グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑



こんばんわ、むささび太郎です(^∇^)


京都の、じき宮ざわさんへ行って来ました。お店がオープンしたのがつい3年目程前で、昨年ミシュラン京都・大阪で1つ星を獲得した、彗星のようなお店です。キラキラ


☆ むささび食堂 ☆




☆ むささび食堂 ☆













☆ むささび食堂 ☆




カウンター10席のみの小さなお店。
白木のすっきりした佇まいのお店です。

若い店主、宮沢政人さんと、愛嬌のある仲居さんを中心にカウンター内から料理や飲み物が供されます。


☆ むささび食堂 ☆




☆ むささび食堂 ☆



錫の飲み口が薄いビールグラス。


☆ むささび食堂 ☆



グラスはきんきんに冷されていて、手触りが気持ち良いです。

グラスの表面に無数の細かい汗があせる

☆ むささび食堂 ☆



分かりづらいですが、朱塗りの酒盃に注がれた食前酒。

伏見の月の桂で有名な蔵元の抱腹絶倒(ほうふくぜっとう)という純米酒。

すっきりした酸味が広がり、純米酒とは思えないようなフレッシュなお酒です。

☆ むささび食堂 ☆



渡り蟹と胡瓜の酢の物。


☆ むささび食堂 ☆



くどすぎない、優しい酸味の加減酢。

胡瓜は中心部の種子のある部分をくり抜いて、外側の果肉だけ使われています。

柔らかくて、胡瓜の甘みが引き出され、外皮のコリコリした歯触りも良いです(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



下には、蟹味噌で和えた蟹身が隠されていました。ねっとりと甘くて濃厚で、加減酢と絡んで美味しいです音譜


☆ むささび食堂 ☆



トウモロコシの実を薄衣で寄せた、掻揚げ。

今年の夏は、和食屋さんなどで何度もトウモロコシの掻揚げや天ぷらを食べました(笑)。

実の1粒1粒がしっかり詰まっていて、甘くてジューシーです。

☆ むささび食堂 ☆


青茄子とカラスミのお椀仕立て。

カラスミの上には振り柚子がされていて、香りが爽やかです。
カラスミは単体で食べてもねっとりして美味しいですし、青茄子と一緒に食べても美味しいです。

吸地には薄く葛を引いているようで、とろみがあって茄子に良く絡んで良い感じです。


☆ むささび食堂 ☆



明石産の天然鯛と、熊本産の無添加の雲丹のお造り。

明石の鯛は身が締まっていてコリコリしています。

雲丹は重曹が添加されていないので、独特の臭みがなくて、ねっとりとして甘いです。

とろみを付けた醤油ダレが掛けられています。

☆ むささび食堂 ☆



今回のコースで最も印象深かったのが、こちらの焼胡麻豆腐。

じき宮ざわの名物料理らしく、全てのコースに組み込まれているそうです。

ふっくら焼き上げた胡麻豆腐の上に、炒り胡麻がふんだんに掛けられていて、下には胡麻風味のソースが添えられています。


☆ むささび食堂 ☆




中はトロトロしていて濃厚です。上に振られている炒り胡麻が香ばしいです。

下に敷かれている胡麻クリームには、蜂蜜か黒糖が加わっているのでしょうかはてなマーク 胡麻豆腐に絡めて食べると上品な甘みが口の中に広がります。
焼き立ての胡麻豆腐、炒り胡麻、そして胡麻クリーム。3パターンの胡麻を使った料理。

巧く調和して、おやつのようでありながら、コースの中のメインになりうる完成度の高い胡麻豆腐の料理でした音譜

☆ むささび食堂 ☆



備前っぽい赤土の茶器で供される、お料理。

☆ むささび食堂 ☆



中身は、もずく酢。

中心の白いのは、細長く刻んだとろろ芋。
細いもずくですが、弾けるようなしっかりとした歯触りがあります。酢はそのまま器に口を付けてズルっと飲めるように優しく調えられています。

