グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

2日にかけての高野山の聖地巡礼。町石道のトレッキングにはじまり、宿坊の宿泊、世界遺産の寺院巡りと山内の名物や精進料理などの食べ歩き。

空海の開創以来、1200年の歴史と文化について十分に触れることができたと思います。

また地元の名産品も含め、見所がたくさんで楽しかったです。


ただ今回、高野山の結界を取囲むように輪を描いた約17km程度の行程の女人道を歩くことができなかったのが残念です。

こちらは、また改めて訪れてトレッキングをしたいと思います。


午後4時頃、太陽も西に傾いてきました。

昨日に登山道を約25km程度歩き、今日は約17kmほど歩いています。

歩くことに慣れている私ですが、さすがに足の筋肉も張ってきて、疲労感も感じます。


これから高野山の市内を徒歩で離れ、女人堂に向かい、そこからバスに乗って高野山駅へ。そこからケーブルカーに乗って下山をしようと思います。



女人堂に向かう途中の民家の脇にある生麩のお店、麩善へ立ち寄ります。

高野山で生麩を作っているお店は、このお店だけだそうです。

麩善で作られている名物の和菓子、笹巻あんぷを購入します。

笹巻あんぷとは、よもぎを練りこんだ生麩でこし餡をくるみ、それをさらに熊笹で包み込んだもの。

熊笹は6~8月頃の若い葉を使用しているそうです。

店内には食べるスペースがないので、持ち帰って後で食べようと思います。


むささび食堂



途中、重要文化財に指定されている、徳川家霊台を参拝します。徳川家康と秀忠を祀っているそうです。


  むささび食堂




霊台に向かう参道。


  むささび食堂




大きな石が積まれて5mほどの高台にあります。

ちょっとした城壁みたいです。


  むささび食堂




徳川家霊台。亡人を祀る霊台というよりも、小さな神社のようです。

手前の鳥居があるのが徳川家康の霊台。奥が徳川秀忠の霊台。


  むささび食堂



他に見所はなかったので軽く参拝をして、バス停のある女人口まで1kmほど歩きます。


民家のお庭に咲く紫陽花。高野山内の至る所で紫陽花の花が見られましたが、今年はおそらくこれが見納めになると思います。


  むささび食堂




女人口に到着して、バスが来るまで少し時間があるようなので、先程買った笹巻きあんぷを食べます。

手のひらにちょこんと乗る、可愛らしいサイズのお餅。(^∇^)


  むささび食堂




熊笹の包装を解くと、笹とよもぎの爽やかな香りが広がります。

春先の草原の中にいるような、青い薫りです音譜

熊笹も若葉をしようしているため、柔らかくて瑞々しい水分が感じます。思わずパンダのように笹も食べてしまいそうでした(^▽^;)


むささび食堂



手で割って頂きます。

こしあんがすごく滑らかで、甘すぎず上品です。こしあんを包んでいる麩が、作り立てのわらび餅のように瑞々しいです。

味の方は、さきほど熊笹を開いた時の香りに対する感想をそのまま形にしたような感じ!!

蓬の薫りに、若い甘草のような笹の香りが写って、爽やかな草の香りが鼻腔をくすぐります音譜

むささび食堂



10分程度でバスが到着。バスに乗り込んでケーブルカーの入口まで向かいます。


わずか2日間の高野山観光でしたが、色々と知識を深められ、美味しい物もたくさん食べられて、充実した時間を過ごすことができました音譜

ケーブルカーに乗って下山をします。


むささび食堂


                                         ~ 8回に渡ってお伝えした、高野山編。~
                                     お終い('-^*)/


お終いというのは、むささび食堂がこれで終わるという意味ではありません(笑)。

これからも引き続き、ジャンルを問わず色々なお店や、食の体験をご紹介したいと思いますので、

見て下さいね(^∇^)

高野山編を最初から見て下さった方、本当に有難うございます。写真や文章がむちゃくちゃ多くて、読んで頂けるのが大変だったと思います。あせる


また、今回の高野山編をきっかけに、初めてむささび食堂のブログを読んで下さった方、もしブログに関心を持って頂けたら、過去の寄稿した記事やこれからの記事も是非読んで下さい!!

励みになります('-^*)/

最後に、麩善さんの紹介 ↓
     

麩善



和歌山県伊都郡高野町高野山 712

電話 0736(56)2537


営業時間 9時~18時

定休日 月曜日(祝日の場合は営業)

http://www.fu-zen.com/

笹巻きあんぷ  130円/個  

厳選された素材と、恵まれた高野山の清水で作られた、爽やかな薫りと瑞々しい蓬まんじゅう。

電話やオンラインでも注文して送って頂けるようです。

生麩もきっと美味しいと思いますので、今度私も注文してみようと思います。



スポンサーサイト
2010.08.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/46-5e7c76b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。