グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

ミナミ道頓堀の、“ 今井 ”のうどんを食べに行きました。

今井は、堂島のリーガロイヤル内にも支店を出していて、以前近くに住んでいた時、休日によく利用しました。

本店は今回初めてです。

  むささび食堂



ミナミに帰ってきた、食いだおれ太郎。


むささび食堂


お店の玄関です。


  むささび食堂



お店の脇にある路地です。日中ですが、なんか赴きがあります。


 むささび食堂



リーガロイヤルの支店を利用していた時は、きつねうどんしか食べたことがなかったのですが、今回初めて鍋焼きうどんにトライしました。


暖簾(自動ドア)をくぐると、大きな店内フロア。しかも、ビル1棟がお店のようです。エレベーターで4階へ誘導されます。

奥の窓際の小上がり席から店内を撮った写真です。

 

 むささび食堂



窓から撮った、道頓堀の様子。観光客とカップルの方で賑わっています。


 むささび食堂



あつあつの鍋焼きうどんが供されます。蓋を開けると、ふかふかと立ち上る湯気が顔に当たって、鍋の中の温度が肌に感じられます。

具材がたくさん入っていて、食べ応えがありそう・・・美味しそうです(^∇^)


 むささび食堂


大阪うどんらしい、細手のうどん。かつおとみりんの利いた上品な出汁の味がしんみりと染みこんでいます。


うどんの具材は、ねぎ、鴨、うなぎ、月見かまぼこ、焼かまぼこ、伊達巻、よもぎ麩です。

すり身の具材に出汁の味が染みこんでいます。


ねぎは青葱です。

温かいうどんに添えられるねぎには、地域性があるようで、東京に暮らしていた頃は白葱が出てくることが多かったですが、関西では青ねぎが添えられるが多いです。

関東圏近郊では白葱を生産している農家が多くて、逆に関西では京都の九条葱のように青葱の生産物が多い傾向がることも一因しているのかもしれません。


個人的には、冬場の甘~い表面をこんがりと焼いた、白葱がうどんに添えられているのが好きです音譜


 むささび食堂




道頓堀 今井

大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目7番22号

電話 06(6211)0319

営業時間 11:00~22:00(LO 21:40)

定休日 水曜日

http://www.d-imai.com/


鍋焼きうどん 1,575円  きつねうどん 735円


大阪うどんを代表する老舗。最後まですすってしまいたくなるような、今井の上品なお出汁の味を楽しむには、

きつねうどんを注文するのがベターだと思います。

今回食べた鍋焼きうどんも、色々な具材の旨みが染み込んでいて、食べ応えもあり美味しかったです。

大阪市内に支店もいくつかありますが、やはりミナミの風情も味わいながら、道頓堀本店に訪れたいですね。






ミナミっ子なら1つは今井さんにちなんだ昔話があると知ったむささび太郎にクリック(*^▽^*)σ



にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2010.06.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/22-c4917481
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。