グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

先週末、FUNKY☆BERRYの"COCO"さん にお誘い頂いて、滋賀県大津市で地鶏の養鶏~処理、直販まで一貫して手掛けておられる“かしわの川中”さんの直営店舗 “穏座”さんへ1日6名限定の淡海地鶏を使ったフルコースを食べに行きました。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


淡海地鶏とは、フランス原産の地鶏と日本の在来品種であるロードアイランドレッドという品種から生まれた地鶏だそうで、肉質は噛み応えのある弾力があり、黄色みを帯びた脂の乗り具合でありながら、さっぱりとしていて旨みがあるのが特徴だそうです。

淡海地鶏の名前の由来は、地元の堅田出身の喜劇役者「志賀廼家淡海(しがのやたんかい)」にあやかって命名されたそうです。

実は昨年の12月頃に、友人を自宅に招いてのホームパーティーで、この川中さんの淡海地鶏の鶏鍋セットを取り寄せた経験があり、味が濃厚で文句なく美味しかったので、楽しみでした音譜


今回は、6名集うとお店のカウンター席を貸切りで、この特別コースをご用意して頂けるそうで、COCOさん ご夫妻、当日東京から飛行機で駆けつけてお店の手配などもして頂いた“ぶらりん”さん 、今日のためにお車を出して頂いた“みずりん” さん、北新地のランチを中心に美味しそうなお店をブログで紹介している“みどりん”さん 、そして私の有志6名でお店に覗います。


6時から開店ということでしたので、お昼過ぎに皆さんと集合して彦根の方に立ち寄ってドライブ車

大人の遠足です音譜

国道を琵琶湖の南端沿いをぐるっと周って湖西の堅田へ向かうコース。


今日は絶好の遠足日和り。
空が真っ青で気持ちが良いです音譜


☆ むささび食堂 ☆




クラブハリエが運営するパン工房を併設したカフェ、“シュブリルタン”に立ち寄ります。


☆ むささび食堂 ☆




クラブハリエといえば、2年前に阪神百貨店で毎日行列の絶えないバームクーヘンで、関西在住の方にはご存知の方が多いと思います。
こちらのシュブリルタンでは、バームクーヘンを購入することはできません。


琵琶湖に面した、広大な敷地に佇むパン工房を兼ねたカフェ。
1階部分がパンや加工品を販売する物販スペースとパン工房。

2階部分は、オープンテラスのあるカフェになっています。


☆ むささび食堂 ☆




2階のカフェへ向かう階段。 イラストが可愛らしいです音譜

真っ白な壁面が美しい建物。

☆ むささび食堂 ☆




2階部分の、オープンキッチンのカフェスペース。
白を基調とした店内に、明るめの木の家具が良く合います。(^∇^)


☆ むささび食堂 ☆



オリジナルのケーキがディスプレー。


☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆



そして、クロワッサン音譜


☆ むささび食堂 ☆




先程のクロワッサンとアイスコーヒーを、オープンテラスで頂きます。


☆ むささび食堂 ☆




テラスからの見渡す景観は、絶好のレイクビューです。
真っ白な壁面と真っ青な青空。広大な海に面したような景観。

デジタルハイビジョンの映像で見たことのある、サントリーニ島のリゾートホテルを連想させます。


☆ むささび食堂 ☆



クロワッサンとアイスコーヒー。

クロワッサンを包んでいる包装紙、可愛らしいです。


☆ むささび食堂 ☆





☆ むささび食堂 ☆      ☆ むささび食堂 ☆




1階部分の物販スペースでは、焼き立てのチーズの入ったパンが店頭に並べられます。
この焼きたての表面のチーズがトロリ汗と溶けた感じ・・・かなり誘ってますね(^∇^)


下のパンと、セサミ(胡麻)のかかった食パン食パンを購入します。

☆ むささび食堂 ☆





シュブリルタンでランチをした後、夕方6時30分に予約をしている隠座さんに向かいます。


琵琶湖に沿って走っている国道を、数時間ドライブ車

車窓の外の風景は、右手側が琵琶湖。ウインドサーフィンやジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しむ人が遠目に見えます。

反対の左側は、主に田畑の広がったのどかな風景。ちょうど時期的に色とりどりの背の高いコスモスが咲いていて綺麗でした。

車内での会話は、美味しいお店や食べ物ネタのオンパレード音譜

次々と興味深い話題が出てきます(^∇^)

食べる事が大好きな人が集まると本当に楽しいですね。数時間のドライブがあっという間です。



予定よりも少し早い時間に、穏座さんへ到着。

お店の周辺を少し散策します。


☆ むささび食堂 ☆



穏座さんを運営する、かしわの川中さんの直売店。

様々な部位が1つのパックに梱包されたお鍋のセットや地鶏鍋用のスープにつみれ、軟骨やせせり部分など焼物用の各種部位、地卵などが販売されています。

どれも見るからに鮮度が良くて美味しそうです。

以前にもお取り寄せで実際に食べてみて、もの凄く美味しかったので、安心して大人買いです(*^▽^*)



直販ショップの隣りには、格子状の扉が掛けられた鶏舎があります。

様子を見に近付くと、犬に吠えられます(^▽^;)


☆ むささび食堂 ☆




民家の間を流れる舗装された小さな川。ネットの下には鯉が飼われています。


☆ むささび食堂 ☆




民家の家の屋根。

中央の△の部分に配している、水の文字。

先日訪れた京都美山では至る所に見受けられました。実は私の家の近所でも、たまに見受けられます。

水の美味しい地域、あるいは過去に水が豊富にあった場所に、この水の文字が記されているものだとばかり勝手に思っていました。

今日一緒に訪れた、ぶらりんさん に教わったのですが、それは間違い。


正解は、水の神通力にすがって、火災から建物を守る火伏せのおまじないだそうです。

水文字の風習は、とくに関西圏に広く分布しているそうで、寺院様式の影響を受けた江戸時代末期に発生して庶民の間で広まり、明治時代になって定着したそうです。


そういえば、京都美山でも茅葺きの屋根の民家や、土蔵の白壁には必ずと言ってよいほど、水文字が記されていました。


☆ むささび食堂 ☆



さて、いよいよ穏座さんの淡海地鶏のコースが頂けます。

1つの記事にまとめるには、あまりにも長過ぎるので前編と後編に分けさせて頂いて、後編でコース内容の詳細をご紹介させて頂きます。

後編も追ってすぐに、挙げさせて頂きます('-^*)/



【 シュブリルタン 】


住所 : 滋賀県彦根市松原町 1435-83 地図  


電話 : 0749-21-4477


ホームページ : http://taneya.jp/shop/shiga_joublie_le_temps.html


営業時間 : パン工房、カフェともに8:00~パンがなくなり次第終了        


定休日 : 不定休 HPにてカレンダーで定休日が告知されています。

和菓子のたねやグループが運営する、湖岸に面した気持ちの良いテラスを設けた、パン工房兼カフェレストラン。

今回のようにランチに立ち寄るのにちょうど良いと思います。駐車場も90台分あり十分。


もし他のエリアに行く予定がなければ、彦根城やその周辺のお店を訪れて琵琶湖の湖岸を散策。その合間にシュブリルタンに立ち寄るといった風に、彦根周辺でレジャーを完結することも可能だと思います。







絶好の天候に恵まれた、湖岸のドライブ。気持ちが良かったです。

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2010.11.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/85-72f1ed7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。