グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

こんにちわ。週末を利用して六甲の弓削牧場へ行って来ました。

今回、弓削牧場に訪れたきっかけは、1週間前に彼女が「 山登りがしたい!!」 と発言したことから。

とはいっても本格的な登山ではなくて、少し都会を離れて緑溢れる自然を満喫しにトレッキングをしたかったのだと思います。

僕も来月は熊野古道に行く計画をしているので、そのウォーミングアップも兼ねて、距離的にもさほど遠くなくてハイキング気分を楽しめそうなコース・・・ということで弓削牧場に行くことにしました。


弓削牧場までのアクセスは、

三宮バスターミナルから再度山経由で森林植物園へ。森林植物園からは徒歩で山田道ハイキングルートを利用して30分程度歩いて、弓削牧場に到着です。


三宮からバスに乗って30分程度で森林植物園に到着しました。


  むささび食堂




山田道ハイキングルートの入口。谷上駅方面に歩いて、弓削牧場を目指します。

むささび食堂




こんな感じの木漏れ日が気持ちの良い、森林道を15分程度歩くと、視界が開けてきます。

そこからは、森林を伐採している作業場の脇道をしばらく歩きます。景色に緑が薄れて味気ないですが、仕方ありません。


             むささび食堂




作業場の脇道を10分程度歩くと、また草木が生い茂る道に変わって、牧場の道標が見えてきました。


  むささび食堂



道標の近くに咲いていた、可愛らしい花。


  むささび食堂   




山田道登山ルートから外れて、貯水池や民家の脇を素通りして、弓削牧場へ。


  むささび食堂



両脇に牧草地が広がる、舗装された道を10分程度歩きます。

この辺りから家畜の糞尿の薫りがします。

食べ物に関するブログを書いているのに、糞尿の話題をして申し訳ございませんあせる

でも、この薫りがイヤな感じの臭いではなく、牧場らしい爽やかな感じも含んだ臭いでほっとします。

これは、都会から牧場に訪れたという環境的な要因も大きいとは思いますが、それだけではなく、牛や羊などの家畜のストレスがないことも起因しているのではないか・・・と、勝手な推察をします。



  むささび食堂


僕は学生の頃、馬の厩舎の掃除とお世話をする作業を1年間くらいやってたことがありました。

大きな馬が暮らす、たたみ6畳分くらいの馬房事態が、衛生的で良い環境とは決して言えませんが、そこで暮らす馬でも、人懐っこい馬や警戒心の高い馬、大らかな馬や神経質な馬など・・・色々な性格を持ち合わせた馬がいました。

そこで、僕は馬房に入って、糞尿の始末や新しい乾草に入れ替えて馬の寝床を整える作業をするわけですが、

比較的落ち着いてのんびりした馬の糞尿は鼻を塞ぎたくなるような強烈な異臭はあまり感じません。逆に神経質な馬は異臭がきつい傾向がありました。


そういった、体験から勝手に推察してしまった訳ですが、

弓削牧場では、完全な家畜の24時間放牧体制を敷いています。

つまり、牛や山羊が牧場内を自由に行動することができるため、ストレスが減ります。牛や山羊などの家畜のストレスが減ると、ミルクがクリアな味になって、美味しくなるそうです。

そんなミルクで作ったチーズなら美味しいに違いない!!(^∇^)

と、道中勝手な想像をしてしまいます音譜

牧草地に自生している、ヘビイチゴ。


むささび食堂



最後に、小高い丘を登って弓削牧場に到着です音譜

牧場内に併設されているレストラン “ チーズハウス ヤルゴイ ”

今回、ランチをする場所です。

事前に、牧場で作るチーズのフルコースを予約していました。


  むささび食堂


牧場らしくて、天井高の開放感のあるログハウス風です。建物の壁面がほとんど窓ガラスなので、採光性が良くて、明るい店内です。


  むささび食堂


むささび食堂




食事をするスペースの隣りには、お土産や牧場で作った食品を購入できる売店が設けられています。


  むささび食堂




外でも食事ができるようです。天気も良いので、こちらの方が良かったなぁ・・・。

週末で予約も多いみたいなので、今から言っても仕方ありません(ノ_・。)


