グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

金剛峯寺を出て、壇上伽藍へ。

壇上伽藍は現在、19棟の塔で構成されていて、境内全体が世界遺産に指定されているそうです。



根本大塔。昨夜、ライトアップされていた塔です。

テレビ番組や雑誌で高野山を取り上げる時、最初の方に取り上げられる代表的な塔ですね(^∇^)


空海が密教の“根本道場”として建立したことから、根本大塔と呼ばれているそうです。

創建以来、5回も落雷による火災で焼失し、現在の塔は6回目の建立で昭和12年に再建されたそうです。

道理で、先程観光した金剛三昧院よりも新しい感じがします。


塔の中も拝観しました。

塔内部の中央には、大日如来が本尊として座しており、その四方には、金剛界の四仏が配置されています。

さらにその周りには16本の柱が立てられていて、各柱には日本画家の堂本印象による作品である金剛界の菩薩の絵が描かれていました。

なんとなく、エキゾチックな雰囲気に感じられました。


  むささび食堂




こちらも昨夜ライトアップされていた鐘楼。昼間でもきれいな鐘楼です。


  むささび食堂




愛染堂。

後醍醐天皇の御願により建立されたそうです。


  むささび食堂




不動堂。

鳥羽上皇の皇女 八条女院の発願により、修験者の行勝上人が山内の一心院谷に建立したものだそうです。

それを明治41年に、現在の場所に移建したものだそうです。

堂内に数多くの貴重な仏像群を安置していたそうで、現在でも真言密教の重要な仏である“不動明王”を安置しているそうです。


  むささび食堂




大会堂。鳥羽法皇の皇女である五辻斎院(ごつじさいいん)内親王という方が、父帝の追福のために建立したそうです。


  むささび食堂




大会堂の会堂坂から三昧堂を見下ろした所。


  むささび食堂




三昧堂。

歌人西行という人が修行した場所だそうです。西行は1150年頃に高野山に来て、それ以来30年以上高野山に在住し、高野山の経営に力を尽くした人だそうです。


  むささび食堂




東塔。

白河法皇の御願により1127年に落慶したそうです。1843年に焼失後、140年を経て昭和58年に現在の塔が再建されたそうです。


  むささび食堂




金堂。

個人的には、壇上伽藍の中で最も美しい建造物だと感じました。

空海が若い僧を鍛える道場としての修行を実践する場であったそうです。

金堂の本尊は、創建間もない頃から秘仏であったそうです。そして、昭和元年に焼失してしまい、秘仏をはじめ、多くの仏像が焼けてしまい、秘仏の名称は永遠に謎のままとなってしまったそうです。

この秘仏について、気になるのは私だけでしょうかはてなマーク


  むささび食堂




西塔。

弘法大師の遺志に従って、真然が887年に建立したそうです。



むささび食堂



御社。


  むささび食堂




山王院。


  むささび食堂



  むささび食堂




六角経蔵。


  むささび食堂




ご覧の通り六面体の塔で、各角に出ている木杭を持って6人で同じ方向に押すと・・・


  むささび食堂




塔そのものがぐるぐる動くんですビックリマーク これにはびっくり!! 


  むささび食堂




壇上伽藍内にある蓮池。


  むささび食堂




  むささび食堂




橋の上から池を見下ろすと、餌を与えていないのに鯉が水面に集まってきます(・ω・)/


  むささび食堂




壇上伽藍の見学を終えて、和菓子店 みろく石本舗 かさ國を訪れます。


  むささび食堂



  むささび食堂




こちらのお店で販売されている饅頭、みろく石は宿坊に宿泊して部屋に通されるとかなりの確率で出される、高野山を代表する銘果です。

みろく石の名前の由来は、奥の院の参道脇にある祠(ほこら)に弥勒石という心願成就の効力を持つといわれている黒い石が置かれてあって、その石に似せているそうです。

この饅頭は一つずつ手作りしているそうです。


  むささび食堂




店内の奥に併設されたカフェスペースで、みろく石を頂きます。

セルフサービスの温かいほうじ茶。冷たい麦茶もあります。


  むささび食堂




カフェスペースのきれいな活け花。


  むささび食堂




上品な甘さの粒餡がぎっしりと詰まっています。

表面の皮の部分には黒糖の香りがします。

全体として上品にまとまった甘さと風味。ほうじ茶と良く合います。

今回、高野山を訪問して和菓子のお店を4店舗、濱田屋の抹茶風味の胡麻豆腐を加えると5店舗訪れましたが、いずれも完成度の高さを感じました。


  むささび食堂




みろく石でしばらく休息をしてから、霊宝館に訪れます。

霊宝館では金剛峯寺をはじめ、高野山一山の仏像・仏画など文化遺産を保存管理し、一般にも開館する目的で大正10年に開館した施設だそうです。


  むささび食堂




庭園内の樹木がすごく綺麗です音譜


  むささび食堂




  むささび食堂




訪れた日は施設が企画した、小さなほとけさま展が展示されていました。

5mm四方のスペースに掘り込まれた装飾の細かい仏さまや、弘法大師の写経、1文字1mmほどの大きさで書かれている写経など、あまりの細かさにすごい!!と驚かされるような作品がたくさん展示されていました。


むささび食堂




みろく石本舗 かさ國


和歌山県伊都郡高野町高野山 764

電話 0736(56)2327


営業時間 7時30分~18時

定休日 不定休

酒饅頭 95円/個  

黒糖の風味のする皮生地の中にぎっしり詰まった粒餡。程よい甘さで洗練された印象でした。

間違いなく、高野山だけではなく、日本を代表する銘菓といっても過言ではないと思いました。

1泊2日の高野山観光。実際に訪れてみて得られた知識や体験は貴重なものでした。

このあと、徳川家霊台を訪れてケーブルカーに乗って下山しようと思います。



スポンサーサイト
2010.08.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/45-7c827f5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。