グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

『 ふわふわ比内地鶏の親子どんぶり 』



☆ むささび食堂 ☆


昨日は七夕七夕

皆さんは、何かお願い事をされましたか!?リス


七夕といえば、天の川。

幼少の頃から夜空を眺めるのが好きだった私は、

毎年、七夕の日には、空に浮かぶ天の川を確認するのですが、

残念ながら、関西では今年も雨。

来年こそは、クリアな夜空の中で、

織姫と彦星が出会う瞬間に立ち会えることを願うばかりですリス

さて、大阪心斎橋の路面に店舗を構える、『 心斎橋 今井屋本店 』 にお伺いしました。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング




日本三大地鶏の1つ、比内地鶏を使った、焼き鳥屋さんです。

通りを歩いていて、偶然にお店を見つけました。


今井屋さんといえば、東京の恵比寿にある、『 今井屋本店 えびす総本店 』。

東京で暮らしていた、10年ほど前、良く利用していました。

焼き鳥屋さんとしては、けっしてリーズナブルな値段ではなく、

がっつり食べたり呑んだりすると、割烹店を利用したような、お会計になりますが、

比内地鶏のジューシーで濃い旨みと、職人さんによる絶妙な焼き加減、

そして、絶品な親子丼ぶりが美味しくて、定期的に通っていました。



大阪にも今井屋さんがあるとは、知りませんでした。

恵比寿の今井屋さんの直営なのか、あるいは暖簾分けのお店なのか、

詳細は、知りませんが、いずれにしても、関連のあるお店だと思われます。


10年ぶりに、懐かしい今井屋さんの、比内地鶏の焼き鳥。

迷わずに、暖簾を潜ります。


☆ むささび食堂 ☆              ☆ むささび食堂 ☆





初夏らしい、風鈴と笹の葉。

風鈴の音色が涼しいです風鈴


お店を利用したのは、6月半ば頃ですが、

今の時期は、笹の葉に短冊が掛けられているかもしれませんねリス


☆ むささび食堂 ☆





店舗の入口のつくばいの中を泳いでいる金魚出目金

初夏ですねリス


☆ むささび食堂 ☆





お店の中に入ると、素材を焼く様子が見える、ガラス張りの炭焼き台スペース。

熱を効率良く、遮断する機能も兼ね備えているらしく、

客席部分は、とても快適です音譜


その日の鶏を焼くスペシャリスト “ 焼方人 ” の名前が入った、

木のプレートが掲げられています。


☆ むささび食堂 ☆






店内は、中を見渡せる厨房に沿うよに、カウンターを配した、

ウナギの寝床のような形です。

店内奥には、団体利用にも対応した、小上がりの座敷席が設けられているようです。


カウンター上部の、黄金色の稲を模したディスプレーが美しく、

実りの豊かさを感じさせます。


そして、店内の演出で、もう1つ特筆すべきは、

お寿司屋さんのような、ネタショーケース。

もちろん、魚介類が入っているわけではなく、

様々な部位の比内地鶏が並べられています。


上質で鮮度の良い、比内地鶏を扱うからこそ、可能なガラス張りの演出。

そして、オーダーが入るごとに、

純白な清潔感のある割烹着に身を包んだ、料理人さんが手際よく、肉を切り分けていきます。


まさに、焼き鳥割烹ですね。リス

焼き鳥特有の隣りの席と肩を触れ合うような気軽さと、凛とした空気が巧く調和して、

何ともいえない居心地の良さです。


☆ むささび食堂 ☆





カウンター席の背後にあるテーブル席の、壁面のタペストリー。

無駄がなく、和な感じ。

さり気なく、居心地の良さに、一役買っていますリス


☆ むささび食堂 ☆





まずは、キンキンあせるに冷えた、ハイボール。


☆ むささび食堂 ☆





お付だし。

『 胡瓜の浅漬け 』 と、『 鶏の笹身とニンジン、小松菜の和え物 』


胡瓜の朝漬けは、ポリポリと歯触りが良くて、胡麻油の香りが効いていて、

爽やかなハイボールに良く合います。


和え物の方は、しみじみとお出汁の味が染み込んでいて、

鶏の旨みが、より一層味わい深く、引き立てています。


これから、焼き鳥を食べるぞーグー という時に、

最初に、さっぱりとした、お野菜が主体なお通しは有難いですねリス


☆ むささび食堂 ☆





『 比内地鶏生ハムのシーザーサラダ 』 980円


比内地鶏の胸肉の生ハムに、同じく比内地鶏を使った半熟卵、

シャキシャキでパリッとした、無造作にちぎったレタスと、

霰(あられ)切りにしたトマト、といったシンプルなサラダ。


比内地鶏の生ハム・・・モッチリしていて、とても美味しいです。

地鶏なので、味わいは違いますが、脂の乗ったスモークサーモン位に、

コクと旨みがあります。


半熟卵の卵黄の部分も、しっかりとしたハリがあって、

とても濃厚です。

生ハムや野菜に絡めると、とても味わい深いですねリス


シーザードレッシングや、上から振り掛けられている黒胡椒やパルメザンチーズは、

ごく控えめに添えられているのですが、素材の味が濃いので、十分に美味しく頂けます。


比内地鶏の生ハムと卵を主軸に据えた、濃厚シーザーサラダです。音譜


☆ むささび食堂 ☆






『 レバーパテ・ドゥ・バケット 』 780円


メニューに記載されている名前をそのまま書きましたが、