  むささび食堂



今日の献立の内容。

メインは “コールドビーフの生チーズ添え ”と “ 地鶏のハーブ焼き ”のいずれか、シチューに添える “ミッシュパン ” もしくは “もち麦ライス ”のいずれか、そしてデザートは5種類の中から1種類を選択できます。

  むささび食堂



  むささび食堂



地下から汲み上げた天然水。ここに来るまで水分を1滴も取っていませんでした。ひんやりとした冷たいお水が喉を潤します。

 

  むささび食堂



1皿目; ホエー(乳清)ドリンク


乳清とは、牛乳からカゼインと乳脂肪を取り除いたもの。もっと簡単に言えば、チーズを作る時に固まらなかった成分だそうです。

つまり、チーズを作る過程でできる副産物です。

見た目は気泡がいっぱい浮かんでいて、濃いような印象を受けますが、実際に飲んでみるとヨーグルトのような風味。

甘酸っぱくて、すっきりしています。何杯でも飲みたくなるようなジュースです。

  

  むささび食堂



2皿目; カマンベールチーズと生チーズの冷奴風


手前がカマンベールチーズ、左手奥が生チーズの冷奴風。ミルクピッチャーの中身は味の調えられた醤油です。


  むささび食堂



ふかふか柔らかいパンの上にチーズを載せたカナッペスタイル。ねっとりとコクがあって、乳製品独特の臭さが全くなくて美味しいです。


  むささび食堂



このチーズは今回のコースを通して出てくるフロマージュ・フレ。新鮮なチーズという意味だそうです。

このチーズの詳細については、後述にてご紹介する弓削牧場のホームページに興味深い内容が書かれていたのでご覧になって頂きたいのですが、

スフレやハンペンのようなふわふわ感があって、味わいはブルガリヨーグルトのような優しくて上品な甘酸っぱさがあります。

そして、このフロマージュ・フレを冷奴スタイルに仕立てた発想に面白さを感じました。チーズの上には薄くスライスした玉葱と削り鰹、下に紫蘇を敷いて、横には酢橘が添えられています。

まず、ミルクピッチャーの中に入っていた醤油を上からかけて、酢橘をぎゅっと搾ります。この段階で造りたての爽やかなポン酢の風味になります。

そして、チーズと玉葱に削り鰹を軽く混ぜて紫蘇にくるんで食べるのですが・・・絶妙な味の組合せなんです!!

フロマージュ・フレの乳酸菌の酸味と即席のポン酢の柑橘系の爽やかさ、そして紫蘇の香りの出会いが絶妙です音譜


  むささび食堂




3皿目; キッシュ・フィーヌゼルブ


バターソテイした貝柱、人参、ブロッコリーを玉子生地にくるんだものを、パイ生地に包んで焼き上げています。

パイ生地のさくっとして香ばしい香りと、バターの香りがするふかふかの玉子生地が心地よいです音譜
 むささび食堂



4皿目; 自家栽培の摘みたてハーブサラダ


弓削農園では牛糞の堆肥で、自家農園野菜やハーブ作りにも力を入れているようです。もちろんハーブ野菜は全て自家栽培。手前にフロマージュ・フレが添えられています。

牧場オリジナルの醤油ベースのポン酢で頂きます。

  むささび食堂




5皿目; ホエーシチュー


ホエー(乳清)にカマンベールチーズを溶かし込んだアツアツのスープ。ホエーの甘酸っぱさとカマンベールのコクがマッチしていて美味しいです。

中に入っている具材はベーコン、シメジ、人参、ブロッコリー、ポテト。そして底にはトロトロになった玉葱がふんだんに入っています。


  むささび食堂



シチューと一緒に食べる、ミッシュパンともち麦ライス。

パンは黒麦のような風味と香りで、空洞があって柔らかくふっくらしています。

キャラウェーという植物の種を練り込んでいるらしく、ディルのような爽やかなハーブ系の香りがします。


  むささび食堂




古代米ともち麦をブレンドしたバターライス。古代米の玄米のようなしっかりとした食感と、もち麦のモチモチ感のバランスが良いです。

シチューと一緒に食べられるように、あっさりとした味付け。


むささび食堂




6皿目(メイン); コールドビーフの生チーズ添え


薄くカットされたローストビーフに、フロマージュ・フレ。ミルクピッチャーにはポン酢が入っています。

奥に添えられているのは自家製の野菜とハーブ、そしてカットしたレモン。


  むささび食堂


まず、ポン酢をローストビーフにかけて一枚頂きます。ローストビーフがしっとりとしていて柔らかく美味しいです。

続いて、ローストビーフの上に野菜とハーブを載せて、さらにその上にフロマージュ・フレを載せてクルッと巻い

たものにレモンを搾って食べると・・・


美味しすぎる~(´0ノ`*)


