グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

『 ふっくら鰻の上まむし 』

☆ むささび食堂 ☆






平日のお昼下がり、鰻を食べに、『 船場 志津可 』 へ行って来ました。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


低層階のビルがたくさん立ち並ぶ、オフィス街の中に、ぽつんと暖簾を構える、

一軒家のお店です。


☆ むささび食堂 ☆





お店の中は、小上がりの座敷が2部屋と、テーブル席が3卓ほどの、

小ぢんまりとした、お店です。


☆ むささび食堂 ☆





今日は、正午前から何故か無性に、鰻重を食べたくなったので、

鰻まむし(上)を注文します。音譜


ちなみに、(並)(上)(特上)の違いは、

ウナギの質の違いによるものではなく、

ご飯の上に載っている、ウナギの量によるものだそうです。


☆ むささび食堂 ☆





『 鰻まむし(上) 』 1,450円


お重に入った、鰻まむし(飯)に、肝吸い、お漬物付き。


☆ むささび食堂 ☆





鳴戸麩が一緒に入った、肝吸い。

ごくごく薄味な上品な味のお吸い物。

三つ葉の薫りが、爽やかです。


☆ むささび食堂 ☆





お漬物は、大根と胡瓜の浅漬け、白菜の塩揉み。

どれもさっぱりしています。


☆ むささび食堂 ☆




開いた鰻の半分が使用されている、上まむし。

最初に鰻を蒸してから、仕上げに表面にタレを塗りながら、炭火でパリッと焼き上げるようです。


タレの焦げた薫りが香ばしくて、食欲がそそられます。

表面はぱりぱりしていて、中身はとてもジューシー。


まるで、煮穴子のようにホロホロと身がほぐれます。

こってりとした、脂が乗った、美味しさが感じられます。


じっくり蒸し上げて、脂が溶け出す、融解温度の頃に、

炭火で表面をしっかりと焼き上げることにより、

脂と素材の美味しさを外に逃さず、しっかり閉じ込めているようです。リス


☆ むささび食堂 ☆




タレが染み込んだ、ふっくらしたご飯が美味しいです。

そして、その温かいご飯の余熱が、鰻に伝わって、最後まで温かく頂けます。


くどすぎないあっさりとしたタレに、パサつかずに程好くふっくらした身、

そして、上品な脂。

間隔を空けることなく、定期的に食べに訪れることができるような、

飽きのこない鰻まむしでしたリス


こってり系の鰻が好みの方には、少し物足りなく感じられるかもしれませんが、

そうでない方や、

これからの猛暑の時期には、胃もたれすることなく、美味しく頂ける鰻まむしだと思います


☆ むささび食堂 ☆




【 船場 志津可 】


住所 : 大阪府大阪市中央区道修町 1-7-16 地図

      

電話 : 06-6231-8074


定休日 : 日曜日


営業時間 : 10:30~20:00  

        

関東風のふっくらとした、上品な味わいの鰻まむし。

こってりしたタイプが好みの方には、少し物足りなく感じられるかもしれません。


これから迎える猛暑の時期には、胃がもたれることなく、美味しく食べられる、

鰻まむしだと思います。






今度の連休に富士山に登る予定です。

旅の計画を立てながら、現地の美味しいお店を探す、むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★



スポンサーサイト
2011.07.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/180-1bbf77c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。