グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

『 ふわふわ湯葉茶巾蒸し 』


☆ むささび食堂 ☆






1泊2日の加太漁港の旅。

2日目も色々な場所を散策した後、帰路に着きます。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


南海電鉄加太線で、和歌山市駅に向かいます。

和歌山市駅からは南海本線に乗り換えて、そのまま天王寺駅まで向かいます。


2両編成の小さな列車です。


☆ むささび食堂 ☆





時刻は夕方5時頃。

そのまま真っ直ぐに和歌山市駅へは向かわず、

今回の旅に際して、事前にリサーチしていて、気になったお店に立ち寄ります。

加太駅-和歌山市駅 間のちょうど中間付近に位置する、八幡前駅に途中下車です。


☆ むささび食堂 ☆






☆ むささび食堂 ☆




駅を降りて、北方向に歩きくと、片道1車線の国道7号線に出てきます。


☆ むささび食堂 ☆





この国道が、この街周辺の主要幹線で、最もお店の多い通りなのですが、

ご覧の通り、店舗を畳んで、かなりの年月を経たような、建物がたくさん立ち並びます。

☆ むささび食堂 ☆





この辺りは、高度成長期の頃、住友金属のプラントをはじめ、

たくさんの工場の建設ラッシュがあり、一気に人口が流入したそうです。

その結果、マンションなどの住宅設備、飲食店やボーリングなどの遊技場が、

雨上がりの筍のように、次々とできて、とても活気があり、住友金属の名から取って、

“ 住金銀座 ” といわれていたそうです。


しかし、その後、こうした工場やプラントが次々と撤退し、それを追うように、

人口の流出が加速し、こうしたゴーストタウンのような状況になったそうです。


少しうら寂しい気がしますが、下町情緒と昭和な雰囲気が色濃く残っていて、

ノスタルジックな気持ちになり、それも悪くないと思いますリス



☆ むささび食堂 ☆






今日、わざわざ訪れるために、途中下車をして、訪れるのは、『 割烹 うしお 』


和歌山市内の有名料理旅館で修行した大将が、独立して腕を振るうお店です。

今回訪れた加太の鯛をはじめ、紀州で獲れる魚介類の質の良さと、

料理そのものの評価も高く、わざわさ訪れる常連客がたくさんおられるそうです。


閑静な住宅街の中に入って行きます。

途中、所々にカラオケ教室と書いている、昼間から歌えるお店があり、

これがまた、昭和な感じです音譜


☆ むささび食堂 ☆







閑静な住宅街の中にひっそりと佇む一軒家のお店。

開店時間は、午後6時。まもなくです。リス


☆ むささび食堂 ☆




カウンターが6席と、小上がりのテーブル席が2卓の、

小ぢんまりとした、お店です。


       ☆ むささび食堂 ☆





メニューはこんな感じで、どれも美味しそう音譜

春を感じさせる、魚介や食材が、随所に入っていますね。


アラカルトで、好きな物を色々注文します。


☆ むささび食堂 ☆




『 お造り盛り合わせ 』


紀州で獲れた、魚介類がふんだんのお造り見繕い。

加太漁港に訪れて2日間、鮮度は良いけど、

飾り気のない料理ばかり頂いていたので、

見た目鮮やかで、手の込んだ盛り付けが新鮮ですリス

1品ずつ、順番に紹介しますね。


☆ むささび食堂 ☆





加太漁港で水揚げされた、天然鯛です。
もう、現地で何度も頂いた、美味しい鯛です。

現地で頂いたよりも、薄く挽かれていて、上品です。


加太の鯛らしい、背の部分のコリコリした食感と、脂の乗りに加わって、

旨みも口の中に広がります。

☆ むささび食堂 ☆






剣先いかのお造りと、いくら。

細かく入った、包丁の切り目。

都会の中で食事をしていると、当たり前のように感じていた、

細かい技と、味わいに、改めて日本料理は良いな・・・と感じました。


☆ むささび食堂 ☆





徳島で獲れた、鱧の落とし。

手前は梅肉、奥は酢味噌で・・・。


さっと湯に潜らせて、牡丹の花のようにぷっくら膨らんだ、

鱧の身が可愛らしいですね。


骨切りもしっかりされていて、歯に全然当たりませんね。

やや小ぶりで、上品な味の鱧でした。


☆ むささび食堂 ☆




初かつお。

和歌山周参見のケンケン鰹です。

和歌山ではこのケンケン鰹や、加太の紀州鯛などのように、

古くから継承されている、こだわりの漁法がたくさんあります。


その多くが、一本釣りや、その仕掛け、

そして、釣り上げてからの血抜きや締め方などの処置に特徴があるのですが、

要は、いかにして魚にストレスや緊張を与えないかという点と、

港に帰るまでの鮮度の保持について、細かい工夫がたくさんあるそうです。


とても、もちもちしていて、美味しいですね。

この数年、春~初夏にかけての初がつおでも、

