グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

洋食みしなを出た後、清水坂と五条坂周辺を散策し、河原町市街へ向かいます。


四条大橋から鴨川上流の風景。綿菓子のような厚みのある雲。遠くには入道雲。

☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆



たくさんの飲食店や物産店、お土産屋さんが軒を連ねる先斗町を通って、鴨川沿いに上流の方へ向かいます。


☆ むささび食堂 ☆



普段良く見慣れている賑やかで艶やかな夜の風景とは、全く違う光景に見えます。


☆ むささび食堂 ☆



お店の玄関脇に置かれていたサツマイモ。


☆ むささび食堂 ☆



通り沿いにお店を構える、京の雪本舗。お豆腐と湯葉のお店です。

少し立ち寄ってみました(´∀`)


☆ むささび食堂 ☆



中では、引き上げ湯葉の実演。

お店で試食できる、汲み上げ湯葉の豆の風味が濃厚でした('-^*)/


☆ むささび食堂 ☆



先斗町の歌舞練場。古くから歴史のある5月の鴨川をどりや水明会、お茶席など格式の高い行事が年中催されている場所です。

京都府外からの観光客も訪れているようで、玄関の前で写真を撮っていますカメラ

シャッターを押して下さいと声を掛けられ応じます。理由は分からないのですが、私は昔から観光地や旅先でかなりの確率で見知らない人に写真を撮って下さいと、声を掛けられます。(;^_^A

日本人、外国人の方を問わず・・・。

デジカメが流通していない、フィルムの時代にはちゃんと撮れているのだろうか・・・と、その度に不安に感じていました(^▽^;)


☆ むささび食堂 ☆



歌舞練場を抜けて、しばらく鴨川沿いを歩きます。音譜


写真中央の橋が、三条大橋。

桂小五郎を匿った幾松の物語や、坂本龍馬ゆかりの場所。

近くには坂本龍馬が近江屋に遭難する前に隠れていた建物もあります。


☆ むささび食堂 ☆


三条大橋の所で左折して、三条通りを西に歩きます。

京都市街は、南北と東西の通りが網の目状に交差していて、主要な通りを把握していれば、行きたい場所に行けるので便利です。

さらに目的のお店の住所なども、~通り上ル・・・といった具合に通り名で表現されているので、高い確率で迷わずに辿りつく事ができます。

海外のどこかの国の市街でも、良くそういう場所がありましたが、実に合理的なシステムだと思います。

海外からの個人旅行者がガイドブックを見て訪れる場合には、かなり効果的ではないでしょうか!!('-^*)/

通り付近のお店を物色しながら、烏丸通りの方まで来た所で、伊右衛門サロンで一息つきますお茶


☆ むささび食堂 ☆



サントリーのCMなどで、あまりにも有名な伊右衛門のお茶。

京都福寿園と提携し、サントリーが運営しているカフェです。


☆ むささび食堂 ☆



外は猛暑ですがウッドデッキとグリーンが、都会の中にあって視覚的に涼しく感じさせます。あせる

お茶を楽しんでいる人もさほど熱そうでない様子。

風鈴の音で暑さを紛らわして、涼しさを感じるのと同じかもしれませんね!!(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



店内に入ると、ウェイテイングスペースと物販を販売するスペース。

2階に上がる階段があるのですが、展示やイベントスペースになっているようです。


客席は満席ということなので、暫く時間を潰します。


☆ むささび食堂 ☆



色々な茶葉がミニマムモダンにディスプレーされています。

無駄な装飾がなく、カッコいいです!!

茶筒に入っている染柄のデザインは、京友禅の老舗 千總とのコラボレーションによるものだそうです。


☆ むささび食堂 ☆



茶筒も蓋もすべて紙で出来ています。完全エコ。


☆ むささび食堂 ☆




丹波黒豆しぼり。黒豆で作る甘納豆。

丹波の黒豆を砂糖やグラニュー糖などで煮たものは、表面にしわができるまで日陰干ししたもの。

濃縮された豆の風味が美味しい、お茶菓子です。


これは以前に別の場所で食べたことがあるのですが、とても美味しいです。

☆ むささび食堂 ☆



和製のコースター。

こちらも、京友禅 千總との共同企画。

☆ むささび食堂 ☆


待っている間、店内で自由に読める本。興味深い本ばかりですが、15~20分程度の時間潰しには、少し難しい内容の本ばかりです(;^_^A

一部の本は購入も可能だそうです。


☆ むささび食堂 ☆




席が空いたようで、店内に案内されます。

店内の雰囲気は完璧にカフェなんですが、伝統的な和の要素が上手く融合してモダンで居心地の良い空間になっています。


☆ むささび食堂 ☆



オープンキッチン。

☆ むささび食堂 ☆


厨房とは別に、お茶を点てるティーカウンターがあります。そのティーカウンター席に座った場合限定のメニューがあるそうなので、カウンターに案内してもらいます。


☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆




こちらがそのカウンター限定のメニュー。
氷出し碾茶を注文します。

碾茶とは、下の写真にも記載されていますが、抹茶を石臼で挽く前の茶葉だそうです。

氷が溶けて、ひたひた下に落ちるしずくで一晩じっくりかけて、お茶を抽出しているそうです。


☆ むささび食堂 ☆



1晩かけて抽出した、氷出し碾茶。
これはすごいです!!o(^▽^)o

トロトロな口当たりで、まるでお茶で作ったシロップを飲んでいるような感覚です!!

お茶の風味、苦み、甘み、旨みを全て凝縮したような味わいです音譜


☆ むささび食堂 ☆



水出しをした二煎目の碾茶と、宝泉堂の白小豆の入った寒天。


☆ むささび食堂 ☆



先程の氷出し碾茶とは対照的に、すっきりしていて爽やかなお茶の香りが口の中に広がります。


☆ むささび食堂 ☆



宝泉堂の白小豆入りの寒天。

下鴨にある、茶寮 宝泉堂では美しい庭園を眺めながらお茶と和菓子を頂けます。


白小豆の優しい甘みが上品で、寒天もつるつるしていて美味しいです(^∇^)

☆ むささび食堂 ☆





【 IYEMON SALON KYOTO 】


住所 : 京都府京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80番地 千總ビル1階  地図  


電話 : 075-222-1500


ホームページ : http://iyemonsalon.jp/

営業時間 : 8:00~24:00(ラストオーダー FOOD 23:00 DRINK 23:30)

定休日 : 年中無休



氷出し碾茶 900円。 夏季限定のメニューです。


京友禅 千總の本社ビルの1階を改修したカフェ。

日本の伝統文化のお茶に、現代的な感覚を上手く融合させているハイセンスな和カフェです。

お茶を通じた食・文化・芸術を、現代的で独自のスタイルで世界に発信していけそうなアンテナショップだと思います。






来年の5月頃に宇治茶の茶摘み体験をしてみたいです!!むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2010.09.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/64-d8c361df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。