グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

こんばんわ、むささび太郎です(^∇^)

6~7月にかけて雨の多い週末でしたが、最近天気が良くてご機嫌なむささび太郎です音譜


最近地元で良く話題に上がる、フランス料理のカノビアーノ・アネックスへ行って来ました。

地下鉄御堂筋線 江坂駅から徒歩で20分程度の距離。バブル時代に一世を風靡した、カーニバルプラザという旧倉庫を改築したテーマレストランがあったのですが、その跡地がアメニティ江坂というスポーツ施設やブライダルの複合施設に数年前になったのですが、そちらの施設に付帯する形で、カノビアーノ・アネックスはあります。


  むささび食堂



天井が高くて、店内の入口と奥両面から太陽の光が入って来て、気持ちの良い店内です。


  むささび食堂




  むささび食堂




土地柄のせいか、地元の家族連れの方やカップルさんらしき方が利用しているようです。

店内の雰囲気もセンスが良いながら、少し抜けた感じがあって居心地が良いです。(^∇^)


むささび食堂




テーブル上に生けられている一輪差しの花がミニマムな感じで綺麗。


むささび食堂




むささび食堂



料理は、前菜からデザートまで5種の全てプリフィクス・スタイル。

食前酒として、キールロワイヤル(カシス)とミモザ(オレンジ)を注文します。

手前がミモザ、奥がキールロワイヤル。

道中すごく暑かったので、ほっと一息つきます。


むささび食堂



ふかふかのソフトタイプのパン。エキストラバージンオリーブ添え。


むささび食堂



アペリティフ(前菜)の夏鹿の炙りカルパッチョと毛ガニのジュレ、夏のサラダ仕立て。

夏鹿は京都の美山産。中心部はレアでしっとり。風味は野趣溢れる感じでした。


むささび食堂



贅沢なくらいな量の、毛ガニにジュレソース。


むささび食堂



夏鹿で巻いて一緒に食べる野菜は京都上賀茂産。トマトに胡瓜、スナップエンドウ、水菜、ブロッコリーにレッドキャベツ。

トマトに挟んでいる黄色いのは名前を忘れてしまいましたが、マンゴー系に風味の果物。

ドレッシングはオリーブ系の優しい感じ。黒子的な役割で素材を引き立てます。

むささび食堂



2品目。シマエビとカラスミのカッペリーニ。

普通のパスタよりも細手のカッペリーニ。
甘海老のようなトロトロなシマエビの上に、赤芽紫蘇など香味野菜がふんだんに載っています。

むささび食堂



その上からサーバーがテーブル上で、チーズグレーター(硬いチーズとすりおろす道具)で、カラスミをふんだんにすりおろします。

贅沢な感じです。お皿の上が菜の花みたい(^∇^)


むささび食堂



出来上がり(*^▽^*)


むささび食堂




3品目。三河産うなぎと鷹ヶ峰唐辛子、オレンジの香るキタッラ。

キタッラとは下の写真のように、丸くなくて角のある四角い細手のパスタ。角がある分、ソースが麺に良く絡みます。


先程のカッペリーニのパスタよりもソースが濃厚なので、肉厚なウナギとの相性も良いです。(^∇^)

オレンジの香りも爽やかです。

万願寺唐辛子は、京都でなくても良く食べることができますが、あまり流通していなく地元の京都上賀茂で消費されている鷹ヶ峰唐辛子。肉厚で美味しかったです。


むささび食堂




メインのオーストラリア産仔羊羊背肉のソテー、タイムの香るフレッシュトマトとパパイヤのソース。

お肉のボリュームがすごい(^▽^;) まさにビストロ感覚な量。この1品だけで十分にお腹がいっぱいになりそうです。

先程の鷹ヶ峰唐辛子と、トマトと夏野菜の小角切り、パパイヤの甘くて夏らしいソースが良く合っています。音譜


むささび食堂




デザートは、京都 大原野の斉藤さんが作ったブルーベリーのパフェ仕立て。

下層は、ブルーベリーのソース。ほとんどジャム状態。

上層は、ブルーベリーのアイス。


むささび食堂




大粒なブルーベリーの果肉も入っていて、すごく美味しかったです。

むささび食堂




カノビアーノ アネックス

大阪府吹田市芳野町 13-10

電話 06(6380)2345

営業時間 ランチ 11:30~15:00 ディナー 18:00~21:00    

定休日 水曜日

http://www.canoviano-annex.com/


ランチコースは2,100円~。プリフィクスの選択する料理のアップグレードで5,000円以上になりましたが、価格に対する価値は十分にあると思います。

京都美山の鹿肉や、鷹ヶ峰唐辛子など産地でないとなかなか味わえない京食材、お皿の上の鮮やかなプレゼンテーションに心惹かれます。
ただ良い事ではありますが、1品1品がビストロ感覚のボリューム。メインに辿りつくまでに結構お腹が一杯になってしまいます(^▽^;)

あと、3年程前にカノビアーノ・アネックスに1度訪れたことがあるのですが、その時よりも料理内容、サービスレベルともに充実しているように感じました。

スポンサーサイト
2010.07.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/36-c46216fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。