良くレストランで出てくるローストビーフとサワークリームの組合せ・・・あれよりも断然に美味しいです。

このプレート、お替りしたくなります(*^▽^*)



6皿目(メイン); 地鶏のハーブ焼き


こちらもフロマージュ・フレが添えられています。

ソースは粒マスタードの入った、ガーリックオイル焼き。野趣溢れる逸品です。

地鶏が表面カリカリでジューシーで美味しかったです。


  むささび食堂




7皿目(デザート); ミルクたっぷりのババロア


名前だけで注文してみたくなりますよねビックリマーク (^∇^)

懐かしいカスタードのようなプルプルのババロアの周りに、濃厚な風味がたっぷりなソースが掛けられています。

見た目もすごく贅沢な感じです。


  むささび食堂




7皿目(デザート); フロマージュ・ダンジュ(天使のクリーム)  ブルーベリー掛け


ふわふわの甘酸っぱい、ヨーグルト風味のようなムース。

このデザートビックリマーク 今まで食べたことないような食感と美味しさです音譜

後ほど後述しますが、あまりに美味しくてお土産で買いました。(^∇^)


  むささび食堂




食後にレストランの隣りに併設しているお土産屋さんに立ち寄ります。

お土産用のジャムやジューにワイン、レストランで使用されていたドレッシング、それに牧場で造ったチーズやデザートが販売されています。


  むささび食堂



ホエーで作った石鹸や、自家製ハーブの入浴剤も販売されています。


  むささび食堂



フロマージュ・フレ。


  むささび食堂




弓削牧場の牛乳。写真と撮っていなくて掲載していなかったのですが、レストランの食事でデザートと一緒にこの牛乳が出てきました。

ひんやりと冷えていて、甘くてスッキリした味わいでした。


  むささび食堂



今回食べた、チーズのフルコースだけではなく、色々なランチメニューやデザートを取り揃えているようです。

カレーライスなんか興味深いですよね!!(^∇^)


  むささび食堂


レストランを出て、牧場内を散策します。

屋外でのんびり過ごす時間音譜


  むささび食堂



牧場内のお花が可愛らしいです。


むささび食堂



牧場を訪れてきた人が連れてきたワンちゃん。人懐っこくて目が愛くるしいです。

満1歳の男の子♂。


  むささび食堂



こちらは先程のワンちゃんのお姉さん。落ち着いていて風格があります。


むささび食堂



牛乳を搾取する前の牛が草を食んでいます。

こちらを伺っています。


  むささび食堂




  むささび食堂



カメラを意識してベストポーズを撮ってくれたのでしょうか!?

カメラ目線が愛くるしいですラブラブ


むささび食堂



優しい甘みの美味しいミルクがいっぱい出てくるのでしょうね音譜

むささび食堂



山羊。

何度か声を掛けてみたのですが、草を食むのに夢中のようで、こちらには振り向いてくれませんでした。

  むささび食堂




弓削牧場

兵庫県神戸市北区山田町下谷上西丸山 5-2

電話 078(581)3220

営業時間 11:00~18:00

定休日 水曜日

http://yugefarm.com/


チーズのフルコース 4,200円。

都会から気軽に訪れることができるエコツアー。

デートやご家族でのレジャーにお奨めです。特にお子様に喜ばれること、請け負いです。


現地に行かなければ味わえないチーズとミルクの美味しさのために訪れる価値があると思います。







NiconのカメラとΣのレンズ購入!「カメラマンですか?」って言われ大興奮なむささび太郎にクリック(*^▽^*)σ



にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2010.06.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/24-424653ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。