が設置されていたようです。

今訪れている、この場所にも、高台のぐるりを囲むように、9つの砲台が、

設置されていたそうです。


☆ むささび食堂 ☆






トンネルのようなドーム型の入口の右脇にある階段が、

火薬の格納庫の入口です。


☆ むささび食堂 ☆





階段を降りて、格納庫の入口。

赤いレンガの壁が、現在でも艶やかです。


☆ むささび食堂 ☆






火薬の格納庫内。

昼間でも、薄暗くて、厳かな雰囲気です。


☆ むささび食堂 ☆






砲台跡を訪れたあと、先程展望台から眺めた、岸壁の下の海岸に下ります。

木々の生い茂っている場所まで、海水や海藻が残っていて、

満潮時には、そこまで海水に浸されているようです。


☆ むささび食堂 ☆







展望台を見学したあと、先程訪れた、トレッキングコースの入口に戻り、

市内に向かって、山を下ります。


途中、地元の人が良く利用する、テニスコートなどスポーツ施設が併設された、

公園を訪れます。


ここも、満幸商店の牧姉さんの教えてもらった、穴場スポットです。

☆ むささび食堂 ☆





少し崩れかけていた天候も良くなって、ぽかぽか気持ち良いです音譜

ベンチでしばし昼寝ぐぅぐぅ


☆ むささび食堂 ☆





風になびく草の連なりがビロードのように滑らかで綺麗です。

視覚だけの心地良さだけではなく、青草の甘い薫りも一緒に運ばれてきます。


☆ むささび食堂 ☆





山を徒歩で降りて行って、再び市内に戻ります。
加太漁業協同組合が運営している、海産物直売所。


☆ むささび食堂 ☆





倉庫 兼 店舗。
民家の中にあります。


☆ むささび食堂 ☆






今回の加太訪問で、何度も取り上げた、天然若芽。

しっかりとした食感で、磯の薫りがとても濃厚です。

胡瓜と一緒に酢の物にしてもよし、

お味噌汁の具材にしてもよし、

いずれにしても、若芽の風味が濃厚です。


☆ むささび食堂 ☆





水に戻すと、3倍くらいの重量になり、大きく膨らみます。

☆ むささび食堂 ☆






ところ天の原料の、てんぐさ。

こちらも天然です。


☆ むささび食堂 ☆





続いて、加太駅の前から伸びている、民家の間の細い道を歩いて、高台の住宅地、

サニータウンへ向かいます。


民家の間の道を抜けると、山に囲まれた、山間の道を歩きます。

サニータウンは、この道を抜けた山頂の高台にあり、地元の高級住宅街です。

山頂から見下ろす、海のロケーションが素晴らしくて、1つ1つの家々も、とても大きいです。


☆ むささび食堂 ☆






高台の岸壁に建っている、家。

眼下に押し寄せてくる、波の様子が凄く迫力があります。


☆ むささび食堂 ☆





さらに高台に登ります音譜


閑静な住宅の中にひっそり佇む、カフェ 『 アルゴ 』。

☆ むささび食堂 ☆





☆ むささび食堂 ☆





ログハウス風の店内で、見晴らしの良い、テラスがあります。


☆ むささび食堂 ☆






☆ むささび食堂 ☆





アルゴの真下にある家。

どの家も庭がとても広くて、菜園を設けている所が多いです。

湾の奥にうっすら見える、白い建物群の辺りは、和歌山市内です。


☆ むささび食堂 ☆





早朝から、休むことなく歩き通し。

気持ちの良い風を受けながら、コーヒーブレイクですリス


☆ むささび食堂 ☆





【 アルゴ 】


住所 : 和歌山県和歌山市加太2201-458 地図

      

電話 : 073-459-2081

営業時間 : 平日 12:00~19:00

         土・日・祝祭日 11:00~21:00 

        

高台からの眺めが気持ち良い、ログハウス風のカフェ。

今回、注文しませんでしたが、カレーライスも名物だそうです。








ようやくスマートフォンを持つことを決意した、

超アナログ小動物な、むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2011.05.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/174-ae973267
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。