しっかりとした脂の乗りを感じるのは、私だけでしょうか・・・(笑)。

戻りがつおのような、旨みも感じられますねリス


☆ むささび食堂 ☆





加太の天然ワカメ。

こちらも現地で、何度も頂きます。

磯の薫りと風味がしっかりして、こりこりシャキシャキした食感が良いですね。

☆ むささび食堂 ☆




カウンターに並べられた、小鉢料理。

京都のおバンザイみたいです。

☆ むささび食堂 ☆





色の薄いお出しに、ひたひた漬かっていて、美味しそうです。

つんとくる春の爽やかな薫りが、こちらまで、伝わってきそうです音譜


☆ むささび食堂 ☆





小鉢料理を、適当に見繕って、盛り付けて頂きました。


真ん中が、豚の角煮。とても、柔らかくて、中まで味が染みていて美味しいです。

表面に絡む、黒砂糖の風味が良いですね。


野菜は、紀州日置川周辺で収穫された、うすい豆に、蕗、筍、チンゲン菜、

そして、もみじ麩。

しっかりとした美味しさの角煮と、春に旬を迎える野菜の出会いです。


☆ むささび食堂 ☆




個々の食材それぞれに合う、味付けが施されていて、丁寧です。

うすい豆はふっくら甘くて、蕗独特の鮮烈な香り、

そして、筍の柔らかい食感と甘い薫り。

やっぱり野菜も魚も、走りよりも、旬が大好きです音譜


とくに、蕗のシャキシャキした食感と、独特のトロトロした粘り。

とても美味しかったです。


☆ むささび食堂 ☆





『 湯葉の茶巾蒸し 』

薄い湯葉に包まれた、饅頭仕立て。

茶巾仕立ての饅頭が肩まで浸かるくらいに、

餡がたっぷり張られていて、アツアツです。


上品な色合いの餡には、銀杏とうすい豆、紅葉麩が流されていて、

見た目にも鮮やかです。


☆ むささび食堂 ☆




饅頭の中には、焼き鰻とプリプリな海老、木耳が入っています。

つなぎは、山芋に卵白が入っているのでしょうか!?

マシュマロのようにふわふわですね。


絡む餡も、しっかりとした出しの薫りがしながら、主張し過ぎることなく、

繊細なお味です。

浪速の割烹というよりも、

京都に訪れて、薄味の蕪蒸しを頂いているような感じに近いです。


☆ むささび食堂 ☆






『 アワビのグラタン 』


和食屋さんで頂く、グラタンは好きなので、多分にもれず注文。

表面のパン粉は香ばしく、ふつふつしていてスフレみたいです。

☆ むささび食堂 ☆





アワビの身がたっぷり入っています。

ベシャメルソース(ホワイトソース)も薄味で上品な感じ。

個人的には、もうちょっと、しっかりメリハリを付けた味が好みかなリス


でも、やや控えめな味わいのため、ソテイした鮑の薫りなどがはっきり感じられて、

良い感じです。

☆ むささび食堂 ☆






肝もしっかり入っています。

肝好きの私にはたまりませんね。ほろ苦くて、お酒が進みます音譜


☆ むささび食堂 ☆





『 穴子寿司 』


“ 割烹 うしお ” さんの料理はどれも上品で、レベルが高く感じられたのですが、

これは、特に美味しかったです。

☆ むささび食堂 ☆





派手さはありませんが、凄く手間が掛かっていますね。

穴子を蒸して、一度裏漉ししてから、味付けをして調えています。

酢飯と穴子の間に、これがまた絶妙な味加減の椎茸の炊いたものを

サンドして、仕上げに穴子の表面に焼き目を付けているようです。


穴子の上とお皿の下に敷かれた、上品な甘ダレが、とても美味しいです。


ホクホク柔らかいフレーク状の穴子と、酢飯の食感がとても良く馴染んでいます。

間違いなく、お店の名物料理ですね。

☆ むささび食堂 ☆




今回の記事で、加太漁港の旅に関連する、記事は本当に最後です(笑)。

大阪市内から、車でも電車でも、わずか1時間程度で行ける和歌山加太。


美味しい食材の宝庫でした。


今回で、最後と言わず、3月の鯛が最も美味しい時期を狙って、また再訪したいです。リス




【 割烹 うしお 】


住所 : 和歌山県和歌山古屋 34-12 地図

      

電話 : 073-453-1533


下町情緒溢れる、八幡前の割烹料理店。

和歌山市や加太に訪れる機会には、必ず立ち寄りたいお店です。


料理は、今回アラカルトで6,000円程度。

個々の料理に派手さはありませんが、ハッと感じる上品な味付けに、

質の高さが感じられます。

穴子寿司は、少し通いたくなるような、美味しさです。






昨夜は美味しい串揚げに、またまたカロリーオーバーな、

むささび太郎に、クリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2011.06.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/175-4881d8ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。