グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

『 黄色く熟した、和歌山南高梅 』


☆ むささび食堂 ☆





今年、我が家で初めて漬けてみた、梅酒の出来上がりが待ち遠しい、むささび太郎です。リス


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング



夏の酷暑のが訪れる前の、6月の終盤頃に付けましたので、もうすぐ飲めると思います音譜
2L用のガラス瓶で、2本漬けているので、

1本は年内に早飲み、もう1本は大切に翌年まで持ち越したいと思います。


さて、南高梅の聖地ともいえる、和歌山県の紀州みなべ地方に、

直接問い合わせて、梅酒を漬けるための梅を注文したのですが、

興味深い梅があり、同時に購入。

それがこちら↓


☆ むささび食堂 ☆



実が若いうちのもぎ取らずに、樹上に熟して黄色く色付き、翌日にはポトンと落ちてしまいそうな、

寸前で摘み取る、南高梅だそうです。

地元で、梅干しを作る際には、この梅を使用するのが当たり前なのだそうですが、
地方への出荷には、あまり人気がなかったそうです。


その理由は、

完熟していて、果肉が柔らかいので、輸送途中の振動で、実が崩れてしまう点。

そして、完熟状態ゆえに、輸送中に傷んでしまう点でそうです。


最近では、シーズンは短いようですが、これらの問題点をある程度合意のうえで、

地方にも発送してもらえるようになったそうです。

宅急便のドライバーの方と、玄関で対面する段階から、

あま~い香りが、箱の外に漏れています。

はじめて、熟した梅を手にしたのですが、表皮はふわふわで、中は柔らかそうです。

香りは完全に、すももの香りそのもの。

とても梅だとは思えません。音譜


つい、スモモである錯覚に捉われて、かじってみると・・・

すっぱい~ そして、 後から、ほろ苦い~

やはり、これは梅なのだと再認識しますリス


☆ むささび食堂 ☆





今回は、むささびキッチンの腕利き料理人さんにお願いして、

スモモのような甘酸っぱい香りを活かして、

『 梅ジャム 』 にしてもらいました。


竹串で掃除をして、火にかけ、岡上げしてから、すり潰して、裏漉し。

そして、中火で長時間かけて、丁寧に作った、エキストラな梅ジャムです。

☆ むささび食堂 ☆




キラキラしていて、色がとても綺麗。

さらに濃縮して、スモモの域を通り越して、

熟した黄桃のような芳香がします。


見た目の色合いと、香りって、イコール(一致)なんですねリス

☆ むささび食堂 ☆




そして、気になるお味の方は・・・

とっても濃厚な風味で、甘~い。

後から、ほろ苦さと爽やかな風味が追っかけてくるような感じです。

でも、砂糖はほとんど加えていないそうです。

おそらく、生で食べた時には、しっかり載った糖度を、

熟した梅の強い酸味と、ほろ苦さが、カモフラージュしていたのでしょう。


☆ むささび食堂 ☆


表面を、こんがりキツネ色に焼いて、パリっとさせた、薄くスライスしたトーストに合いそうです。


また、少し酸味のある爽やかなタイプのクリームチーズとも相性が良さそう・・・。


紅茶や温かいお湯に少し落としてみたり、

焼酎のお湯割りにも、温まって良いかもしれませんねリス



今回は、直接に、原産地の方へ問い合わせたので、

詳細は割愛します。


6月頃の収穫の時期になると、JA紀南のホームページをはじめ、

楽天やヤフーなど、色々なチャネルで購入が可能だと思います。







先日、彼女と訪れた矢田川で食べた天然鮎が美味しくて、

落ち鮎をもう1度食べたい、むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2011.08.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/188-c3895c90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。