グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

こんばんわ、むささび太郎です(^∇^)

盛夏の味覚を楽しみに豊中の “ 一汁二菜 うえの”へ行って来ました。


一汁二菜うえのさんは、良くグルメ雑誌やメディアに取り上げられたり、2年前にミシュランに掲載されたりで、地元では結構ご存知の方が多いと思います。

それだけでなく、実際に訪れた知人から聞いてみても良い感想や、また訪れたいという意見が多いので、期待感大です音譜


むささび食堂




個室に続く通路。畳の青臭い薫りが爽やかです。


むささび食堂




使用されている格子や壁の色合いの効果もあると思いますが店内は全体的に明るい感じで、調度品などもごちゃごちゃしていなくスッキリしていています。

清潔感があって好印象グッド!


むささび食堂




1人なので、カウンターで食事をします。

カウンターは奥行きがあり、ゆったりしてます。店内全体の白っぽい色調と漆黒のカウンターのコントラストがモダンで美しいです。


むささび食堂




カウンター内に備え付けられている、おくどさんと焼き台。

信楽焼きの著名な作家の特注品だそうです。


むささび食堂




むささび食堂




最初は生ビールビール

最寄り駅から徒歩でお店に訪れたのですが、夕刻にも関わらず今日も暑かったですあせる


造形が特徴的なグラス。何気ないけど、ガラス職人の技術の高さに思いを馳せます。

写真で表現できませんでしたが、薄いグラスの口当たりが良いです。手に持つとすごく軽い!!

むささび食堂



おまかせコースの“花”を注文します。

最初に先付けです。

むささび食堂



太刀魚の昆布締めと蓮根、金時草。掛かっているタレは梅風味の加減醤油。

太刀魚は軽く皮目を焼いています。昆布締めの上にさらに旨味が増している感じで、焼き目も香ばしいです。

梅醤油との相性も良いようで美味しいです。

蓮根のサクサクした歯ざわりや、金時草の摩り下ろした山芋のようなトロトロ感もあってバランスが良いようです。

僕はビールを注文しましたが、日本酒の進みそうな1品です(^∇^)


むささび食堂




目で楽しめる、夏らしい前菜。

豆皿にさりげなく、センス良さを感じます。すごく可愛らしいラブラブ

夏をテーマにした、豆皿の小宇宙といった表現が合うのではないでしょうか!?(*^▽^*)


むささび食堂




むささび食堂

  帆立と三度豆の胡麻餡掛け。

  胡麻餡は硬すぎず、シャバシャバでもないトロ~リとした

  絶妙な硬さ。

  味付けも優しい感じで、帆立の甘みを良く引き立てています。
  三度豆のサクサクした食感もアクセントになってて

  美味しいです!!









むささび食堂

  アツアツで供される冬瓜の蒸し物。

  冬瓜って、ごつんと大きな形で出てくることが多いですが、

  こんな小さな豆皿にちょこんと供されるのも可愛らしいです。

  上に乗っている、肉味噌が旨いです(^∇^)










むささび食堂

  さざえに模したチョコに入っている、ゲソと分葱のぬた和え。

  申し分ないお酒の肴。














むささび食堂

  トビアラと瓜素麺。

  素麺に見立てた瓜と出しの絡み具合も良いです。














むささび食堂
  合鴨ロース。上には白髪葱がてんこもり。

  鴨は厚切りでしっとりしています。

  白髪葱をくるっと巻いて食べます。












むささび食堂

  プチトマトの蜜煮。

  甘すぎず、上品な甘さ加減。













むささび食堂

  トウモロコシを寄せたもの。

  1粒1粒のトウモロコシが甘くてジューシーです(^∇^)

  ほんのりと温かくて、おやつみたい。












むささび食堂   鯖寿司。
  表面は軽く炙っています。












目に鮮やかな前菜に続いて、お造り。行儀良く整然と並べられています。

左から、鱧、かつお、平目、剣先いか、雲丹。


むささび食堂




むささび食堂   鱧は皮目と表面を軽く炙った、焼霜造り。
  通常、湯通しした鱧落しで出されることが多いですが、

  こちらの食べ方の方が断然美味しいと思います。

  身に弾力があり、水っぽくなく、炙って水分を飛ばすことに

  よって、旨味も増しているような気が・・・。(^∇^)

