グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

宿坊 遍照尊院に宿泊して、翌朝 5時30分に起床。

宿坊の朝のお勤めに参加します。


  むささび食堂




早朝の外光が入ってきて、幻想的な雰囲気です。

しばらくして高い鐘の音とともに、住職さんが入って来て朝のお勤めが始まります。

住職さんがお経を合唱するなか、順番に焼香をします。


  むささび食堂


朝のお勤めが終わった後、本堂内を見学。

本堂内にある、四国八十八ヶ所の砂を踏みます。


その後すぐ、朝食の場所に移動。


  むささび食堂



  むささび食堂




宿坊の精進料理の朝食。切干大根にひじき、諸味噌、長芋の短冊、なめこの佃煮、結び昆布とひろうすと里芋の炊き合わせ。果物はオレンジ。

むささび食堂



朝食を食べ終えて、すぐにチェックアウトを済ませ、高野山市内を観光します。

観光の計画は、まず奥の院を参拝し、国宝の多宝塔のある金剛三昧院、それから金剛峯寺、壇上伽藍の順に周る予定です。

その合間に、休憩も兼ねて気になるお店にも訪れていきたいと思います。(^∇^)


  むささび食堂

  

 


最初に奥の院を向かうのは、午後から団体観光客がたくさん訪れるため、参拝客の少ない午前中に参拝を済ませた方が、ゆったりと観光できて、なおかつ時間的にも効率が良いと、宿坊の住職さんから助言を頂いたからです。

奥の院の入口。

  むささび食堂



奥の院の入口から弘法大師御廊まで1.5km程度歩きます。
天気の良い早朝でも薄暗く、荘厳とした雰囲気です。

  むささび食堂




  むささび食堂




  むささび食堂




参道の両脇に武田信玄や伊達政宗、前田利家など名高い武将や大名の墓石や供養塔が立っています。

  むささび食堂


  むささび食堂


30分程度歩いて、中の橋に到着。


  むささび食堂




中の橋を渡って、すぐ右脇にある姿見の井戸。

弘法大師が高野山に登った時に、掘った井戸だそうです。

昔は、この水で眼を洗えば、どんな眼病でも良くなったと言われていたそうです。

また、井戸を覗き込んで水面に自分の姿が写っていなければ3年以内に死ぬ、という怖い言い伝えもあるそうですドクロ

恐る恐る覗いてみたのですが、僕はちゃんと写っていました(ノ´▽`)ノ


  むささび食堂




さらに奥に進んで、灯籠堂。
堂内には寄進された、たくさんの灯籠が掲げられていて、日中にも関わらず幻想的な雰囲気でした。

むささび食堂





灯籠堂を参拝して、弘法大師御廊を見学した後、もと来た表参道とは別ルートで奥の院入口まで向かいます。

  むささび食堂



  むささび食堂




   むささび食堂



  むささび食堂


奥の院の小さな住人達。


  むささび食堂




抜け殻ではなく、ゆっくりと動いています。


  むささび食堂  



奥の院を出て、金剛峯寺のある西方向に向かいます。

太陽も昇ってきて、青空がきれいです音譜


むささび食堂



  むささび食堂


途中、立ち寄った菓匠 松栄堂。


  むささび食堂


高野山内でここでしか、作っていない和菓子があります。


むささび食堂



この和菓子が、こちら。

三光の鈷。


むささび食堂


右手にある袋に包装された、干し柿のようなものが仏手柑。

仏手柑とはインド原産のミカン科の果物だそうで、日本へは17世紀頃に入ってきたそうです。

ちょうど実の形状が、合掌した手の形に似ていることから、この名前が付いたそうです。

糖度を測りながら、3年間蜜に漬けて黄金色に炊き上げるそうです。すごく手間がかかっているため、年間平均2,000個位の少量生産。

価格は、1個平均5,000円前後。実の大きさによって価格が変動するみたいですが、大きいものになると7,000円を超えるそうです。

目出たいお席とかで、薄く切ってお茶請けなどに利用されるそうです。


  むささび食堂




その仏手柑をくるんだ和菓子が、この三光の鈷。

アンズのようなねっとりとした食感で、柑橘系の爽やかな薫り。マーマレードのジャムのような感じですが、甘さが上品です。

温かいほうじ茶と一緒に頂きました音譜


  むささび食堂




菓匠 松栄堂


和歌山県伊都郡高野町高野山 765

電話 0736(56)2047


三光の鈷 300円 / 個

高野山で最も歴史の古い和菓子屋さん。三光の鈷は、洗練された甘さと薫りが良かったです。

他にも焼き餅も名物だそうです。


ただ、残念なのは団体観光旅行のコースに組み込まれているようで、バスが停まって観光客がお土産売り場に殺到すると、極端にお店の方の対応が粗くなってしまうのだけが残念です。

スポンサーサイト
2010.08.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/42-3e13ef96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。