グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


『 伊勢名物 二軒茶屋餅 』


☆ むささび食堂 ☆




伊勢路に面した、『 へんば屋商店 』さんを訪れた後は、『 二軒茶屋餅 角屋本店 』 さんへ。


『 へんば餅 』 ⇒ http://ameblo.jp/musasabitaro/entry-11163301152.html


まさに、餅街道のお餅の食べ歩き、二軒目です(笑)。リス


創業大正年間。

大正デモクラシー的なレトロな外観が良い感じ。


☆ むささび食堂 ☆





店内の雰囲気も良い感じ・・・。

事務所


☆ むささび食堂 ☆





勘定場。


☆ むささび食堂 ☆





ダイヤル式の黒電話。


☆ むささび食堂 ☆





手作業の工場。

1つ1つ、手際良く、お餅の中にアンコを詰めています。

☆ むささび食堂 ☆






お持帰り用の、二軒茶屋餅。

☆ むささび食堂 ☆





お餅以外にも、たまり醤油も販売していました。

期間限定の、1本100円(200ml)。


お店の向いの地ビール工場、『 伊勢角屋麦酒 』 で醸造されている醤油だそうです。

  伊勢角屋麦酒のホームページ ⇒ http://www.biyagura.jp/


通常は、300mlで420円で販売しているそうなので、かなりお得です音譜


昔ながらの、木樽で仕込んでいるそうです。

『 生引き 』 とは、火入れの行程を経ずに、樽から引き揚げた、そのままの状態の溜まりを、

ボトルに詰めたものだそうです。

日本酒でいう、生酒みたいなものですね。


きりっとした締りがあって、華やかな薫りが印象的な、溜まり醤油でした。


刺身などの付け醤油としてはもちろん、

お餅の表面に塗って、焼き上げると、薫りが香ばしくて美味しそうでした。

☆ むささび食堂 ☆





そして、名物の、二軒茶屋餅。

うっとりするほど、滑らかで、光沢感があります。

お餅の表面は、細かく挽いたきな粉にたっぷり覆われています。


☆ むささび食堂 ☆






黒文字で、押さえると、ご覧のような柔らかさ。

そして、軽く黒文字を手前に引くと、

薄皮のお餅がすっと切れて、中からたっぷりの餡が出てきます。


甘さが控えめで、とても上品な味わい。

ひきたての香ばしい、きな粉の薫りが、たまりません。


☆ むささび食堂 ☆






煎茶を頂きます。

温度も、ちょうど良い感じですねリス


☆ むささび食堂 ☆





まんまるな満月月 のような形と色合い、

つきたてのお餅のような柔らかな食感、

そして、上品な甘さ。

とても洗練されていて、美味しいお餅でした。


誰かに、お土産で持っていくと、間違いなく喜ばれそうな、お餅ですリス




餅街道のお餅を2軒味わいました。


実は、このあと5軒、お餅を食べ歩こうと思っていたのですが、

お口の中が、完全に甘くなってしまいましたリス


今回は、断念をして、これから伊勢神宮を参拝したいと思いますリス



二軒茶屋餅 角屋本店


三重県伊勢市神久6丁目 8-25


℡ 0596-23-3040


営業時間 8:00 ~ 売り切れまで    定休日 水曜日


3個パックで、220円。 品質から考えて、かなりお得だと思います。

10個パックだと、竹皮に包んで、販売して頂けます。

スポンサーサイト
2012.03.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/216-a83f20a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。