  










むささび食堂   かつおも外側を燻しているようです。
  高知の藁焼きかどうか分かりませんが、燻製薫がかつおに良く

  合います。

  さらに、この燻製薫と醤油の相性が良いです。
  お造りというよりは、お酒の肴といった感じです。










むささび食堂   平目。弾力があり鮮度が良いです。










むささび食堂   細かく切り込みを入れた、剣先いか。
  見た目が綺麗です。












むささび食堂   濃厚な雲丹。













ズッキーニの天ぷらと、サワラの磯部揚げ。

ズッキーニは加熱されて、よりいっそう甘みが増します。

サワラに身がふっくらしていて、ジューシーです。サワラの身を巻いている海苔の香りが強いです。

多分良い海苔なのだと思います。こんな所にもこだわりが・・・音譜


むささび食堂


揚げ物は、おろしポン酢と梅肉塩で頂きます。


むささび食堂   こちらのポン酢は柚子の香りが高いタイプのポン酢。
  爽やかで、サワラの身が美味しく食べられます。














むささび食堂   ほんのりピンク色に染まった、梅肉塩。
  














こちらの白ワイン。ぶどう品種はシャルドネのようですが、甘草のような爽やかな香りで和食に良く合います。すっきりした辛口。

たまたまですが、先程の天ぷらとの相性ばっちりでしたグッド!


むささび食堂




甘鯛のオカキ揚げのオクラ餡掛け。

サクサクと軽い感じのオカキの衣が、オクラそのもののトロトロな餡を絡んで美味しいです。

オクラの青臭い感じもしっかり表に出ていて、面白い料理でした。


むささび食堂



鰻ざく。加減酢は甘さと酸味が控えめ。
シャキシャキの刻み茗荷がこんもり盛られています。

むささび食堂



食事は、おくどさんで炊き上げたタコ飯。


むささび食堂



軽くかき混ぜて、お茶碗によそって頂けます。

ご飯の上には刻んだ青紫蘇がこんもり盛られます。

むささび食堂



ご飯は梅ご飯です。


むささび食堂


上の写真ではタコが見えませんが角度を変えると、
しっかりタコが入っています。(^∇^)


僕は、干しタコの入った旨味がしっかりしたタコ飯が好きですが、こんなタコ飯も美味しいと思います。

タコが柔らかくて、梅ご飯との相性が良いです。

薦められるまま、お替りをしました。


むささび食堂


鱧の骨で出しを取ったスープ。生姜の香りが効いています。


むささび食堂



お漬け物は、胡瓜の浅漬けと昆布、大根。


むささび食堂


そして、ほうじ茶。


むささび食堂



デザートは、ヨーグルトのアイスクリームメロン、レモンのジュレ掛け。


むささび食堂




ヨーグルトアイスがひんやりしていて口当たりが良いです。レモンジュレは少しラムネも入っているのでしょうか!?
こちらもさっぱりしていて美味しかったです。

むささび食堂




一汁二菜 うえの

大阪府豊中市上野西 2-20-27

電話 06(6853)3955

営業時間 ランチ 11:30~13:30 ディナー 17:30~22:00    

定休日 月、火曜日

http://www.1j2s.sakura.ne.jp


おまかせコース『花』で、8,800円。他にも6,500円のコースや、アラカルトも豊富に用意されています。


後で調べて分かった情報ですが、お椀は和えてコースの中に出さない方針を取っているそうです。
その理由はお椀を出すと構えがちになってしまうので、もっと普段使いのように気軽にお店を使ってもらいたいという、思いがあってとか。

料理は、表現力やプレゼンテーションが多彩で楽しかったです。それも、奇をてらって料理そのものが微妙な
感じではなく、たしかな技術と感性に裏打ちされた完成度の高い料理。
1度きりでなく再び訪れたくなる所以だと思います。

箕面には、元旅館を利用した、個室でお座敷天ぷらを揚げてもらえる姉妹店があるようで、今度はそちらにも訪れてみたいと思います。


スポンサーサイト
2010.07.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/38-40158aed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。