グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

『 松茸と活け鮑、肝風味のリゾット 』


☆ むささび食堂 ☆





箕面のやなもり農園さんが主催の、ホテルニューオータニのグランメゾン、

サクラさんの会に参加しました。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


箕面のこだわりの野菜、やなもり農園さんのお野菜を使った、

フレンチが食べられるレストランです。



「SAKURA」


http://www.newotani.co.jp/osaka/restaurant/sakura/

☆ むささび食堂 ☆






フランス北部の辛口白ワイン、「マコン・ヴィラージュ」を頂きます。

すっきりしていて、キレがいいです。


☆ むささび食堂 ☆





初秋の上質な材料を使った、とても贅沢なコースを頂きます音譜


「Mise en Bouche」 ~ 潮灘の記憶 “2011” ~


最初に、海の恵みが凝縮した、ともいうべき1品を頂きます。


☆ むささび食堂 ☆





カクテルグラスの中身は、

鳥貝、赤貝、雲丹、キャビアの海水ジュレ掛け。


鳥貝と赤貝は肉厚でぷっくりあせる

雲丹は濃厚で甘い。

ミョウバン臭さは全くないのが、鮮度の証ですねリス


海で育った海産物のアミューズ。

その海水のジュレとの相性が良いのはいうまでもありません。


てっぺんには、パクチーのような独特な薫りの香草が添えられています。


キャビアの塩気が白ワインに良く合いますリス


☆ むささび食堂 ☆





カクテルグラスの足元には、(私の指紋がしっかりと付いてしまっていて、すみませんですあせる
胡麻を練りこんだ、薄皮のトーストに挟まれた、フォアグラ。


フォアグラの上には、小角に切った、サツマイモが載っています。


親指、人指し指で挟んで、一口でパクっと頂きます。


胡麻の薫りと塩味、濃厚なフォアグラ、サツマイモの甘みが渾然一体となって、

不思議な感じのする相性の良さです。


☆ むささび食堂 ☆





「Spaghetti Froid aux Aubergines “Mizu-Nasu”

Marinee au Gingembre Gelee de Bouillabaisse et Jambon Cru」


  ~ 冷製パスタと水茄子のマリネ 琥珀のブイヤベースと3週間熟成ハムを添えて ~


メニュー名で説明の必要がない、そのままな料理(笑)。

細麺のパスタ、スパゲティーニと、泉州の水茄子を、オリーブオイルと香草でマリネしています。

濃厚さとコクは、魚介の旨みが詰まったブイヤベースと、熟成したハム。

海、山、双方の旨みと一緒に頂きます。


☆ むささび食堂 ☆





「Remoulade de Crabe “Asahi” a l'Estragon Sauce Mayonnaise a l'Andalouse


  ~ 高知県宿毛産 “アサヒガニ” のレムラード 

             エストラゴンの香り ソースマヨネーズ アンダルシア風 ~


アサヒガニ・・・初めて食べますが、あまり漁獲されない、

ヤドカリみたいな珍しい形をした、カニだそうです。


参照: 坊主こんにゃく

  ⇒ http://www.zukan-bouz.com/kani/asahigani/asahigani.html


そのアサヒガニの身を、円柱状に形を整えて、

その上に、スライスした、ラデイッシュ。ラデイッシュの1枚1枚にコリアンダーが添えられています。

中央に、イクラがたっぷり盛られています。

イクラの中央には、ディルの香草を添えて・・・。


お花に見立てているようです。


アンダーソースには、マヨネーズを使ったコクのあるソース。

お皿の縁には、うぐいす色が綺麗な、エストラゴンのソースが散りばめられています。


☆ むささび食堂 ☆





タルタル風に寄せられた、アサヒガニの身。

意外と、さっぱりとした風味です。


それ故に、色々な要素が集められた、材料やソースなどと喧嘩することなく、

多彩な味わいを楽しむことができます。リス


☆ むささび食堂 ☆





身はあっさりしていますが、

味噌が美味しいのは、どのカニにも共通していますねリス

とても濃厚なカニ味噌のスープ。エスニックな薫りが添えられています。

美味しくて、もっと欲しくなるような、一口小量が殺生ですリス


☆ むささび食堂 ☆





先程の、スープの残りに、パンを絡めて頂きます。食パン


☆ むささび食堂 ☆





「Poisson du Jour~ 大海原から届く最高鮮魚 その日のイマージュで ~ 

          

この日に大海原から届いたのは、金目鯛。

表面がうっすらと白くなる程度に火入れしていて、中心部はレア状態で、

しっとりしています。

もちろん、しっかりと脂ものっていて、美味しいです。


金目鯛の下には、表面の水分を飛ばす程度に焼いた、肉厚な椎茸。

上には、芽野菜が添えられています。


下に敷いているソースは、金目鯛にも、椎茸にも合う、さっぱりとした、

和っぽい雰囲気を感じさせるソース。


鮮度が良くて、美味しい魚が豊富にある日本。

それを活かして、火を通し過ぎずに、レアな状態で、食べさせて頂けるのが嬉しいです。


食べ手に嬉しい、ナイスなイマージュリス


☆ むささび食堂 ☆





「Ravioles de Fromages , Sauce Perigueux」 


  ~ 自家製リコッタとモッツァレラのラヴィオリ 黒トリュフソース


自家製のリコッタチーズって、初めてです!!

リコッタとモッツァレラの2種のチーズを、ラヴィオリの生地でくるんで、

黒トリュフの薫りがいっぱいの、濃厚なソースを絡めています。

さらに、上には、黒トリュフの塊が豪快に!!