喉越しが良く、さっぱりとしたコースの中の箸休めでした(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



焼き鱧と冬瓜の煮物。間には梅肉が挟まれています。

鱧は皮目の水分を飛ばしてパリッとしています。中心部はレア状態。旨味が増しています。

冬瓜は1度煮含めてから、冷して寝かせているようです。

香ばしくて旨味の増した鱧にも、ひんやりとした冬瓜にも、さっぱりした梅肉が良く合います(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



甘鯛と賀茂茄子、鷹ヶ峰唐がらしの揚げ出し。

下に敷かれている出しはすごく繊細な薄味です。いずれも旨味と甘みが濃い素材の味を引き立てています。


☆ むささび食堂 ☆



土釜で炊き上げたご飯と一緒に添えられる、お漬け物。

この後、炊き上がり直後から、時間の経過のととも変化するご飯の味を楽しめるように趣向されているのですが、気に入ったお漬け物を何度もお替りできます。

☆ むささび食堂 ☆



茄子の浅漬け。包丁で切らずに手で裂いて供されているようです。
泉州の水茄子のようにすごく瑞々しいですあせる


☆ むささび食堂 ☆



一番手前の薄茶色が割り干し大根。そして、胡瓜の浅漬けとオクラの糠漬け。奥が辛味大根と梅干し。
胡瓜の浅漬けは瑞々しくて汁気が溢れています。オクラは柔らかくてトロトロしています。

割り干し大根は、コリっとした食感で醤油の溜り漬けのように濃厚な味わいです。

奥の辛味大根は、ワサビのようなツンとくる爽やかな辛みでした。


☆ むささび食堂 ☆



八丁味噌と西京味噌を合わせた、お味噌汁。


☆ むささび食堂 ☆



お味噌汁の中には、北海道産の身がぷっくりしたアサリがふんだんに入っています。

☆ むささび食堂 ☆



炊き上がりのご飯。香りがすごく良いです音譜
お米の中心部はまだ、しっかりとした堅さを残しています。

奈良県でヒノヒカリを生産している農家の方から直接取り寄せているそうです。


☆ むささび食堂 ☆



先程の胡瓜の浅漬けと割り干し大根をお替り(*^▽^*)


☆ むささび食堂 ☆



2膳目のご飯。さっきより甘みが増し芯まで柔らかいです。(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



デザートはちょうど良い熟れ頃に完熟した白桃とスライスしたマスカット。

桃が好物の、私の彼女。このブログ見たら、相当羨ましがるだろうな・・・(^▽^;)


☆ むささび食堂 ☆



ほうじ茶。

☆ むささび食堂 ☆


カウンター内の端にある焜炉で、なにやらお菓子のようなものを焼いていますはてなマーク


☆ むささび食堂 ☆



それと同時に、店主の宮沢さんが目の前で薄茶を点てておられます。

☆ むささび食堂 ☆


上の写真の段階で、次の展開が予想できたのですが、

薄茶と、お茶菓子の焼き立ての最中。


☆ むささび食堂 ☆








          




☆ むささび食堂 ☆














温かくて香ばしさのある最中の皮の中には、大きい小豆を使った粒餡がたっぷり入っています。

☆ むささび食堂 ☆




【 じき 宮ざわ 】


住所 : 京都府京都市中京区堺町四条のぶる上ル 東側八百屋町533-1 地図  


電話 : 075-213-1326


ホームページ : http://www.jiki-miyazawa.com


営業時間 : 昼 12:00~13:45(最終入店)

          夜 17:30~20:00(最終入店)


定休日 : 木曜日、第1水曜日


今回注文したコースで12,600円。


お若い店主の型に捉われないクリエイティブなコースの組立てが楽しかったです。

胡麻豆腐に土釜の白ご飯、そしてお漬け物。すごく良かったです。






ご飯のおこげまで辿り付けず再リベンジを誓う、むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2010.08.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/61-9312b520
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。