グルメ、旅、山登り。心に残る、フォトグラフ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


こんにちわ、むささび太郎です(^∇^)


スイーツ好きな私が、とくに大好物なプリンを求めて、阪急芦屋川に来ています。


“ 芦屋ぷりん とあっせ ”。以前にBradipo cafe でご紹介させて頂いた、山手サンモールを西に通り抜けた場所にお店があります。


まずは、シュタ~ン♪と1クリックミ☆

☆ むささび食堂 ☆

人気ブログランキング


☆ むささび食堂 ☆



グリーンの植栽が心地よい、町家風の外観。
クリアなガラス窓越しに、プリンを作る工房が見えます。


☆ むささび食堂 ☆




お店はイートイン・スペースがないため、4種類のプリンを購入し、自宅で食べることにしました。

こちらのプリンの特徴は、添加物、香料やお酒を一切加えずに、原材料まで遡って無添加やオーガニック素材を使用していること。

シンプルですけど、素材そのものの味わいを楽しめます。


頂いたパンフレットに記載されていた内容の抜粋ですが、使用している原材料の牛乳、卵、生クリーム、砂糖の4つの素材について、安心な厳選された素材を使用しているそうです。


まず、牛乳については、兵庫丹波地方で育てられた牛の乳を使用しており、風味や栄養価を損なわないよう、乳脂肪の均質化していないノンホモの、低温殺菌した牛乳を使用しているそうです。


卵については、広大な放牧地に自由に放し飼いされた有精卵を使用しているそうです。ストレスなく走り回った鶏の産み落とした卵は豊かなコクと甘みが強いそうです。


そして生クリームは、ストレスを与えないように工夫された環境で飼育された牛の生乳のみを原料としていて、大量生産を行わずに時間と手間をかけて作り上げた無添加の生クリームのみを使用しています。

最後に砂糖は、有機栽培されたサトウキビから添加物を一切加えずに精製、結晶化しているオーガニックシュガー。


これらの説明を聞いているだけでも、体に優しくて美味しそうです音譜

☆ むささび食堂 ☆



定番の芦屋プリンです。

先程、紹介した厳選された4種類の原材料で丁寧に作られた原点のプリン。

☆ むささび食堂 ☆



別添えされている、ほろ苦いキャラメルソースをかけて頂きます。


☆ むささび食堂 ☆


表面はふわふわの柔らかな生クリームでコテーティングした2層のプリンです。


バニラビーンズも一切使わない滑らかな食感のプリン。

シンプルな作りだからこそ、個々の素材のコクや優しい甘みなどがしみじみ感じられます。



☆ むささび食堂 ☆



☆ むささび食堂 ☆

  繰り返しですが、生地がふわりと柔らかくて滑らか。

  色の濃い卵の黄身から抽出された自然な黄色。


  スプーンで掬いあげただけで悩ましいです(^∇^)













2つ目のプリンは、はちみつプリン。


☆ むささび食堂 ☆   美味しい蜂蜜を追い求め採蜜する、養蜂家を限定し、
  月替わりで季節に合った蜂蜜を使用しているそうです。


  今月は、岐阜県の山中で採れた百花蜜。

  百花蜜とは、数種類の花の蜜から作られた蜂蜜だそうです。
  これに対し、単一種類の花から採蜜された蜂蜜を、単蜂蜜

  と呼ぶそうですが、こちらよりも百花蜜は数種類の花の蜜が

  合わさるだけに、より複雑な薫りと風味に仕上がるそうです。


  今年は酷暑の影響で、花の蜜が少なかった分、里山の

  雑木林などからも多岐にわたって集めたため、より自然で

  深い味わいに仕上がっているそうです。  

  

実際に味わった感想は、甘さがくど過ぎず上品な感じ。プリンの風味を殺さず、甘さが控えめなプリンの甘みを補い、引き立てます。

はちみつ香りも爽やかですがすがしいです音譜

どちらかといえば、レンゲ草の蜂蜜に近い感じです。


あと、先程の芦屋ぷりんを頂いた後に、続けて食べたので気付いたのですが、ぷりんの種類が変わると微妙に硬さも変えているようです。

おそらく、使用するソース等によって変えているのだと思いますが、はちみつぷりんの方がより一層柔らかく仕上げています。



3つ目は、らんのぷりん。


☆ むささび食堂 ☆

 龍舌蘭(リュウゼツラン)のエキスだけで甘みを付けた

   シロップです。砂糖は一切使用してないそうです。

   龍舌蘭とは、メキシコ産の多年生多肉植物で、テキーラの

   原料や、天然の甘味料として使用されているそうです。

   砂糖を水で煮詰めたようなあっさりとした甘さ。

   昔、近所に咲いているつつじの花を根元から抜き取って

   蜜を吸った事はありませんか?

   あの感じのほんのりした甘さです。


   



プリンの食感は、硬さがしっかりめで、とろとろ。

ミルクの風味が濃厚でした。




最後は、幻のプリン。1個が1,155円もする、プレミア価格のプリンです。


☆ むささび食堂 ☆














この幻のプリンだけ、下の写真のような白い陶器の壺に入っています。


☆ むささび食堂 ☆



添えられているソースは、長野県の標高1,000mの山中において、1年に1度だけ採蜜される貴重な日本みつばちの蜂蜜です。

その蜂蜜の味わいですが、人の手が加わることなく日本みつばちによって自然に作られたものとは信じられないくらいに華やかな薫り。

まるでバラの薫りの香水を食べているような錯覚に捉われます(^∇^)


プリンは固まっていなくてトロトロ。濃厚なソースを掬って食べているような感じです。

プリンの中にも同様の蜂蜜が加えられているようで、華やかな蜜の薫りがします。


今まで体験したことのない、濃厚で深い味わいのプリンでした。



【 芦屋プリン とあっせ 】


住所 : 兵庫県芦屋市西山町 7-4 地図  


電話 : 0797-22-1816


ホームページ : http://www.ashiya-purin.com


営業時間 : 平日  9:00~19:00

        

定休日 : 月、火曜日


芦屋プリン 399円、(大) 504円。蜂蜜プリン 451円、(大) 556円。

らんのプリン 451円、(大) 556円。

幻のプリン 1,155円。


無添加で厳選された素材でシンプルに作られた、優しい風味のプリン。


幻のプリンは、プリンとしてはあり得ない価格ですが、食べてみると納得のできる風味だと思います。


来年には、兵庫丹波の古民家を改築した姉妹店が開店する予定もあるそう。

そちらの方にも是非、訪れてみたいです。





学生時代を過ごした、山手サンモール界隈。

とあっせさんを始め、良いお店がどんどんできて嬉しいです

むささび太郎にクリック(*^▽^*)σ

にほんブログ村                   ブロぐるめ!


☆ むささび食堂 ☆        ☆ むささび食堂 ☆


★本日も見に来てくれてありがとう!コメントをいただけると励みになります!!★


スポンサーサイト
2010.11.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://musasabitaro.blog.fc2.com/tb.php/90-02528b9d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。