グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

『 キラキラ宝石を散りばめたような、海鮮丼ぶり 』


☆ むささび食堂 ☆




この日は、日中少し時間に余裕があったので、北新地でお昼ご飯を食べます。音譜


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング




お昼の北新地は、夜の価格帯からは考えられないような、

高級店による、お値打ちランチのホットスポットです。

それも、和食、フレンチ、イタリアン、中華、ステーキなどなど・・・ジャンルも豊富で、

この日のように、時間的に余裕がある時は、

わざわざ足を運ぶ価値が十分にあります。


その中でも、最近良く耳にする、『 鮨匠 なか川 』 さんの海鮮ちらしを食べに行って来ました。

夜は文字どおりに、接待にも十分に使えそうな、

上質なネタを取り揃えた、高級感漂う雰囲気のお寿司屋さんです。




手に持った時に、ずっしりとした重厚感のある、お湯呑み。


☆ むささび食堂 ☆






備前焼きの醤油の小付け。

縁を、指の腹の部分で触ると、ひんやりとしていて、

手に吸い付くような、しっとり感が伝わります。


1つ1つの器が、手に取って馴染みやすく、それでいて洗練されていて、

“ 用 ” と “ 美 ” を兼ね備えていますね音譜

☆ むささび食堂 ☆





店内は、東京のお寿司屋さんにありそうな、

艶感のある木を基調とした、和モダンな空間です。


夜の時間帯と変わらないような、凛とした緊張感のある空気の中で、

時折、大将のフレンドリーな会話が挟まれ、この温度感が居心地良く感じられます。


☆ むささび食堂 ☆



お漬物は、

左側が、小玉南瓜。

右側が、茗荷のワイン漬け。

そして奥が、胡瓜の浅漬け。


どれも素材の持つ味わいが生かされていて、上品です。


☆ むささび食堂 ☆




鮮やかで、美しい、『 海鮮ちらし 』


贅沢なくらいに、魚介類が盛り付けられていて、

さらにその上に、貝割大根と、白胡麻、本山葵が添えられています。

まるで新緑を想像するような、爽やかな彩りですねリス



☆ むささび食堂 ☆






まるで、箱の中に宝石を散りばめられたような、

イクラと、ライムグリーン色のばらこ。

金粉も散りばめられていて、キラキラ華やかです。


ばらこは普通、赤い色を想像しますが、

山葵に漬けると、このように爽やかなグリーン色になるそうです。


とてもコントラストが美しいですね。リス


☆ むささび食堂 ☆






海鮮ちらしを頂いている途中に、焼きたてのイサキの切り身が添えられます。

皮目の方から軽く炙られていています。


皮目は水分が飛ばされてパリパリに、

身の方はしっとりとしていて、少し旨みが増した感じに。


ちらし寿司って、火を通していない鮮魚だけで・・・って思ってしまいますが、

このような、後から焼き立てを・・・というサプライズは嬉しいですねリス

☆ むささび食堂 ☆





魚介類はたくさんの種類が入ってして、忘れてしまいそうです。

先程のイサキに鯛、

赤身は、マグロにカツオ、

イカ、甘海老、貝柱、アサリの時雨煮、

イクラにバラコ・・・

豊富な種類の魚介類が入っていて、とても豪華な海鮮丼。


しかも、夜に提供されている物と遜色がないくらいに、

素材の良さが感じられます。

☆ むささび食堂 ☆






『 野菜の炊き合わせ 』


薄味でホッとする、優しい味付け。

山芋、厚揚げの田楽味噌掛け、姫オクラ、木の葉に型取ったニンジン。


山芋のホクホクして、さっくりした食感が良い感じ。

薄味なのに、中まで均等に味が入っていて、美味しいです。

☆ むささび食堂 ☆




『 赤ダシ 』

魚のアラで取った、お出しの味わいが感じら、奥深い味わいです。


☆ むささび食堂 ☆





『 茶碗蒸し 』

☆ むささび食堂 ☆





よろとろに溶けてしまいそうなくらいに、柔らかなふわふわの玉子地。

その表面は、上品な銀餡(吉野葛でとろみ付けした餡 )で、コーティングされています。

軽く絡ませながら、アツアツの茶碗蒸しを、口に運びます音譜

☆ むささび食堂 ☆






三つ葉に、椎茸、白身魚のシンプルさが、ホッとしますね。リス

☆ むささび食堂 ☆




デザートは、『 トマトシャーベット 』

蜂蜜のような甘さが加わって、まるでコンポートしたトマトを、

そのままシャーベットにしたような、芳醇な甘みに。

トマトらしい、少し青臭いような、爽やかな酸味もあって、

後口はさっぱりに。


☆ むささび食堂 ☆



質の高い素材をふんだんに盛り込んだ、海鮮ちらしに、

野菜の炊き合わせ、茶碗蒸し、香の物、そして、デザート付きで、1,200円。

質と内容ともに、コストパフォーマンスが十分なランチでした。リス



【 鮨匠 なか川 】


住所 : 大阪府大阪市北区曾根崎新地 1-6-27 ニュー八千代会館 3F 地図

      

電話 : 06-6345-7005


ホームページ :  http://www.sushi-nakagawa.jp/


定休日 : 日曜日、祝日


営業時間 : 月~金 11:30~14:00(LO 13:30)  

              18:00~24:00(LO 23:30)


         土曜日 18:00~24:00(LO 23:30)


圧倒的なお値打ち感を実現するために、魚を扱う時の端材を使ったり、

豊富な魚介類を小さめの切り身で盛り込んだり、

細かな細工を施したりと、お客様を喜ばせる、店舗努力がとても感じられます。


そして、優しいほっとする味付けが何よりも魅力。


隣りに座っていたお客さんが「美味しい!!」を連発していた、

赤味噌と牛筋を長時間煮込んだデミグラソースの掛かった、

マグロのハンバーグを、次回食べてみたいと思います。






今日は、早朝の始発で、富士山一合目へ

ご当地グルメを後日紹介します!!むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2011.07.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/185-5dc1587e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。