もちもちとしたラヴィオリの生地を切り分けると、

中からとろ~りとしたチーズが流れて来ます。


贅沢な黒トリュフのソースを絡めて、頂きます。


あまりに贅沢な料理で、ゆっくりと味わいたい所ですが、

チーズが固まらないように、せっせと口に運びます。


一瞬、この料理がメイン料理のような錯覚に捉われましたが、

凄まじいほどに、力の入った料理は、まだまだ続きますリス


☆ むささび食堂 ☆






先程の残った、黒トリュフのソースを、お皿がピカピカになりそうな勢いで、

パンで掬い取ります。リス

胚芽パンです食パン


☆ むささび食堂 ☆






「Ormeau Saisir a la Coriandre Son Corail en Risotto et Matsutake」 


~ 活鮑(あわび)のセジール 肝風味のリゾット 

                   清流が育む四万十海苔と松茸が織り成す響き ~



食べる前から、美味しいオーラが出ている1品です!!

さっと、表面を軽く焼いた、鮑は柔らかくさと、弾力を兼ね備えた、絶妙な食感。


鮑の肝を使ったリゾットは濃厚で、青さ海苔の磯の薫りと、

コリアンダーの甘い風味も相まって、美味しいです!!


☆ むささび食堂 ☆





松茸も惜しげもなく、しっかり入っています。

薫りは、やっぱり日本の茸の王様ですねリス


日本の高級食材が一度に介した、とても贅沢なリゾットでした。


☆ むささび食堂 ☆





「Granite」 ~ 爽やかな氷菓子で、“♯” シャープ ~


うっかり、何のグラニテか忘れてしまいましたあせる

レモンか柚子だったと思います汗


口溶けよく、さっぱりしています。


先程の、肝のリゾットの余韻が、洗い流されるのが残念ですが、

口の中がリセットリス


☆ むささび食堂 ☆





「Filet de Beuf Chateaubriand Roti a la “Wellington” Sauce Souvaroff」 


   ~ 厳選国産和牛のシャトーブリアン “ウェリントン風” ソース・スヴァロフ ~  

                   

メインのお肉料理は、ヒレ肉の稀少肉、シャトーブリアン。

そのほぐれるような柔らかいシャトーブリアンは、中心部がロゼ色で絶妙な焼き具合。
間には、フォアグラをサンドしています。

それをさらに、パイ包み焼きに・・・。

トリュフのかけらとマディラを使った、甘いソースを絡めながら頂きます。


パイの甘い薫りに包まれた、ジューシーなお肉とフォアグラ。


これも、美味しくない訳がないですよね!!リス

☆ むささび食堂 ☆





「Pre-Dessert」 ~ プレ・デセール ~  


野いちごのシャーベットと、果物はイギリスピーチ。

手前には、さっぱりした柑橘系のジュレ掛け。


☆ むささび食堂 ☆





イギリスピーチは熟れていて、洋梨みたいな感じです。

1品1品が存在感のある、濃厚なお料理のオンパレードだったので、

とてもさっぱりします。


凄まじい豪華な料理の連続で、まだ余韻が残っています音譜

☆ むささび食堂 ☆





「Crustillant de Mangue en Coque Pain Perdue Brioche au Cannelle et Glace “Kuro-Mitsu”」 


   ~ クリスティアンの殻に閉じ込めたマンゴーのバリエーション

          ブリオッシュのパンペルデュと徳島県産 “阿波黒蜜” のアイスを添えて ~  

☆ むささび食堂 ☆




クロワッサンのような香ばしいビスケットのような生地の箱の中に、

マンゴーアイスと黒蜜のアイス。

そして底辺には、ブリオッシュ生地のフレンチトーストが敷かれています。





☆ むささび食堂 ☆





ぐるりのビスケットのバターの薫りが心地よく、

ひんやりしたアイスと一緒に頂きます。


☆ むささび食堂 ☆





お皿の周囲を囲むように、

内側は、黒蜜とパッションフルーツのソース、

外側は、カカオを砕いたもの。アイスと一緒にポリポリ頂きます。

☆ むささび食堂 ☆





「Cafe, The ou Infusion et M」 ~ 食後の余韻 ~  

お茶菓子は、一口サイズの、マドレーヌとチョコ、そしてコンフィズリー。

☆ むささび食堂 ☆





日本の食材を中心とした、最高級の食材を使った、贅沢なフランス料理。

そして、改めて感じたのが、グランメゾンのレベルの高さ。


上質な素材の持ち味を十分に引き出して、

伝統的な技法を大切にしながらも、1つ1つがモダンな完成度の高い料理に仕上げていく・・・。


間違いなく、今年満足度が頂点に達したコースでした。


☆ むささび食堂 ☆






コーヒーを頂いた後も、しばし食後の余韻に浸ります。

まさに、時を忘れてしまいそうな、至福な時間音譜


もう、しばらく、フレンチは食べなくてもよいくらいに、満足しましたリス

☆ むささび食堂 ☆




【 サクラ SAKURA 】


住所 : 大阪府大阪市中央区城見 1-4-1 ホテルニューオータニ大阪18F 地図  

         

電話 : 06-6949-3246


ホームページ : http://www.newotani.co.jp/osaka/restaurant/sakura/


定休日 : 月曜日  * 月曜日が祝祭日、振替休日にあたる日は営業


営業時間 : ランチ 11:30~14:30  ディナー 17:00~21:30






家のミントが増殖中、どなたか・・・、むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2011.10.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/209-1ac564a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。