要するに、『 鶏レバーパテのガーリックトースト添え 』


今井屋さんでは、鶏の串焼きだけではなく、

酒肴、揚物、煮物、食事・・・など、居酒屋使いもできそうな、

鶏を用いたサイドメニューも充実しているのですが、

良くポイントを押さえてますね音譜

羅列されている商品のどれもが、頼んでみたくなりますリス


☆ むささび食堂 ☆





ガーリックトーストは、表面はカリカリに、中はふっくらソフト。

☆ むささび食堂 ☆





レバーは想像していたよりも、臭みが抑えられていて、

優しい甘みも感じられる、まろやかな味わいです。


トーストに比して、レバーはたくさん添えられているので、

たっぷりと塗ってリス


日本酒が飲みたくなる味わいです音譜


☆ むささび食堂 ☆






まずは、塩味の串焼きから音譜


定番の 『 ねぎま 』 500円


熟成されたようなモモ肉の旨みを、粗塩がしっかりと引き出します。


お肉の中の脂が溶け出して、水分が外に逃げ出し過ぎない頃合いで、

焼き上げられているので、身がぷっくり膨らんでプリプリ、

そして、ジューシーです。

さすがは、焼方の匠(たくみ)リス


この、500円という価格。1本の価格です。

焼き鳥の相場感から考えると、おいおいあせる という感じですが、

この素材の美味しさと、丁寧な焼き加減に、

東京在住の頃、納得しながら食べていました。


☆ むささび食堂 ☆






『 ソレリス 』 450円


最近では、定番になりつつある、稀少部位ですね。

鶏のお尻の部分、モモの付け根の辺りのお肉です。


コリコリとした弾力があって、濃い味です。

赤身の周りに付いた、脂身と一緒に頂きます。


☆ むささび食堂 ☆






『 軟骨の唐揚げ 』 680円


もちろん、比内地鶏の軟骨を使用した唐揚げです(笑) 

わざわざ、“ 比内地鶏使用 ” とメニューに書いている。


コリコリしていて、噛んだ時にしっとり感もあり、ジューシー。

比内地鶏って、何故どの部位もこんなに味わい深いのでしょうねぇ・・・音譜

しばらく置いて、冷めてからでも、十分に美味しいです。


振り塩の加減も絶妙。

レモンをぎゅっと搾って頂きます。リス


☆ むささび食堂 ☆




さて、ここからは、タレの美味しさを味わいます。


『 手ごねつくね 』 550円


今井屋さんで、名物料理の1つ、といっても過言ではない、

大振りなつくね。


柔らかくて、とてもジューシーです。

表面に細かく切れ込みを入れて、じっくり長時間かけて焼き上げているので、

中までしっかりとタレの味が入り込んで、美味しいですリス

この秘伝のタレ、辛すぎず、上品でまろやかな感じなのに、

奥深い味わいです。


比内地鶏の卵黄を絡めながら・・・とても贅沢ですねリス


☆ むささび食堂 ☆




『 はつ 』 430円


コリコリしていて、タレがしっかり絡んで美味しいです。


☆ むささび食堂 ☆





『 親子丼 』 1,100円


必ず注文したくなる、名物丼です。
卵をどんなけ使っているの!?と考えてしまうような、

たっぷりのふわふわ卵に包まれています。


☆ むささび食堂 ☆





贅沢に切り分けられた、比内地鶏のもも肉が、

ゴロゴロとたっぷり入っています。

卵のとろみ加減も絶妙で、濃厚なとろとろ卵がご飯に絡んで美味しいです。


おツユの味わいもとても美味しくて、100点満点の割烹店の親子丼ですリス


☆ むささび食堂 ☆






『 比内地鶏の卵と使ったアイスクリーム 』 380円


写真を撮るのを忘れてしまい、食べかけですみませんあせる


今更の説明は必要ないですが、とても濃厚です。

昔懐かしいアイスクリンの味を、さらに風味豊かにした感じです。


バニラビーンズの心地よい薫りが口の中に広がりますリス


☆ むささび食堂 ☆



10年前の記憶で定かではないですが、

東京恵比寿の今井屋さんを思い起こすような、

懐かしくもあり、レベルの高さを窺える、焼き鳥屋さんでした。


関西でも、あの親子丼が食べられることを、発見して嬉しいですリス



【 心斎橋 今井屋本店 】


住所 : 大阪府大阪市中央区東心斎橋 1-17-26 地図

      

電話 : 06-4963-9088


定休日 : 無休


営業時間 : ランチ 11:00~15:00(LO 14:30) *土、日、祝日のみ  

         ディナー 16:00~24:00(LO 23:00)


絶妙な火入れと、雌(メス)の比内地鶏を使った、あの東京の名店の味が、

関西でも味わえることを知って、嬉しい限りです。


機転の利く、スタッフさんも揃っているので、軽い接待にも十分に対応できる、

お店だと思います。





七夕は、天の川のような、極上のシャンパンにすっかり魅了された、

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★



スポンサーサイト
2011.07.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/179-02c25692
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。